思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから9年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。                           メルマガも丸創刊8年目!

神戸新聞杯の鍵

ダービー馬レイデオロ登場 

キングカメハメハの馬産地での事情からレイデオロとすればJCでの勝利が最大目標
それ故ここで勝利してもいいことはない
キンカメ後継のルーラSの産駒キセキ ダンビュライト ホウオウドリームには
生産サイドは大きな期待を寄せているのが如実

ここを勝利してJCも勝てればいうことはないですが
ソウルスターリングが桜花賞で直前輸送で敗れたように
レイデオロとすれば関西遠征は初となる次第で天皇賞からJC路線より消耗が少ない
ことからのこのローテであると言える

クラブサイドはここを勝利してのJC参戦であろうがなにより大本営生産サイド
とすればレイデオロ以上に菊へ参戦させたいのがキンカメ後継のルーラSの産駒である
ルーラSの仔が好走することでキングカメハメハに期待する海外馬主 国内生産牧場とすれば
制限がない中で種付けを購入できる ノーザンサイドも価格高騰を呼べると両得である。


中で1000万勝利のキセキ 1勝馬であるダンビュライトはここが勝負と言える状況で
ある 
スローの上がり勝負に長けているのがキセキ
前回の時計も1.56.9で上がり32.9 3着が先週のセントライトで6着であり
現状セントライト記念3着レベルは十分という評価が出来る

逆に機動力勝負の持久力が活きる展開ならダンビュライトのばてない競馬は評価
皐月賞のように早い流れで我慢出来るタイプであり マイスタイルが逃げる展開であれば
前受けしてインで我慢させる競馬から権利を狙える

マイスタイルは昆師=横山騎手の黄金コンビ
ダービー4着は藤岡騎手のヘグリに助けられてマイペースで逃げたことが大きいが
寺田オーナーも今年はセールで大きな買い物を控えたことで例年購入してきた高額馬
の回収が出来ていないことから賞金は、欲しいところ
本番菊には参戦可能な賞金であるが横山騎手とすればMスワローで行くであろうから
ここは恩のある昆師に上位の入線で期待に応えることは期待していいだろう

ダービー5着以内は過去10年全て連対しているので要警戒である


実力的に青葉賞3着のアドマイヤウィナーも侮れない
ミヤビの故障で電撃引退となり稼げる3歳馬が手放すことになり先週
近藤オーナー馬が好走が2頭 それゆえ3歳であるこの馬とすれば
G1参戦が急務であり賞金的には権利が必須条件

ある意味失敗の種牡馬ワークフォースだけにノーザンサイドも正念場であろう
前回の3着は小回りの適性が出たことと、休養明けであれば悲観はない3着であり
須貝師として最近やれていないだけに本気だろう


人気になりそうなサトノアーサーであるがアルアイン サトノクロニクルが
権利獲得したことで微妙な立場 ことワンターンの大外競馬が定番のこの馬
ある程度流れるだろうがレイデオロの様に器用さがなく 機動力勝負になると
分が悪く コーナー4つのスロー勝負でどこまで爆発力を出せるかが鍵
現状2400万の賞金があり勝ち負けまではどうであろうか


アダムバローズは関東圏では凡走 輸送などがよくない様子で
皐月賞は競走中に故障していた様子であり関西圏では京都2歳S以外崩れていないが
今回単騎で行けるかは横山騎手次第であり骨折明けで賞金も足りており無理に競ることは
ないだろうから様子見が妥当か

メイショウテンシャとすればメイショウベルーガの仔でありオーナー期待の1頭
上がり勝負の切れでは力不足であるが持久力勝負になれば
ばてない強みがいかされる様なら期待は多少考えられるが。。。




最終決断はここから参加
http://omowaku-keiba.jp/blog-entry-3849.html

神戸6


無題