FC2ブログ

有馬記念を斬る



G1馬8頭が出走 イクイノックス引退 リバティアイランド自重
このあとドバイでしょうけど

混戦模様の今年の有馬記念ですが  データの前にN氏のオフレコ
3歳牡馬のレベルが低調な今年という


ダービーの時計がオークスの時計よりも2秒2 遅い!!
リバティアイランドがJCで2着に入るもの ハーパーの時計は2.24.1
ダービーのタスティエーラよりも早いのがわかる

有馬記念の中山コースでは、これだけではわからないが

今年の3歳で古馬相手の1600M以上芝オープン、G3 G2 G1での成績は一目瞭然
なんと3勝のみ 連対率も複勝率は22%というもの

昨年は3歳が強く7勝 複勝率は35% 連対率も27%と異なる
2019年 が最も低い数字で連対率19 複勝率は22%

2019年と言えばアーモンドアイが破れた年


2019年有馬記念 倍額勝負
◎リスグラシュー 1着
▲サートゥルナーリア2着
★ワールドプレミア3着
馬連◎▲      2990円的中
三連複◎▲★   10750円予告一撃的中


3歳サートゥルナリアが2着ですが中山で実積もあり 
菊花には向かわず天皇賞秋の参戦でした

あれ キャロットのワンツーでしたよね
川田に替わるソールオリエンス ムーアが乗ることになったタスティエーラ
は、大丈夫でしょうか?




データ

◆6歳以上は2着1回のみ 近10年シュヴァルグランのみ

ディープボンド ウインマリリン ホウオウエミューズ
アイアンバローズ ディアスティマ 


◆前走天皇賞秋 海外組が優勢

複勝率では前走菊花賞が複勝率47% 
天皇賞秋 33%
JC 15%
凱旋門 44%
エリザベス女王杯12%

菊花 
タスティエーラ ソールオリエンス

秋天 ジャスティンパレス 

JC
タイトルホルダー スターズオンアース ドウデュース
ディープボンド 

エリザベス女王杯
ハーパー ライラック


◆上記レースで4着以内

天皇賞秋 複勝率70%
ジャスティンパレス ドウデュース

菊花賞     50%
タスティエーラ ソールオリエンス

JC       33%
スターズオンアース

海外      100%
海外 スルーセブンシーズ シャフリヤール

エリザベス女王杯 サラキア クインズリングと上位入線あり
ハーパー ライラック




上記のデータから全ての項目で該当は、
ジャスティンパレス タスティエーラ ソールオリエンス
ドウデュースではあるが


最初の項目 本年の3歳牡馬の芝1600以上の重賞OPでの成績が低調
JCからの秋三戦目となるドウデュースもやや割引感はある


また関東馬の3歳二頭では、京成杯皐月賞と中山で実積が見込まれる
ソールオリエンスは、京成杯の2着馬がその後いいところ無しでもあり
条件戦3勝クラスでも掲示板外であるので2500mは??

ジャスティンパレス 
三歳で昨年有馬記念で7着 今年は天皇賞春で1着 秋天ではイクイノックスの
2着であるが、正直メイチではないのは前回のポジションを見ても判る
ドウデュースの折り合いを欠いた競馬で、イクイノックスも正直負けてもいい
と生産界は思う中での、2着。レース後JCをスルーしてここへ参戦は
武史騎手の進言もありき 本質根幹距離より非根幹距離向きであろう
本質中盤で構え、機動力勝負にはお誂え向き

半兄アイアンバローズを敢えて出すというのもノーザンFから
バローズへ何らかの、お土産があるに違わない



タスティエーラ
皐月賞当時に◎ サトノクラウン産駒であり、小回りコース向きと
諸氏も評価しており、ダービーは極端に時計が遅いこともあり異質な競馬で
レーンの好騎乗もありの戴冠 菊はルメールのポジションにやられ
道中8番手の競馬でジリジリ伸びてばてない強みを見せた
ムーアが再度来日しても騎乗でポジション二ングが課題


スルーセブンシーズ
宝塚記念でイクイノックスに最も詰めた馬であり凱旋門賞では4着は高評価
遠征明けでJCをパスしてのここ参戦 1週前にはほぼ仕上がりとT氏
5歳のクラブ馬でここがメイチのラストレース G1タイトルを獲得は
ノーザンFとすれば、羨望。欧州からのオファーからも勝負トーン
中山牝馬Sや紫苑Sで好勝負、非根幹距離ベストであろう




シャフリヤール
香港を回避しての参戦 BCターフで小回りコースを克服の3着
兄アルアイン同様に中山で復活も
3頭登録のディープ産駒でサンデーRとすれば、賞金ランキングで4億強の差で
キャロットが迫ることで今回はサンデーRとすればこの馬だけ
ディアスティマは除外対象であり レーティング121はジャスティンパレスと同格
5歳世代のダービー馬の意地を見れるかも


ハーパー
友道厩舎3頭出し リバティアイランドの後塵を拝しているが
ハーパーのオークスの時計は、ダービー1着を凌駕
長くしぶとい脚が使えるので、非根幹距離では特性が活きそう

逆にドウデュースはオーナーサイドの要望では?
秋天でメイチもドボン JCは報奨金と4着でしこたま稼げているのだが
秋初戦でメイチの後の3戦目 ファン投票で1000万がもらえる立場
オグリ同様に忖度レースするかな?
本質的に根幹距離向きで前進気勢が出ており、武人気で旨味は??



逆にサリエラやクインズリング臭が漂うのが、ライラック
非根幹距離ではエリザベス女王杯2,4着 府中牝馬Sでも3着
戸崎に替わり、ある程度のポジションで溜めることも可能になり
中山コースではオール4着以内 2500mも日経賞でタイトルホルダーの
4着であれば一定の注意は必要か




ディープボンド
1週前の稽古では、かなりの仕上がりと諸氏。
昨年は凱旋門からの臨戦で有馬記念ぶっつけでしかも大外枠
今回は叩き台で使われた大賞典、参戦要請のベストではない2400東京JCを
使われて状態面は異なるとのこと
体力勝負なら好勝負出来る印象であるが、課題はテン乗りのマーカンド
小回りのなる分、これまでと異なりやれてもいいのではないか


個人的には、スルーセブンシーズ ジャスティンパレス
ハーパー ライラック シャフリヤール に注目



タスティエーラ・ソールオリエンスに黄信号
今年の有馬記念は高配当チャンス


▼▼▼
有馬記念の特別参加は?

http://omowaku-keiba.jp/blog-entry-7859.html



IMG_3495


Last Modified :