思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから9年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。                           メルマガも丸創刊8年目!

重賞回顧 ◎天皇賞秋 万馬券一撃的中!!

天皇賞秋
◎サトノクラウン

★キタサンブラック

爆レインボーライン13人気

一撃的中万馬券 15290円 900円的中


予告の一撃をしておりました天皇賞秋
台風の影響で大量の雨が降る中での天皇賞秋
【天皇賞・秋】152倍ズバリ的中
見事◎サトノクラウン

見解で述べたように秋の初頭でサトノクラウンの屋根が確保できていた時点で
堀厩舎とノーザン外厩は準備を進めて来て 香港G1登録にサトノクラウンの名前がなく
そのタイミングでオーナー里見氏の法人設立での馬主名義変更

サトノダイヤモンドで夢潰えたオーナーと生産サイドが 世界G1 ジャパンCであり
天皇賞春の激走から喉に◎◎が要因があり負けるべくして負けた宝塚記念の
キタサンB 今回生産サイドが繁殖を受け入れたのは◎◎という理由
父はディープ兄であり母系は社台系の根幹ノーザンテーストである

それゆえキタサンBとすれば己との戦いでレースでは突進したスタートで出負け
これにより道中位置取りが想定外の位 これによりほくそ笑んだのですが
然し名手の腹を括る競馬でパワー勝負になりヘビーなインをツイて
パワーで追いすがる◎サトノクラウンをねじ伏せた勝利は
重戦車の印象

直線 出し抜いたグレーターロンドンに斜行したのですが裁決にならずで
タブー視されていたオペラオー ロブロイに続き春秋連覇をなし得た

クラウンは欧州血統でありタフな馬場で◎に先週の時点でほぼ当確していて
良馬場に仮になれば二本の矢のアラジン用意されており
クラウン◎それを確実に手繰り寄せる
ことが大きい点が今週の土日も相当な雨量ということ

それを凌駕するキタサンのパワーには脱帽でしょう
あの遅れの時点で多くの方がどうなの?と考えたことでしょうし

直線で叩き合いの後方から抜け出してきた三田オーナーの勝負服を確認できた
ことで万馬券が実感し 

◎★900円
◎★爆一撃 15290円万馬券的中の喜びに溢れた参加者様と私 そして馬主席

まあ一搬競馬ファンはサトノクラウン キタサンは買えるけど
13人気のレインボーラインは買えないところでしょう


こんなオフレコで雨天でトーンが上がりの陣営としてレインボーラインとヤマカツを見解で
紹介。

爆弾馬としてレインボーライン指定
昨秋から長距離寄りの路線にシフトしていたが、最初はマイル戦で走っていたような馬で、
2000mはベストの距離じゃないかと語るR氏
そして、雨による馬場悪化を望む声が一番大きいのもレインボーライン陣営とその関係者。
道悪は絶対にイイ。上がりが掛かる展開で上手く立ち回れば圏内もあると雨予報が確実になって
いく毎に好走を望むトーンは上がっていたという。


オールドファンは覚えているでしょうか 元調教氏師の増沢師の晩年
レインボーアンバーという馬がいて泥んこの弥生賞で差して勝利したのです。
このレインボーアンバーが母系にいるのがこのレインボーライン

やはりこの点は血でしょうかね

まあ二本の矢の良馬場要因 サトノアラジンは殿負け
京王杯でタコ負けしているので陣営が公言して重馬場でアカンと
ラキシスの下ですが姉と異なり 切れ味のタイプで
押さえの評価でいいだろうと諸氏 欧米のような取り消しできるシステムなら
サトノアラジンは取り消しでしたね

二週に渡り台風の影響を受けたG1
正直異常気象ですし 馬のケアが大変ですよね
あの状況で重の巧拙以上に騎手の判断1つが大きく影響するので
オフレコがありきでも臨機応変に対応できるかは騎手に委ねるしかなく
乗れていない黛が勝利するのもソコ

ただしJCを予定している海外の馬に取れば二週に渡り開催で雨天で使われた芝
例年のJCでの早い高速時計にならないであろうしチャンスありきと考える陣営もあるでしょう
ね。

べた爪で滑るから重馬場ではどうかと言われていた社台RHソウルスターリング
△に割引もパワー勝負で完敗とは言え牝馬で6着ですから良馬場ならね
好勝負出来た仕上げでしょう

まあ特に13着以降の馬のケアが大変でネオから7馬身はなされて殆ど歩いているように
消耗したことからアラジンやシャケトラは疲労困憊だろうから次回厳しいか

先週の菊のリベンジの天皇賞秋でありましたが万馬券的中で挽回できました。

ご参加頂きました皆様おめでとうございました。




■スワンS

降雨により重馬場でインがボロボロの京都
枠順で一枠でどう捌くかが鍵でした◎Lドンキでしたが直線外に切り替えたロスが
響いて出し抜きのヒルデイバローを捉え切れなく3着
▲サングレーザーは1400ベストで渋る馬場で乗り方が難しい中でクリスが
好騎乗で差切きりの勝利
4連勝でG2制覇 マイルcs優先権獲得も1600での競馬がどうでるかですが
終いは馬場問わない伸びなので期待出来ると考えますね

後方からになりそうなヒルノデイバローはスタートから好位で珍しく四位がやる気で
2着 本当淡白だよな期待されていないと前受けするし。。。。。

僅差の4着が爆弾馬Vライブラリー
重馬場もこなせるので期待したが内をついたことでやや進路が明暗を分けた印象
上がりはサングにつぐ二位ですから 今後重賞で目処がついた走り 阪神Cでも
注目ですね

それなりに期待した☆カラクレナイは馬場が堪えたのか大敗
〇セイウンコウセイは重馬場でなら58でもソコソコやれると踏んだが
正直番手に付けれなく揉まれて見せ場なし 58キロだけが敗因じゃない様子
ペース自体34.9で逃げた馬が6着ですから正直負けすぎ
まあ本来西山牧場の馬は人気だとあかんから これが本来のクオリティでしょうか

ダノンメジャーは出していくことで自分のペースで1400で手応えのある5着
渋る馬場は得意でこのくらいの距離の方がいいかも まあ豊がやる気で出したことが大きいけどね


馬券的には2着抜けで不的中 デイバローは賞金加算でマイルcs出れそうだが
後方でチーンになりそうで過信は禁物です。

■アルテミスS

社台RHが3頭出しで〇ロードカナロア産のトロワゼトワルは中盤から
ジリジリ伸びたがスローの上がりの競馬で切れ損ねた印象
ペースが流れていればという感じ

◎ラッキーライラックは石橋騎手の好判断で好位付け
シンデレラメイクが番手で控えたことで無印サヤカチャンに逃げ粘りを演出
良馬場ながらそれなりに上がりがかかることで上位3頭は全て前の位置の馬

ラッキーライラックとすれば全てがうまく出来た印象
人気の▲トーセンブレスは新馬のような早い上がりの馬場ではなく
さらに出遅れてしまい追い上げたもの切れなく ルメールに手があいそうな馬ではないよね
器用じゃいのでもたれて外に行きたがる習性があり今後の課題でしょう

社台RHの3頭で大敗が田村厩舎Gピルエット 新馬の内容から先好位え運べるタイプが
消極的に折り合いに専念といういい訳が聞こえて来る競馬ではスローであの位置で
は、お手上げ。

例年に比べて大物感がないが オルフェーブル産でサンデーRで
距離が伸びて真価が発揮しそうなラッキーライラック
阪神JFに次回はなりそうだけどサンデーRとすればオルフェの仔で重賞勝利は
大きいよね コンスタントに活躍できそうな器用な部分がありそれなりの期待はしていいのでは


サヤカチャンはこのオーナー早熟系が多いんだよね
さすがに社台系が多く出ていただけにノーマーク
リーチザクラウンは2歳戦は走るけど成長力が乏しいんだよね

馬券的には2着抜け ( -д-)ノ


社台RHとすれば多頭数の今週で大きな成果が出なく危機でしょ
愛馬2歳のロードカナロアの牡 デビューまだなんで当分シトロプシスに期待というところです。

(*^・ェ・)ノ

さて今週末は3日間開催 さらに3日は大井でJBC

https://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=3260 
JBC大井競馬は3日ここで公開です。


image