FC2ブログ

思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから9年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。                           メルマガも丸創刊8年目!

お手上げの天皇賞秋 回顧

結果から言えば、スタート後の一完歩目で終わってしまった
◎スワーヴリチャードの天皇賞秋

ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!
というのが本音 スタート直後、大きく左によれた隣枠のマカヒキに馬体をぶつけられ
おおよそ5馬身以上は出遅れた
というスワーヴリチャードが、殆どレースに参加することなく敗れ去ったという結末


レースの中で起こりうる様々な事象を偶然や不運で片付けるつもりはないが、
それでもこればかりは不運としか言いようがない

出走馬13頭中10頭を占める社台G馬の中で、レースの主導を握る
ペースメーカーとしての役割を担っていた二頭出しのサンデーRダンビュライトが、
馬場入り後の放馬によって競走除外。

そして名手武豊騎手でも制御が不可能だった〇マカヒキの斜行によって、
挽回不可能というレベルの出遅れを喫した本命馬のスワーヴリチャード。

不的中に対する言い逃れという意図ではないことは付け加えさせていただきたい。
ダンビュライトがいなくなり キセキが逃げたことでアルアインは番手
ここで競ることはしてこないだろうと踏んだ川田騎手 ペースを落とすことなく
59.4で逃げて先行位の有利な競馬を作る

これでは〇マカヒキも末脚勝負に徹したとしても33秒6では届くわけがなくだ

スタートでぶつかりました。直線も1頭で全然伸びませんでしたとデムーロ騎手
出遅れて挟まれて気持ちも切れてしまったと庄野師

関係者のコメントは、それが全てと言わんばかりに極めて短く淡々としたもの。

一方、マカヒキ騎乗の武豊騎手に関しては、
 残念です。状態が良いと感じていました。ペースが緩む所がなかった。
脚をためられませんでした。ギアが入らないままだったで。流れ込んだだけです
という当たり障りのない敗者の弁を残しているが、
もちろんこれは公正競馬を運営する一員としての仕事を全うしたもの。


制御が可能かどうかは別の問題として、直接的な加害者は誰の目にも明らかに
マカヒキと武豊騎手。加えて馬主 金子真人HD ノーザンファームという
日本ダービー馬の手綱を初めて託されたという今回の騎乗における失態
(不可抗力云々の問題ではなく、やってしまったという事実と御大H氏がこぼしており)。
その責任と代償の重さは誰よりも知る立場で有ることは言うまでもない。

不可解な状況を感づいている方は多いかもしれないが、ほぼ全ての馬券購入者が
目撃したあのスタート直後の斜行に対し、現時点で一切の制裁はない。
天皇賞という大舞台で被害馬が1番人気に推されていたスワーヴリチャードで
あったにもかかわらずである。

 生産主催者目線の意向も台無しにされたというその代償の重さは、
1,2週間程度の騎乗停止で済まされるものではないよとは
レース後に寄せられた生産関係者からの話。

〇マカヒキ ◎スワーヴリチャードが加害馬と被害馬というやりきれない天皇賞秋


▲レイデオロとすれば ある程度引張る馬が出てくれたことで流れがオールカマー
のような競馬となり 非常に楽な形で抜け出せた
傍系クラブの馬であり ノーザンサイド勝巳さんとすれば本音は勝たれたよという心情

ともすればスワーヴリチャードが弱いとか言われそうだが
庄野師は次に繋がる競馬を、などとは思っていません。全部勝つつもりで行きますと
イキナリから勝負態勢であることを強調していた

それゆえ普通にスタートを切れてさえいれば恐らく金鯱賞のようなスローからの
出し抜けを想定されていたことから残念でならない


その社台Gの一番手騎手 ルメール 社台RHの高馬で最終レースも
◎スウィングビートで勝利 社台Gのパーティに参加する上できちんと照哉さんの
ご機嫌を取る大きな勝利
ゴール前で3着に浮上し3連複9690円という高配当をもたらしてくれた
フォーカードを所有するKTレーシングが8人気で社台Gワンツスリーは何よりでした

タコ負けを極力なくす 精神の強さ フォアザオーナーという騎乗のルメール
ある意味流石である

爆キセキについては角居厩舎から中竹師預託となり怪我の功名でトレーナーが
馬に乗らなく担当に任せて調整で立てなおされたことが大きく
単騎である程度ペースをつくり競馬をした騎手の判断も英国遠征でつかんだものであろう


△サングレーザーはルメールを見る位置でマークしての競馬
あの位置ではないと届かないので、モレイラの判断は10Rでの失敗を糧にしたことだろう


★ヴィプロスは国内最後の参戦の予定でいたのだがスローの上がり勝負にならなく
1.56.8という高速時計で前2頭について行けたが脚が溜まらなく
失速。同じインにいたステファノス同様に脚が上がり 非常にタフな競馬でした


不的中は不的中でしかないので JBC そしてAR共和国杯
土曜の2歳重賞で挽回を申しあげたい



★アルテミスS

藤澤厩舎の1番手グランアレグリアが混合重賞に参戦の経緯が
二番手ミリオンドリームズと 社台オーナーズのグレイシアへの配慮であり

そのミリオンドリームズが武豊で参戦の予定も週中に回避 
3番手シェーングランツの北村騎手を豊にスライドしての今回

グレイシアの勝負トーンと比べるとやや弱く グレイシアの気の悪さを出して
前ずぶの展開で後方にいた△シェーングランツ ☆ビーチサンバ △エールヴォアに
展開利が生じたレース

内でためすぎて押し込まれるような流れで坂上で反応なしのグレイシア
4角で先に仕掛けて外目に出せていれば競馬放棄しなかったかも

〇トスアップも好位で流れに乗るも前がつまり脚が使えなく5着
まあ松岡の斜行が影響した事象なんだろうけど


松岡は荒いよね ( -д-)ノ

△☆△入線で不的中

豊もここで勝利したから後ろでためて大丈夫だと考えたのではないだろうけど
( ̄∠  ̄ )ノ



★スワンS

矢作師とすれば休養明けは走らない傾向だが 、モズについては70の出来で
勝てると豪語 エンジンの掛かりが遅くもたついたところでマークしていた
▲ロードクエストに差し負け

2年以上ぶりに▲ロードクエストは勝てたのですけど
厩舎が先行させる競馬が板についていただけに 勝てたはいいが後方からの
競馬で勝利するという苦笑い競馬

おなじような競馬で本番は考えても騎乗変更だろうからどうなのか?

1.21.5という平凡な時計で前半34.7の時計でレーヌが自分で失速しての競馬
番手の2頭が3.4着だから 漁夫の利のミルコの勝利なんでしょうね

レーヌはこの相手でハナ取れて失速だから正直 立て直すの苦労しそうだ
〇に指定のベステンダンクは初の1400で番手で4着なら及第点
阪神Cなら相手次第でそれなりの競馬になりそうだ

△グァンチャーレはなんでか8人気 ロードが3着なら馬連ついたよな
◎▲△320円 1760円的中

オープン大将の割りには京都コース巧者で相手が弱く重賞で馬券になれたのは大きいね

v( ̄∇ ̄)v



番外

G大やり
東京8◎ブレスティキング1着 ◎〇▲430円 330円 1350円的中

東京10◎レッドオルガ1着 2着抜け不的中

京都9◎ドンアルゴス2着 ◎▲△2700円 9060円的中

京都11◎エアウインザー1着 ◎▲☆950円 910円的中

新潟12◎ピュアコンチェルト4着 不的中

東京12◎スウイングビート1着 ◎〇△740円 9690円的中


馬主限定特別接待レースと言われる G大ヤリ 失敗は寺島厩舎の吉田オーナーズ馬
と東京HR馬で勝てた東京1600専用機兄弟馬でしたが
内で抜け出せなく追い出しがミルコが遅れたことでダノン ウインを残す結末であり

ひとつ言えば先行するであろうバティスティーニが控えたことがダノンの逃げを単騎で
楽させたと言える

そのほかは的中
こと社台RHでの高馬スウイングビートは 加藤師にい来年以降の2歳預託を万全にさせるだけの
勝利。逆に中途半端な位置で渋る馬場でためる吉田隼人は寺島師に赤恥をかかす4着
来年以降の寺島厩舎 社台系預託されるか 疑問でしょ

京都9Rでも7人気と下落の▲スティルウォーターが1着 高配当の立役者

メイショウが動くの遅れたことで四位らしい直線どーんの競馬が久々に炸裂

京都9と東京12も馬券購入時は万馬券でしたからね 


(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!


さあ来週JBC AR共和国杯 福島スペシャル G当日の馬主祭典を
ドーンと期待してください。


IMG_6281