FC2ブログ

出走滑り込みオメガギネスが人気で

【フェブラリーS】
出走滑り込みオメガギネスは
そこまで信用に値するのか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

前走・東海Sでも1番人気に支持されるが2着敗退で権利取りに失敗。
賞金も大きく加算とはならず、レーティング上位にも入れず
実は先週段階では補欠の立場だったオメガギネスは
サンライズフォークが回避
したことで何とか出走に漕ぎつけられた。
今回は戸崎騎手⇒ルメール騎手への乗り替わり、
東京での実績なども相まって上位人気は濃厚と言えるが……

前走時も「そこまで強い馬じゃない」とこの馬に関しては
逆転可能と見ており、実際に
ウィリアムバローズをマークし乍ら
完敗と言える

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
戦ってきた相手関係の問題…低レベル?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここまでキャリア5戦で(3-2-0-0)。連対率100%と安定感が光る。
が、GI級のメンバーを相手にするのは今回が初となる。
3歳時にはレパードSで2着の実績があるが、
当時の組み合わせでその後、ダートでオープンまで駆け上がったのは
自身と勝ち馬(
ライオットガール)、そして元々オープン馬だった
4着馬(
エクロジャイト)のみ。

そのライオットガールは今月序盤の交流重賞で完敗。
昨秋JBCレディスCでは一線級に全く歯が立たず……。
レパードSのメンバーレベルには相当な疑問符が付くと言わざるを得ないとR氏

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
圧勝したグリーンチャンネルC当時と
今の東京ダートは正反対!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オメガギネスを支持する声で多いのが、
今回と同じ東京ダート1600mで行われた昨秋・グリーンチャンネルCの快勝劇について。
確かに、この時の時計は【1分34秒3】ときわめて優秀だが……
当時は雨の影響が色濃く残る不良馬場。要するに超高速ダートだった。
さらに負かしたベルダーイメルがその後3戦掲示板外
ペリエ―ルも武蔵野Sではタコ負け 

しかも、今開催の東京ダートは正反対の馬場傾向にあり、
ここまで3週間はとにかくタフな馬場状態。
フェブラリーS当日に雨でも降るようなら事情は変わるが、
現状は昨秋の快勝が直結しがたい状況だ。


先週の時点で2勝クラスでも1分36秒7 オープン1400mで1分24秒0と
昨年のレモンポップの時計が1分35秒7であり上がり自体も35秒8くらいが最速


-------------------------------------
今回はルメールへの乗り替わり、
そしてギリギリで滑り込めたという状況も手伝って、
この馬を後押しする報道はここからさらに増えるだろう。

ただ、馬券に関してはむしろオメガギネスのおかげで美味しくなる関西馬多し。

「関東馬が余計に人気を吸ってくれる」この状況 万馬券も濃厚です。



━━━━━━━━━━━━━━━

23年フェブラリーSも

正確にジャッジし情報通り的中!

━━━━━━━━━━━━━━━


≪有料厳選公開情報≫


1着レモンポップ

2着レッドルゼル

3着メイショウハリオ


馬 連970円的中

3連複2630円的中

━━━━━━━━━━━━━━━


現場の諸氏は、今年のフェブラリーSについても

早い段階から徹底取材を敢行!

今年も「的中への準備は万端」と言えるだけに情報を掴んでおり、
情報を入手された方にはフェブラリーSで「G1勝負に強い」を
結果で証明するつもりです。是非ご期待下さい。

★★★★★★★★★★★


2024年GⅠ開幕を彩る

プレミアムな勝負鞍が集結!

===========


GⅠ開幕プレミアム 

一撃G1デー


★★★★★★★★★★★

■■■■■■■■■■■


2024年

さらにパワーアップ!

大物関係者S氏が関東諸氏に正式加入! 


~~~~~~~~~~~

\\\\\\\\∨////////


さぁまだまだ獲るぞ!大きく獲るぞ!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


////////∧\\\\\\\\

先週は特別配信で9戦7勝の的中!!


東京8マルディランダ2着 ◎〇△1000円 930円的中
東京12◎ハードワイヤード1着 ◎〇✕320円 4130円的中 
京都9◎ココナッツブラウン1着 ◎〇★1160円 1900円的中

京都12◎ロードラディウス1着 ◎〇730円的中 
小倉10◎アルジーヌ1着 ◎▲△5510円 8640円的中
小倉12◎ヤマニンクイッカー3着 ◎〇△1370円的中



▼土曜日一番の万馬券

2月10日(土)京都12R
◎シャンバラ
〇シンヨモギネス

△エクセスリターン
穴トゥルブレンシア(10番人気)

[3連複] 22620円的中


▼クイーンC、京都記念も的中



★★★★★★★★★★★


フェブラリーSの重大告知


フェブラリーSのオフレコ情報を大放出!!

★★★★★★★★★★★



今年は、レモンポップ デルマソトガケ ウシュバテソーロ
クラウンプライド メイショウHが不在 
根岸Sのエンペラーワケア 東海Sウイリアムバローズも
出ないという異質 地方馬から3頭が参戦で芝からの転戦のシャンパンカラー、
ガイアフォース、カラテまで参戦する混沌のG1であり
もはやG2レベルと言える


 現場のR氏が入手したのは※※※と★★★が一番馬だと言う話。

 大将格が不在でチャンスが巡ってG1馬も手薄となれば、厩舎関係者も士気も高く

馬券は絶対に買うべき。


 大勝負出来る今年最初のG1

アーモンドアイのごたごたを事前に察知し、◎リスグラシューから

仕留めた20年の有馬記念の再現が、今年のフェブラリーSで十分あり得る、

ということだけまずはお伝えしておきます。
さらにオメガギネスには、戸崎からルメールに乗り替わり勝負トーン?
除外対象であるが。。。。

引退前のラストG1となる安田隆きゅう舎レッドルゼルは悲願のG1制覇?
サウジに行けずのウィルソンテソーロもオーナー主導で松山に乗り替わり

さらにムルザバエフ騎手が来日 騎乗するのはドゥラエレーデ

これらのオフレコが全て入電済み


内部関係者から「激走宣言」が飛び出している

大ヤリ関西馬はアノ馬!


関西馬の中から今回は、

「絶好の仕上げ!」

「今回を逃すと次はないと思っている」

と関係者がコッソリ語る◎大ヤリ関西馬の存在を入手済み。


━━━━━━━━━━━━━━━━


 17年も人気のテイエムジンソクは不安大と公言

◎ゴールドドリームからの一撃的中

 人気下落の6人気インカンテーションを▲抜擢の現場の諸氏

◎△1120円 ◎▲△6540円一撃的中となりました


■1人気が11連敗していたが21年と23年は勝利も

横綱大関が海外遠征で不在!!押し出される人気馬は



危険な上位人気馬に関する不安材料を公開!


今年、上位人気が予想される〇〇〇。

もちろん、今年大きな期待が寄せられるのは当然ですが、

現場では〇〇ほどのムードには無いという。

スポーツ紙や専門紙では掲載されないであろう、知られざる理由を

御参加者様のみに公開!


⇒実は、当初は

△△騎手もそのつもりで準備していたとT氏

あらゆる馬が渾身の仕上げを施してくる中で、

少なからず予定に狂いが生じたことは間違いなく、

これもまた、今回現場の諸氏が不安視している理由のひとつ。
敢えてあの馬を出さないために牧場サイドが妨害エントリーした経緯も。。。



栗東の大物H氏から入手している情報を踏まえれば

◎はあの大やり関西馬

今年のメンバーなら情報的にも好勝負以上と言えるレベルと諸氏が一致!!


大ヤリ関西馬については関係者から厳しい緘口令が出されているため、

具体的な関係者の声については、

ご参加の会員様にのみレース当日にお伝えする形となるが

情報をご覧になった際には、間違いなく

◎以外の馬券はないと思うことでしょう。

楽しみにしていてください!


さらに前走で掲示板外の関西馬が激熱のオフレコ

中間は、外厩で立て直し 東京1600は好条件今年のメンバーなら

なんとかなりそうだと陣営


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

[重要] [重要] [重要]


 見た方が優先です!


[重要] [重要] [重要]

〓〓〓〓〓▼〓〓〓〓〓

 \ \ \ / / /



★予告宣言でのボーナス★



正確な情報を入手していれば、

 自信を持って勝負して大金を獲得できる。


 上記はあくまでも公開できる範囲内の情報です。

 上記に名前がある馬にも、ない馬にも、公にならないオフレコ情報を独占入手しています。


今年のフェブラリーSを獲りたいとお考えの方は

現場の諸氏の最終決断を見てからでも遅くないです


★★★★★★★★★★★

年に数回『目一杯勝負できる』

それがフェブラリーS

 ★★★★★★★★★★★


一撃予告
昨年フェブラリーS

◎メイショウハリオ3着
〇ドライスタウト4着
▲ソリストサンダー8着
☆レッドルゼル2着
△レモンポップ1着
2630円的中




◎フェブラリーS 単体配信


 提供枠 3  19日午後 東京



 提供価格  6000円税込み 

小倉大賞典付き 7500円税込み



 締め切り


2月16日 15時


omowaku.keiba@gmail.com




2017フェブラリーS

◯ベストウォーリアを上位に評価

◎◯★で一撃的中

◎◯1470円的中◎◯★2140円的中


17年小倉大賞典では

◯マルターズアポジーから三連複◎☆△一撃万馬券的中(^。^)

なんと34780円的中


16年フェブラリーステークス

見事人気サイドで決まる中、三連に旨味を導きました。

 馬連 680円 3連複3820円 3連単 16010円的中



☆小倉大賞典激走 穴馬入電

23年◎△△3750円 23680円的中


このコースなら走るしハンデは軽量になりそうで

あのきゅう舎の関係者の引退オフレコでドーン

平坦1800で注目の関西馬とは?


さらに

■■■■■■■■■■■


 スペシャルイベント

 ≫≫【G1フェブラリー】≪≪

    ----------------------

 馬主席接〇馬券 極秘

----------------------


ご用意出来ました

 ドエライの入ってます!!


■■■■■■■■■■■


\\\\\∨/////


      出現=●●獲得

        が同然


フェブラリーS当日の


  超大物馬主一撃


 /////∧\\\\\


 『G1の裏は高配当、万馬券が獲り易い』


という事は良くご存知のとおり。


 昨秋のG1シーズンでも11週連続で的中を仕留めている事が

何よりの証明になっていますが、

その理由はマスコミがG1の取材に力を入れて、G1以外のレースに出走する

大ヤリ馬がノーマークになるから。


 本来であれば◎○といった重たい印が打たれそうな馬でも、

 G1シーズンは▲△程度の印しか打たれず、場合によっては無印である事も


当然の事ながら、ビッグレースになればなるほどその傾向は強くなりますが、

 今週末、フェブラリーSの裏に『オイシイ金〇馬が存在する』という話。


これが金〇馬の1頭


中央競馬で〇〇に固執した成績の☆☆厩舎がメイチの〇〇〇〇

先般の◎◎戦で快勝。勢いに乗りG1当日のここを使うのも

厩舎の大半が個人オーナー馬であり、馬券補填を見据えての訳ありの参戦

同等レベルの同じ厩舎の馬を先週先に使わしての真打登場という趣




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

   ★G1当日の大ヤリ

〇〇席豪語の強力仕込み

 あの生産サイドが関与の◎◎


  ◎超大物馬主が大金を投入するヤリ話

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


23年フェブラリーS当日

東京7◎エスコバル1着 ◎〇680円的中 
東京8◎レフトゥパーズ3着 ◎☆△1460円的中 返還あり〇取り消し
東京9◎ペリエ―ル1着 ◎△4260円的中

東京10◎ストリクトコード6着 〇★△7240円的中 
阪神9◎シゲルバクハツ4着 〇☆△3930円的中


一昨年G1当日

東京12◎ノ―リス1着 ◎爆△2120円 7610円的中

東京8◎ドゥラモンド1着 ◎△△2730円 7980円的中



21年

阪神10R 10人気▲サンライズナイト2着

〇▲△的中 12440円的中 3940円的中

阪神11R ◎☆△6950円的中 サトノ3頭出しで2-3着



提供枠  2


 提供日時 18日 東京 


 提供価格         6000円  


 締め切り


2月16日 15時
omowaku.keiba@gmail.com



━━━━━━━━━━━━━━


IMG_0521

Last Modified :