FC2ブログ

思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから10年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。 メルマガも丸創刊10年目!

重賞回顧 皐月賞一撃ドーン!!的中

審議のランプが点灯したままという中で、現場の馬主さんより
そのまま確定の一報が入った今年の「皐月賞」。

果てしなく大きなアタマ差であったと思っている。

審議の対象馬両頭がノーザンファーム生産馬である以上、
替わることはない着順であったとしても、今、世論を敵に回すことはできないという競馬界。
現場の空気やジャッジの判断1つで、替わっていてもおかしくはなかったという一戦。
具体的な話をするのであれば、例えば着差がハナ差であれば替わっていた可能性は
五分五分以上と考えている。

2013年より変更となった
走行妨害のペナルティーにおける膠着・失格の基準

本日の「皐月賞」の審議放送でも流されたアナウンスだが、
「その走行妨害がなければ被害馬が加害馬に先着していたとは認められない」
とは裁決委員会という人間の判断だが、その曖昧な判断基準は度々大きな物議を
醸し出しているというのはご存知と思う。
ちなみにその判断基準は事象があった瞬間からゴールまでの脚色と着差というもの。
これを人間が目視で確認し、最終的な判断を下すというのが現在のジャッジとなっている。

後の直線、残り100m付近で一端はヴェロックスよりクビ差前に出たサートゥルナーリアだが、
ゴール板通過時点では、その2頭の差はアタマ差まで詰まっている。
 事象があった瞬間からゴールまでの脚色と着差という基準を踏まえれば、
今回の裁決はあの走行妨害がなくてもハナ差サートゥルナーリアが先着したという
ジャッジではないかというのがN氏の推測。
だからこそ、ハナ差」の決着であったとしたら。
ロードカナロアの種に[1500万円]という根を付けたノーザンファーム関係者も
胸を撫で下ろしているのではないか。

ただ以前から言われているルメールの荒い騎乗は今後
1部の馬主からは嫌われており ルメール デムーロの時代が過度期にい来ているのだろう

中山11R「皐月賞
1着◎サートゥルナーリア(1番人気)
2着◯ ヴェロックス(4番人気)
3着☆ ダノンキングリー(3番人気)
3連単4390円的中!
[馬連◎○] 960円的中!!
[3連複] 1480円的中!!

素直に喜んでいただきたいという一戦も、この事実を踏まえた上で、
一つだけ必ず覚えておいていただきたいことがある。

2着◯ヴェロックス[馬主 金子真人HD]
状況が状況であれば、強権発動も可能という利権を有しているにもかかわらず、
2着に甘んじたという大馬主金子真人氏。
果たしてこの皐月賞2着とともに手にしたものとは。。。。
もう1度申し上げるが、必ず覚えておいていただきたい。天皇賞が鍵であろう

レースは逃げ馬が二頭で引張る競馬でラスト1000は
12.1 - 12.2 - 11.7 - 11.6 - 11.4と機動力勝負

これではサトノルークス ファンタジストでは流れがはやすぎる
コーナー4つの競馬に不安を感じているダノンとて戸崎が9Rで中から抜いたように
イン差しを選択したことが大きい
9R同様にスロー平均ペースと想定していたがルメールのお誂え向きの流れでは
差しタイプの出番はほぼ壊滅

ダービーへ向けて通過点のサートゥルナーリア
ここが勝負の ヴェロックス 
早い上がりの瞬発力勝負になりそうなダービーはサートゥルナーリア1強で
皐月賞上位の馬より ダービー向きの凡走馬 トライアルから参戦の馬が
出てこれる印象か

青葉賞で新星が飛び出すことを期待シタイ


◎アンタレスステークス

降雨の影響で脚抜きがよくなり ドライブナイトが飛ばすが
3コーナーすぎで好位の馬が動き出したが◎ウェスタールンドは隊列から離れすぎた
結果 ☆グリムと〇ロンドンタウンが抜け出したが直後にいた△アナザーTが
出し抜けて勝利 脚を使いすぎてウェスタールンドすれば切れが鈍る形で4着
先行位の馬が同じ上がりでは差しきれないのは当然であり
仕方ないところ

○☆△的中 4400円的中

休養明けであるが恐らく交流G1などの馬場があわない印象のウェスタールンドとすれば
賞金加算はほしいところであり 陣営とすればなやましいところ


今期これで重賞は43戦28勝 安田記念まで止まらずに進撃をご期待ください。



▲アーリントンC

ペースが緩く 桜花賞ではタコ負けのイベリスがそのまま逃げ切り
直線先行位や中盤が団子 ◎ヴァルディゼールは前が壁で追えず

ヴァンドギャルドも不本意な消火不良で前受けしたことが仇となる
逆に出遅れて後方にいた△カテドラルは直線大外強襲

逃げた馬と後方の2頭で決まるアングリな競馬

矢作厩舎二頭出しでさらに野田夫人も2頭使い
各々 先行できるユニコーンライオンとかMスピリットは競らないし
Mブリランテに援護をしないとは。。。。

若い坂井なので 松山や岩田がそうはしたくねえなと思うのは仕方ないが
野田夫人2頭共倒れでマイルCには900万なので出れそうにない

桜花賞のグランアレグリアが出る様子でアーリントンCの権利3頭は厳しいだろうし
ニュージーランドも微妙という印象

ウーリリあたりは金子オーナーなので台頭も十分か


IMG_7130