FC2ブログ

ラジオN賞の肝





データ

◆ハンデ52キロ以下は複勝率3%

53-56キロ未満 複勝率26% 8勝
56キロ以上複勝率14%

52キロ
ウイニングライブ ヨリキリ ラファドゥーラ51

53-56未満
ウヴァロヴァイト55 アグラシアド54 エマヌマーレ54
エルトンバローズ55 グラニット55 コレベティトール55
シルトフォルン54 シーウィザード54 スズカハービン54
ダイシンヤマト53 ドンデンガエシ54 マイネルモーント54

56キロ
オメガリッチマン アイスグリーン セオ レーベンスティール
バルサムノート57


◆牝馬は複勝率4%
アグラシアド ウヴァロヴァイト ラファドゥーラ



◆中山コース以外での1600-2200未満で勝利且つ
10頭立て以上のレース勝利 9勝

アイスグリーン ウイニングライブ
エマヌマーレ エルトンバローズ
オメガリッチマン コレベティトール シルトフォルン
スズカハービン セオ バルサムノート マイネルモーント
ヨリキリ レーベンスティール


無1勝 複勝率5%


全項目でクリアしたのが

エマヌマーレ 
エルトンバローズ
コレベティトール 
シルトフォルン

スズカハービン 
マイネルモーント



エマヌマーレ
ノーザンF 生産でデビュー戦ではリバティアイランドの3着
コーナー4つの競馬は未知だが、逃げ先行タイプで開幕週の福島なら侮れない
ただし抽選対象

エルトンバローズ
未勝利当時に重賞勝ち馬サトノグランツと好勝負
フローラS2着馬とも好勝負があり、能力的には高い評価
こちらも先行出来るタイプで注目

コレベティトール
ワンターン向きの差馬という印象 距離に融通性ありであろうが
開幕週の福島でどこまで差し向きの展開になるかが、鍵


シルトフォルン
東京1800で勝利も低調な印象 前走負かしたのがアネモネS2着馬だが
メンバー的には微妙な印象

スズカハービン
渋目の馬場で2,2,1,1で前走はワンターンで敗退
時計の掛かる馬場向きで開幕週で時計が早いとどうか

マイネルモーント
対戦メンバーは低調もワンターン コーナー4つもどちらも好走
前走負かしたのもセントポーリア賞で2着の素質馬
早い時計にも対応出来て開幕週の福島でも要注目



以上の中で注目したいのはエルトンバローズ
オーナー猪熊氏もセレクト―セールでは、毎年購入されている大物馬主
ローカル重賞なら手堅い騎乗の西村騎手が騎乗するのもプラス
グラニットが逃げるであろうし、好位で競馬が出来るこの馬にはチャンス

福島と言えばやはりラフィアン軍団
マイネルモーントも臭う
時計勝負では分が悪い印象も前走で1.45秒台で素質馬を負かしており
中1週となるが休み明けを使われているので、上積みは期待出来そうだ


人気になる
レーベンスティール バルサムノート
今回斤量が56キロ 57キロ
バルサムノートは白百合S勝利でハンデ57
少頭数での差し切り勝ちで中山葉牡丹賞では、5着に負けており
前走騎乗の西村から松岡に替わるのも、??

レーベンスティール
母父トウカイテイオーという馬で非社台生産のキャロット馬
東京2勝で中山で好走しているが、大箱向きに映るのだが
セオに負けており戸崎騎乗で人気必定なら余り積極的に狙いたくない


アイスグリーン
スプリングSでは、◎に指名したが重い馬場で10着
前走では2着 幸騎手がわざわざ福島に来るのも評価が高い証拠か
姉のディアンドルは福島牝馬S優勝しており小回り平坦はベスト



グラニット
地元福島協会オーナー馬

スプリングSでは果敢にハナを獲り4着
皐月賞はハイペースとなりタコ負け
一連のレースレベルから、今回開幕週で残り目は注意したい
ただ、純次は重賞となると微妙
サウジアラビアRCも頭数が少なくスローの展開利があれば
今回逃げ馬ということで穴人気になりそうであるが
サウジアラビアRC勝ち馬が朝日杯後は低迷しており
先行馬も今回多いので、果たしてどうか?


個人的に注目馬はエルトンバローズ
マイネルモーント アイスグリーン

尚セレクトセール前で有り 上場馬の兄弟馬はラジオN賞では不在
七夕賞で恐らく擁立がありそうです。



ラジオN賞 特別参加の希望は
こちらまで

http://omowaku-keiba.jp



cap_e_0_259luxu-1617



[Tag] * 中京競馬 * 福島競馬 * 函館競馬
Last Modified :