Welcome to my blog

競馬

臭う陣営●サタデー

0


臭う陣営




阪神2 ▲キングズガード

既走馬相手のデビュー戦は、陣営の使ってからというコメントも影響してか、

超人気薄。おそらくほとんどの人は気にも留めない馬の1頭だったかもしれない。

しかし、レースぶりには大きな見処があったとN氏。

出遅れ+物見で序盤は大きなビハインドを背負って直線しか競馬をしていないが、

それでもその直線では際立つ伸び脚を披露。

陣営もハミ取ってからは手応えよくグイグイ伸びました。走るところのある馬で、次は楽しみと

こぼしていたと言うもの

ここで人気のラテンロックの走破時計よりも速いタイムで駆けており、

同馬の走りに価値を認めてイイはずだとN氏。

課題はゲートになるが、練習では問題なく出ているし、遅れたとしても最内1番枠だった

前走と比べればこの枠ならだいぶマシ。叩かれての上積み分で、上位食い込みを期待したい。




阪神3 ◎トリビューン

新潟への遠征帰りでも疲れは微塵も見られず、状態自体はかなりイイと陣営

前回で距離にもメド立ったし、馬も徐々に競馬を覚えてきている。

砂を被ると嫌がるところを見せていたけど、今はそういった面も見られない。

今のデキなら勝負になると思うと厩舎サイド。

野中厩舎の3歳馬ではカゼノコが既にダート路線でOP入りしているが、

カゼノコは転厩した来た馬だから比較することは出来ないけど、

コッチはもともと期待の大きかった馬。少なくとも未勝利で終わる馬じゃない。

とメンバーが手薄なここで決めたいところの野中先生




東京6



◎スームジュール

栗東の坂路で並みの2歳馬には到底できない凄い動きをしているとN氏

かなりスピードがあって二の脚が抜群に速いと関西では評判になっているとの事。

関東馬相手なら負ける事は絶対ないと陣営。

鞍上は追い切りに乗っていないので手応え等は判らないと言うもの
完成度の高さから期待している様子







☆AH氏の現地レポ



まずはエクシードリミッツ父のエクシードアンドエクセルはオセアニアのトップサイヤーで

吉田氏名義の馬でありますが、○○
牝馬にしては馬格もあり、馬体からはデインヒルの系統らしく、スピードとパワーを秘めていそうです。1200mだけというタイプではなく、早い時期ならば1400~1600mくらいまでは楽しめそう。

稽古を終えた秋山騎手は追ってからの反応にやや不満そうでしたが、

それでも勝負になるレベルの馬です。

もう1頭がトウショウピスト。こちらは追い切りが抜群で、評価も急上昇しており、

ひょっとしたらこちらが1番人気かもしれません。

母に快足馬シーイズトウショウを持つ牡馬。函館スプリントSを連覇した母のDNAからも、

洋芝は合わないわけがありません。父は昨年の2歳戦で大ブレイクしたヨハネスブルグ。

二の脚は速いが、しっかり乗り手の指示に従える賢さもある。追っての反応もすごく良かったと陣営。

確かに稽古は二重丸で、現地の函館で見ていた人はこちらを買いたい気持ちになりますとAH氏



函館5  ◎エクシードリミッツ  ○トウショウピスト



▲スルターナ

牝系を遡っていくとローレルゲレイロがいるコノ馬。

栗東CWコースでも上々の反応を見せていたが、

函館芝コースで実戦さながらの併せ馬を敢行した最終追い切りでも軽快なフットワークを披露。

動きを確認したテキもスタートは速いし、芝での最終調整も申し分なかったと状態面に

太鼓判を捺している。今週の函館はずっと雨が降っており、重馬場でのレースとなるだろうが、

血統的に渋った馬場は問題なさそうで、テキも本日は誕生日主戦四位騎手とすれば

白星で飾れるか興味は尽きない




馬連、ワイド2点



夏はドル箱
レジまぐ商品の購入はこちら! メルマガはこちらから
アフィリエイター募集中!