FC2ブログ

思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから10年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。 メルマガも丸創刊10年目!

桜花賞ポイント

IMG_7094


関西馬20年で15勝 社台系独占状態が多い


昨年こそ次元の強さでアーモンドアイが勝利するがここ10年
アパパネ アユサン以外は関西馬でレーヌミノル Lドンキ以外は社台G生産馬


ソウルスターリング ホーエルキャプチャ アイムユアーズ ヌーヴォレコルトと2着以下である。


ノーザンF

ダノンファンタジー  野田氏  中内田 ディープ

グランアレグリア   サンデーR 藤澤和 ディープ

クロノジェネシス    サンデーR 斉藤崇 バゴ

ビーチサンバ      金子HD 友道   クロフネ

ノーブルスコア     二木氏  藤原英  ディープ

ルガールカルム   サンデーR 田村   ロード

アウィルアウェイ    社台オーナーズ 高野  ジャスタ  

フィリアプーラ     人参    菊澤   ハービン

レッドアステル     東京HR 國枝     ディープ


社台F

シェーングランツ    社台RH 藤澤和 ディープ

アクアミラビリンス     社台RH吉村  Vピサ

プールヴィル       吉田照   庄野  Le Havre



白老F

エールヴォア       佐伯氏   橋口  vピサ


非社台

シゲルピンクダイヤ    森中氏  渡邊   ダイワM

ノーワン           藤田氏  笹田   ハーツ

ジュランビル        村上氏  寺島   キンシャサ

メイショウケイメイ     松本氏  南井   ワークフォース

ホウオウカトリーヌ    小笠氏   栗田   マツリダ



まずはチューリップ賞 ダノンファンタジーとすれば70%で先行差しと
理想的な競馬で1馬身の快勝  ただ2着が未勝利上がりのシゲル
3着がOPレースで連敗のノーブル それほど相手に恵まれた印象が強く
オーナー事情から5連勝で桜花賞制覇も十分であろう

上がり勝負で後続を封じることが理想だ。前回は枠順に恵まれた印象もあり
外枠から差してきたシゲルの伸びしろを考えると磐石の1人気とは言いがたい
今回グランと先行するであろうし 早々に動くとなると後から掬われるケースは考えるべき


シゲルピンクダイヤ
シェーングランツの凡走に助けられたとはいえ未勝利からのトライで権利確保は
高評価。 揉まれなく外を追走し ダノンが先行をねじ伏せたことで展開利が生じた
とも言える。フルゲートで捌くことが出来るかは課題
オーナー的に地元で久しぶりの3歳G1であるが勝ちきるまでは?


ノーブルスコア
年明けから既に3戦消化 前回権利取りに勝負トーンで上がり目は微妙
新興オーナーで厩舎とすればG1参戦が可能となり最低限のノルマクリア
紅梅S エルフィンSの比較から上位に入線は厳しい印象であるが
体が増えていればビーチサンバ同様に相手なりのタイプで押さえは必要か

シェーングランツ 
阪神JF当時にお伝えしたように上がりの早い競馬がベスト
コーナーの加速力がもたつく点があり不器用 東京コースがベストで距離延びる
オークスがベストではないか 前崩れの展開なら希望はあるが


クイーンC クロノジェネシスとビーチサンバのワンツーで決まることから
かなりメンバーが低いと考える 逃げたジョディーがフラワーCで5着という点からと
出遅れて後方から追い込んでビーチサンバが2着したように力量的に差が出たレース

クロノはスタート五分で中盤から差して優勝 1キロ加算されての勝利は評価すべきであるが
スタートが余り良くない 終始外を回るような競馬が多いが牡馬相手に勝利しており
好勝負にはなるだろうが サンデーRの馬にしては35万と低価格の馬でクラブの期待以上の
これまでの走りである。
完成度は早いが成長力がどうか

ビーチサンバ
先行できる上に前回では後方から追い込んでの競馬と能力は高い
ただし相手なりのタイプの印象であるので3強の牙城を崩すまでは考えにくい
金子オーナー馬なので注意は必要であるが相手までの評価が妥当


フィリーズレビュー

予想見解で述べたように 1400メイチでいたのがプールヴィルとメイショウケイメイ 
両陣営ともに桜花賞は出るだけで1400の前回勝負を公言
ノーワンにしてもメイショウケイメイが外に膨れたことで内があいたことで
インべたが成功した競馬 ジュランビルも初の1600で先行ダノン グランがいることから
厳しい印象

逆に叩き台で試走したアウィルアウェイは先行したことが仇で折り合いを欠いた
本来のためる競馬を選択するだろう今回 京王杯でみせた末脚勝負でインべたなら
上位に食い込んでいいレベル
社台オーナーズ馬でジャスタアウェイ産であり生産サイドとすれば上位入線は期待されるところ
特に勝巳氏の勝負服でのここ最近の活躍が乏しいので警戒すべき


その他の路線
フラワーCからのエールヴォア エルフィンSからのアクアミラビリンスは期待出来そうだ
コントラの逃げでスローで隊列がばらけたフラワーC 中盤から権利取りで
差しに切り替えたエール 長くいい脚が使える点は評価
阪神コースでは2戦2勝 牡馬相手の勝利があり 人気下落の今回上位に期待

アクアミラビリンスは小柄なタイプで無理に使われなくローテは好感
エルフィンSは逃げた馬が4着 番手の馬が2.3着と先行有利の展開を
上がりで1.5秒上回る脚で勝利 これは非凡 ミルコがこれを選んだ点も
プラス。クイーンズリングの下でエルフィンSからの桜花賞はマルセリーナがおり
同じ社台RH ソウルスターリングでこぼした桜花賞をクラブとすれば期待したいところ
でありダノン グランが早々に動くとなるなら牙城を崩せる1頭ではないか


アネモネSからの2頭は桜花賞では殆ど馬券にならずで
メンバー的には入着があればベターという印象
ルガールカルムはロード産で脚の使い方はセンスありき 
ダノンやグランが押し切る競馬になれば先行位から3着位はありえるか
ただしアネモネSは今年関西馬が1頭しか参戦しないようにレベル的には??

フィリアプーラはフェアリーSではアクアミラビリンスに勝利しているが
このレースアクアミラビリンスが後手を踏んで追い上げて脚が鈍るという失敗騎乗での
競馬であり フェアリーから直というローテもプリモーシーンが桜花賞で掲示板
だけにどうか
人参とすれば今年は牝馬はやや低調な分唯一の期待馬であるが
マイルCが目標なのではないか 



現時点ではアクアミラビリス エールヴォアが3強に割り込んでいいレベルであろう


桜花賞への参加希望は
ここで
http://omowaku-keiba.jp/blog-entry-5180.html

BlogPaint



  

桜花賞はコラボ指数上位馬で決まり。
この要素が2個揃う場合は鉄板!
そして週末無料配信はもちろん→→「
桜花賞

要素1---
桜花賞過去3年のコラボ指数戦績
───────────────
2018年/3連単3,780円
1着アーモンドアイ  指数5位
2着ラッキーライラック指数1位
3着リリーノーブル  指数2位
2017年/3連単94,890
1着レーヌミノル   指数6位
2着リスグラシュー  指数2位
3着ソウルスターリング指数1位
2016年/3連単20,330円
1着ジュエラー    指数2位
2着シンハライト   指数3位
3着アットザシーサイド指数7位
────────────────
要素2---
ステップ3レース指数値30以下全入線。
★アネモネS
[指数2位(14)⇒7位(30)⇒4位(19)]
★チューリップ賞
[指数1位(04)⇒5位(23)⇒3位(21)]
★クイーンC
[指数2位(07)⇒1位(06)⇒8位(28)]
───────────────
コラボ指数の推奨は上位6頭!当日会員内コンテンツ「北条のブログ」にて無料配信。
「金曜競馬CLUB」で毎週コーナー放送中!TVにも出てるコラボ指数。
もう今年も桜花賞は指数上位馬で確定でしょうね。
桜花賞2019を無料で確認(CLICK)
確認メールきたらクリックしてログイン。
各会場1~6Rも土日全指数無料配信&全重賞指数1位馬も無料配信。今週末は決まりなはずです。