FC2ブログ

重賞回顧 2勝1敗 坂井は失敗騎乗 特別配信土日で9戦7勝

京都記念

バビットの逃げを制した爆アフリカンゴールド2角で先頭に
離し逃げは正解も、坂の頂上までにペース落とせず
団野のバビットが追いかけないで正直、ダメ元でそのままインに
国分は、馬場の4分目に進路 道中ペースを落とさなくて結果垂れて
張り切りすぎたのと、早めに◎プラダリアが動いたことで2Fの瞬発力勝負になり

▲マテンロウレオ 好位につけたのが裏目で脚が溜まらず
横山典の騎乗は、ほんといい加減で想定しにくい
金杯での脚から見れば溜めてこその競馬なんだろうけど

ほんとオーナーも地元でこれは、ないだだろう
それなりに期待され馬に乗ると来ないのはもはや定番だな
〇ベラジオオペラは、オーナーは来場していたから
プラダリアマークした競馬で機動力も見事に克服できたので
負けはしたがG1でも好勝負も期待できるでしょうね

△ラヴェルは、ミルコらしい競馬で直線だけの競馬にしていれば
小差だけどバビットは差せたのでは?


◎〇460円的中


共同通信杯
◎ミスタージ―ティ ホープフルSで公式のヘグリで激おこの矢作師
温情で継続した坂井ですが、またもや岩田望同様に沈没
矢作師が本気でクラシックを狙うからこそ、
朝日杯優勝馬相手に臆病風に吹かれることすらなく迷わずぶつかってきた心意気
を裏切るヘグリ
逃げた馬が33.5 番手の★ジャスティンミラノが32.6で
完全にスローの上がり勝負 ミスター自身33・0を駆使するも
ジャンタルマンタルをマークして外回すのがね
後方にいた△ディマイザキッドがイン突いて32.5で4着なので
動いたことで失速してはいないが、掲示板に入れない
矢作師とすれば最悪の着順

評価を落したベラジオボンドは、岩田望で重賞で人気上位では
やはり進歩ないわ オーナーも東京の馬主であるが
敢えて京都来場しており 平場や特別では岩田、坂井は期待に応えられるが
抜けた馬ではない時の重賞では、冷静が掛けている印象

キング騎手は完全芝イン狙いですね 

〇ショーマンフリートは最下位 恐らくスタートでエコロに前をカットされて
馬が嫌気出した感じで、直線追わずしまい 
ポジション的に一列前で競馬がしたい馬でしょう
★ジャスティンミラノに関しては、早い上がりを新馬で先行して
週中のポイントで紹介したように4角5番手以内が連対アベレージが高いことを
実証した感じ
皐月賞でも面白そうなタイプでしょう 三木オーナーもクラシック制覇が
近くなりました。
3着のパワーホールは無印で抜け 行くのはわかっていたが
エコロが掛かり抑え込んでしまい、ペースが完全のスロー
4角手前まで動きなしではなあ  


▲★抜け入線 不的中 失礼いたしました。


クイーンC

ノーザンF10連勝のクイーンC


◎クイーンズウォーク
〇アルセナール
☆ルージュスエルテ
870円 1800円的中

中内田師とすれば、オークスが大本命で試走を兼ねての参戦も
川田の騎乗を見ても大事に外に出して快勝という内容
インを突いた〇アルセナールは馬群を縫い、2着も
桜花賞のフルゲートではこの経験が活きそうですね

3着には出負けして最後方からルージュスエルテ
レースのLAPが道中ほとんど11秒台であるが
逃げた馬と番手の馬が4,5着なので1-2-3着馬は相当の能力と見ていいのでは?


ノーザンFがワンツースリーでやはり牝馬の3歳重賞はノーザンFが強いですね


番外

特別配信土日で9戦7勝

土曜

京都12R
◎シャンバラ
〇シンヨモギネス

△エクセスリターン
穴トゥルブレンシア(10番人気)

[3連複] 22620円的中

日曜
東京8マルディランダ2着 ◎〇△1000円 930円的中
東京12◎ハードワイヤード1着 ◎〇✕320円 4130円的中 
京都9◎ココナッツブラウン1着 ◎〇★1160円 1900円的中

京都12◎ロードラディウス1着 ◎〇730円的中 
小倉10◎アルジーヌ1着 ◎▲△5510円 8640円的中
小倉12◎ヤマニンクイッカー3着 ◎〇△1370円的中


京都8◎サンライズプルート6着 不的中
京都10◎ミラクルティアラ2着 1-3着不的中


メルマガでは、
日曜 万馬券的中
小倉11◎ゾンニッヒ2着 ◎▲△1880円 14180円的中


土曜は64倍的中
小倉8◎サンズオブタイム3着 ◎☆△6400円的中



正直京都12Rでカイタロウはお手上げですね
通算1勝の土田騎手のジェット噴射は、想定外
僅差の4着が松山で△ 併せて追い負けたのがなあ
2年目でフリーで通算1勝じゃ 和田きゅう舎もまあ乗せてあげるか
8着迄ならなんとかなるだろうと思いのせているのだろうけど

このレースは、今村騎手がスマートアイで先行しないことが
致命的 前半の流れが35.2とやや遅く、3頭雁行で流れたが
走力で勝る、シラキヌにとれば楽な流れ
自きゅう舎でルメールからの乗り替わりで逃げれず12番手では
話にならんよ  SNSばかりやる騎手で永島騎手と差が開くね


さてフェブラリーS
20年好走0の極めデータ


初ダートの馬に取り1600ダートでは鬼門
フェブラリーSでは過去25頭が初ダートで挑戦も0-0-0-25

シャンパンカラー ガイアフォース カラテ ジャスティンカフェ
は、きついという印象


さらに地方所属馬もメイセイオペラフリオーソ以来 圏外

イグナイター ミックファイア スピ―ディキックも
データ的にはお呼びでない?



どうぞフェブラリーSの一撃予告に宜しくご期待お願い申し上げます






IMG_8777



Last Modified :