FC2ブログ

思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから10年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。 メルマガも丸創刊10年目!

意外な形で明暗が分かれてしまった【重賞回顧】



京都11R第53回シンザン記念
◎5 アントリューズ

 
中山10R「ジュニアカップ」
〇10 ヴァッシュモン


2頭は共に福岡県北九州市出身の新興オーナーである山口功一郎氏の持ち馬。
昨年のセレクトセール2018でもベルベットローズの2017(父ロードカナロア)を5200万円、[
ベルベットローブの2017(父オルフェーヴル)を3200万円で落札と、
ここ数年で特に社台グループとの関係性を深めている
(2017年のセレクトセールでも2頭を計6200万円で落札)感もある同氏への使い分けが如実

ジュニアカップのヴァッシュモン。道中は常に馬群の外を通らされ、
4コーナーも大外に進路を取る大味な競馬ながら、鞍上の田辺騎手がインコース
各馬の手応えを横目で確認するほどに手応えは十分。殆ど危なげなく押し切ってしまった
レース内容は、着差以上の強さを感じさせてくれた。

山口氏自身としては初めて海外のセールで落札した1頭というだけではなく、
その価格も自身の所有馬の中では最高額というヴァッシュモンの勝利だが、
残念ながらその口取り写真に収まることは叶わなかった。
その理由は、山口氏自身、中山競馬場ではなく京都競馬場に来場していたから。

ジュニアカップのヴァッシュモンとは比較にならないほどの期待を抱き、
ゲートインの瞬間を迎えたであろうシンザン記念だが、
その思いは直線の2度3度という致命的な不利によって無残にも崩れ去ったという同レース。

◎5 アントリューズ[父ロードカナロア]
▲2 ヴァルディゼール[父ロードカナロア]
〇6 ドナウデルタ[父ロードカナロア]

ロードカナロア産駒の3頭が上位に評価された同レース。
 アーモンドアイをはじめ2012年にはジェンティルドンナも過去の優勝馬に名を
連ねるというシンザン記念。3歳最初の重賞競走という位置づけからも、
そこで残されるメッセージの強さは同時期に行われる他の3歳重賞と比較しても
決して小さなものではないというレースにあって、
ロードカナロア産駒1500万円という種牡馬価値を明確に示すという明確な目的のもとで
実施されたことは現場の諸氏が下した最終結論からも明らかであったという同レース。

その観点に立てば、▲ヴァルディゼールの勝利によって一応の目的は果たされたかのように映る
同レースだが、理想的ではないというのがノーザン側の見解だとR氏。

 同じノーザンファーム生産馬のミッキーブリランテに進路を狭められ、
同じくノーザンファーム生産馬のパッシングスルーが壁となり、
直線は2度3度とブレーキを掛ける場面が見られたアントリューズのレース内容に関しては、
 レースの中の事象とはいえ最悪の形。オーナー山口氏にも申し訳が立たない
とバツが悪い表情で振り返っていた関係者。

鞍上の合図に瞬時に反応できるタイプではなくても、トップスピードの速力は
世代屈指とノーザンファーム関係者からも高く評価されていた同馬だが、
結果としては2速から3速に上がった瞬間にまた2速に戻り、
そこからさらにギアを上げた瞬間に再び2速に戻りという中で、
ほぼ、その速力を発揮できぬままにレースを終えてしまったという印象が強い。
 
直線で大外に持ち出すとか。もっと雑な競馬をしてくれればよかったのに
とはレース終了後に漏らしていた鞍上の川田騎手に対する苦言だが、
終わったあとでは結果論でありレースを託した以上は一蓮托生。
少なくとも私共には川田騎手を責めることはできない。

勝ちを焦り早く動いた分ミッキーブリランテは内によれたのは
坂井騎手の騎手としてのミス 野田オーナーは屋根には苦言しないことが
ノーザンファームが優勝させたい馬を妨害したとなると乗り替りが妥当


さらにラフィアンの馬に負けるとなれば オーナー山口氏の手前 
坂井騎手は矢作師も流石にキルしかない状況 

同じようにドナウデルタも直線手前で壁になり進路がなく 下がり
福永は反省の弁
このことが12Rでの◎で逃げた2頭をかわせない失態をやらかす

3歳のこの時期 ラフィアンが重賞で活躍は久しぶりであり
ミッキーブリランテのバテ アントリューズの不利があればこその2着

外国人2人がいないとミスで荒れるケースが多いのは社台Gとすれば
益々ベテラン騎手への不信が募るだけ


〇京都金杯

昨年末から予告の大やり馬と穴の使者と予告した京都金杯


オオヤリ馬◎パクスアメリカーナ
印すっこ抜けの高配当の使者△ミエノサクシードが三着
◎☆△34980円的中 2060円的中おめでとうございました。 
◎が必要以上に売れた事で30分前には
500倍あったオッズでしたが、新年早々一撃万馬券的中ドカンおめでとうございました。

敢えて距離短縮してきたマイスタイルは番手で流れに乗り 味のある抜け出しで
2着 11人気ながら△ミエノサクシードについては
週初から近走馬券圏外で『人気薄濃厚のアノ関西馬』陣営から大ヤリ宣言が飛び出している!

とお伝えしており 当初の予定以上に人気が◎に集中したことで
400倍をキル配当でしたが
新年1発目とすれば幸先のいいスタートを切れたと言えるでしょう

番手で上位の入線は☆マイスタイルだけで 上位の相手に好勝負していたことが活きた
印象。オーナーは京都の寺田氏であれば期待は大きい訳で

△ミエノサクシードとて混合OPでソコソコ 54キロなら抑えは必要

ご参加の方々おめでとう御座いました。


〇中山金杯

エージェント変更し 贔屓のオーナー青芝商事の馬で且つ池江厩舎2頭出し
壁役で牽制するストロングTが◎マウントGの後手で大野騎手からすればえ?いないじゃんという
心境でタニノを突くことが出来なく 本来Cフォースの位置に武豊はいないとアカンわけで
スローを嫌い 大外の藤岡が動くことで〇ランガディアは進路が狭くなる事象が生じ

あろうことか切れないマウントGで4コーナー後方 直線大外では伸びるわけない
ラフィアンが動くことしないでいながら爆ウインの勝利は藤岡騎手のお陰であろう

逃げた△タニノは単騎で行けるとしぶとく 藤岡騎手が先行位の馬を掃除したことで
脚が残れた印象 番手で競馬して58キロに捻じ伏せられたのなら仕方がないが
後手を踏んで1コーナーで後方寄りでは、情けないレジェンド

反省の言葉をいわないし 馬のせいにする豊 ルメなら上位にこれていたレベル

誰でも勝てるモズすーぱーフレアで勝つより ◎マウントGのようなオーナー贔屓の馬で
勝つことが大事なんだけど 50になるのに天狗のまんまなんだよな



さて次週3日重賞デーは3連勝をご期待下さい。


お年玉馬券は
オトナのお年玉
中山10◎モズスーパーフレア1着
◎☆△的中 3870円 1050円

京都10◎スズカコーズライン 2着
◎◯☆的中 400円460円 

中山9◎ディキディキ2着
1着抜け不的中

京都馬主席スクープ
京都12◎エンゲルヘン1着
◎△的中3190円

お年玉馬券
京都7◎メールドグラス1着 ◎〇☆210円 240円的中

京都9◎マイハートビート2着 ◎▲△300円 2450円的中

京都12◎ヌーディーカラー3着 ◎▲△1480円的中

中山11◎テーオーエナジー1着 ◎△600円的中

参加特典 

京都10◎ユーキャンスマイル2着 ◎〇△1480円 1820円的中


なんと9戦8勝!!

お年賀京都引退祝儀馬券にご期待下さい。



IMG_6678