思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから9年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。                           メルマガも丸創刊8年目!

オールカマーの鍵


さてゴールドアクターが回避したことで
押しだされるのが大阪杯2着のステファノス

ただし叩き良化のタイプで休養明けの金鯱賞では凡走しており
フジワラ厩舎からすれば札幌記念を使う予定でいたことから誤算でもあり
且つ中山コースは中山記念3着 皐月賞5着で相性がいいとは言えない
それゆえ天皇賞秋への叩き台に映るのだが

5歳牝馬でクラブ馬のルージュバックであるが
G1タイトルが繁殖前に欲しいところでエリザベスが最大目標
敢えて府中牝馬のほうが得意のコースであり限定戦なのに敢えてここから始動というのが
気になるところ。

同じローテでマリアライトがエリザベス制覇しており輸送を考慮して間隔を明ける
ことを念頭に置いた陣営の判断ではないか

新馬以外は全て関東圏での勝利 関西遠征は馬券圏内に入れていない
それ故トーンは高いであろうが、戸崎騎手がステファノスに乗ることから
屋根がテン乗りであることは微妙ではないか。。。。


AJCC勝利のタンタアレグリアであるがそれ以来の競馬で
脚の不安がある馬。その前も7ヶ月ぶりであり1戦ごとが勝負の馬であり
それなりの評価は必要であろう

アルバートは天皇賞春以来の競馬 例年JC前に復帰するのが定番だが
G1では足りないのが陣営は理解しており機動力勝負になりやすい中山2200
最近影が薄いオーナーサイドであり賞金確保にシフトチェンジの前倒しの参戦であれば
やはり侮れない

モンドインテロは札幌で快勝での参戦であるがメンバー的にかなり
恵まれた相手であり今回G2でこの相手相手に展開が生じないと力不足は否めない


逆に個人的には注目したいのがデニムアンドルビー
ここ最近2015年の宝塚以降は、3着すらないが中山牝馬では
内回りの1800で55.5の斤量で0.2差の5着
阪神牝馬は距離に疑問があり 2000の鳴尾記念では6着とは言え
逃げた馬が勝利する先行有利の展開で3着馬とは0.1
外コースの2200なら期待出来るレベルで54キロなら圏内もありえるところ

中山コース得意のツクバアズマオーであるが夏の函館札幌でらしくない競馬で
凡走。昨年同様の北海道からの転戦での参戦であるが状態面にやや翳りがあるのは確かであろう
中盤からの機動力がやや欠いており どこまで立て直してこれるかが鍵のように考える


カフジプリンスは展開に恵まれた新潟記念3着 しぶとい競馬が出来るのは
確かであり後方からだとジリジリなので切れないことから先行策の方が
いいと判断しての騎手の騎乗が嵌るものであり 再度同じように先行策が出来るかが
課題。というのもラフィアンが3頭出し
逃げミラノ 壁役がサージュ ディーン Mディーンは1600万ながら2200のこのコースで
勝利があり スローの展開であれば Mミラノにとれば有利に動きそうだ

シルク二頭出しのブラックバゴは昇級となるが京成杯で僅差の2着
コース相性は良く 2歳ホープフルSではタンタアレグリアに先着しており
相手なりに走れるタイプであり注意は必要だ



最終決断はここで
http://omowaku-keiba.jp/blog-entry-3849.html


■オールカマー
昨年の覇者ゴールドアクターが回避したことで主役不在といえる状況
押しだされるのがステファノスであるが 当初の予定が札幌記念であり
体調が良くなくスライドでの参戦 コース的にもベストとは言えない上
叩いて良くなるタイプであり信頼感は薄いのが現場の本音

タンタアレグリアはAJCCを優勝後 脚の不安が出て春シーズンを棒に振る
ことでそれ以来の競馬

エリザベスが目標のルージュBであるが敢えてベストである府中牝馬ではないのか?
それゆえ波乱要素が十分であり

 その中にこのレースが秋の最大の目標としている陣営が存在
昨年同様それ以上の高配当になりそうだと諸氏

2013年から3年連続的中のオールカマーも一撃宣言レース

 インサイダー目白押しの秋競馬開幕もうこれ以上は、お乗り遅れなく!!
高配当的中も継続中 秋競馬もお任せ下さい。

翌週のスプリンターズSでも遥かに上回るほどの一撃衝撃情報となります

今年のスプリンターズSを考える上で避けては通れないのが、 直行組の仕上がり  

安田記念からの直行となる昨年の覇者レッドファルクス

Vマイルからの直行となる高松宮記念2着のレッツゴードンキ

CBC賞からの直行となる夏の上がり馬シャイニングレイ

昨年末の香港以来の実戦となるビッグアーサー

などなど。 頓挫続きのビッグアーサー以外は、
公には予定通りの直行に見えますが実際のところは異なるのが本音

様々な関係者の思惑が交錯するスプリンターズS。

全ての関係者のホンネを精査すれば、見えてくる結論はたったのひとつ!

そして導き出される高配当の使者になりうる人気薄関西馬とは…!? 

一昨年のオールカマー
〇ヌーヴォレコルト
▲ミトラ
☆ショウナンパンドラ
◯▲☆5030円一撃的中

2014年オールカマー◎ラキシス△Mラクリマ6250円的中

 2013年はオールカマーでも爆弾馬ヴェルデグリーンが激走9人気ながら、
オフレコからかなりの訳ありで新聞には載らないネタでの爆弾指名
買い目抑え示唆ワイド爆○ 爆▲個人的にも的中に至りました。
1330円 1830円

G1レースが目前となる今週末はマスコミがG1出走予定馬にかぶりつき
それ以外のレースでは取材も手薄になりがち。 故にノーマーク状態で仕込みの陣営が
悠々と勝負の仕上げに精を出せるのがこの時期のトレセンでもあるものです。

高配当、好配当的中の立役者を現場の本音の精査で炙り出せるが
本質そのものでしょう
見逃す理由はありません。
考える必要も迷う必要もないでしょう。

●●万円の使い道を想像しながら、勝負するのみです

インサイダー目白押しの秋競馬開幕もうこれ以上は、お乗り遅れなく!!
 G1秋競馬もお任せ下さい。


■オータムスプリンターズS+オールカマー

オータムゴールドプレミア
重賞プラン 追加募集

提供期間24日、10月1日

7800円    追加枠2

★オールカマー

★スプリンターズステークス

締め切り  9月23日 15時

ハンド●ネーム 振●み名  参加コース明記の上
送信をお願いし申し上げます。


思惑競馬 omowaku.keiba@gmail.com


オムモ太郎

神戸6



無題