FC2ブログ

思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから10年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。 メルマガも丸創刊10年目!

フェブラリーSの闇


チャンピオンズCでルヴァンスレーヴが勝利
その裏でゴールドドリームが筋肉痛で回避 平田師からは出ても問題ないレベルだと
言われていたが 社台Gサイドとすればどうしてもルヴァンスレーヴを勝たせたい
ことからの回避 ところがルヴァンスレーヴが脚の不安で上半期は休養を余儀なくされて

主催者とすれば目玉が欲しいことで 東海Sでインティを擁立
レースを見てもらえればわかるが 3コーナーすぎても動いたのが
川田騎手だけというレース

それだけで足らないと考えた胴元は、根岸SでNARの副理事の立場ながら
勝利したコパノキッキング オーナーが藤田菜七子騎乗を公言。

村山師の知るべきではないところでマスコミに吐露。 フェブラリーでは騎乗予定
が決定していた藤岡康太は ある意味公開クビ

騎乗していたマーフィー騎手いわく ドバイの1200G1なら勝てるだろうと明言
したが1600となると疑問だと公言している
盛り上げたい胴元に援護したオーナーだが 余波は大きい様子

R氏 いわく 某調教師は藤田菜七子騎手を両断しており
コパノキッキングはマーフィー騎手のようなスタートの上手い騎手でさえ
芝スタートなら出遅れる オープンでの勝利も殆どない上 ソコソコ重賞で勝負になるレベル
の馬の騎乗すらない 彼女に捌けるとは言いがたい

K師が敢えて今回参戦するのも包囲網を作る算段の参戦と言われている
大外回したら恐らくドボンだろ この参戦で必要以上に馬券が売れるから
盲点となるあの関西馬にとればおいしい状況が・・・

R氏いわく まずイラナイというレベル


インティに取れば能力は高いが 初の1600 芝スタートが最大のアキレス腱
昨年東海Sで快勝して上位人気になり凡走したテイエムジンソクと被る
芝スタートでスピードに乗れなく置かれてダート部分に入り押し出すことで
息が入るところがないまま直線へ 坂上で失速は記憶に新しい。

しかも芝のレース未経験の上、関東圏への輸送が初。
元来東海Sで負けたらフェブラリーSは白紙と陣営が言われていたことから
陣営とすれば二頭出しとなるクイーンズサターンの方が色気はあるというトーン
短距離志向の馬がいるし やらずのアンジュデジールが絡んでくるのが明白
厩舎サイドのトーンは負けても仕方ないレベルだという


さてここで気になるのが社台G ここ3年優勝馬は全て社台系の関与馬

ゴールドドリーム モーニン オメガパフューム ユラノト ノンコノユメと5頭が
期待される

ゴールドドリームは筋肉痛で回避後 何事もなく東京大賞典に参戦
ただし 大井でオメガパフュームに後から差し負けた点は気になる点
使い詰めていたオメガパフュームに比べて余力十分のローテであり
南部杯ではルヴァンスレーヴに敗れており 明け4歳の世代との力が浮き彫り
東京1600では崩れていない点は強調出来る
ノーザンFとすれば1頭だけの参戦でありゴールドアリュール後継としてここは
昨年のリベンジ


オメガパフューム
唯一崩れているのがチャンピオンズCであるが ルヴァンスレーヴが前受けした
競馬で如何せんクリスの判断が悪く4コーナー10番手から外出していては届くわけなく
連戦の疲れがなく東京大賞典ではゴールドドリームねじ伏せた 
1600で3着に敗れているが 直線で前が壁になり追い出しが遅れており
グリムがその後交流重賞で勝利しており レベルは高いレース
外回す競馬ではなくとも対応可能でインティが追いかける展開であれば
ゴールドドリーム同様にミルコは末脚の鋭さはG1レベルと認めていると報告。



モーニン
出来れば脚抜きのいい馬場が希望だろう スタートからのスピードの衰え
はあるがジリジリ伸びるタイプ インで競馬した馬が2.3着の根岸S
コースロスがありながら4着 3番手のノボバカラが6着に残れており
パワーを擁する馬場であり コースロスなく、走れれば上位に食い込んでいい


ユラノト
夏の頓挫がなければエルムSも勝てた馬 頓挫明けの武蔵野Sは70の出来で
試走。逃げたゴールドQを掴まえ切れないパンチ不足はあるが
現状ベストは1600-1800 前回賞金加算が必須の中で2着
正直ルメールとすれば逃げた馬が早くばてたことが誤算
ばてない強みはあるので 展開次第では残りめ十分

ノンコノユメ
昨年は勝負トーンでいたが今年は成績が安定しない
殆どのレースで出遅れているのが原因。 昨年より馬場がパワータイプの東京
なので直線勝負では届かないケースも インティが置かれてダート部分で追い上げるような
ケースで前ずぶなら上位進出の目は残るが。。。


そのほかではサンライズ2頭であろう
サンライズノヴァ
東京専用機として使われているが確かに好走時は時計の速い馬場の時が多い。
根岸Sは出遅れは想定内もパワーを擁する馬場で途中から動き出して脚を使い
外を回して坂上で失速。本来の直線だけの競馬に徹していない判断ミスである。
前走時から目標はフェブラリーSと言い切っており、上積み分を残していたのは事実。
ここでメイチの仕上げなら当然巻き返しはあるが以外に冬は苦手なのかも
戸崎が出遅れて腹を括る競馬が出来れば上位も

サンライズソア
このところ1800以上の距離を使われているが東京1600は得意でパワー勝負
時計の早いダートと両立出来るタイプ
レースの幅も前回で差してこれたことが大きいが河内師いわく今回は逃げを示唆している
様子で芝スタートではテンのダッシュ力がいかせるのでまず大崩れはない

東京1600であえて出て来る北出厩舎
サクセスエナジー
逃げ番手で成績安定してきた同馬。今回も前走同様に積極策を予定していて、
場合によってはこれがハナを切るかもしれないとのこと。
G1で馬券圏内に残るのは難しいかもしれないが、展開面のキーになる馬。
なお、マイルの距離は初めても近親に当レース勝ち馬のサクセスブロッケンがいる


\\\\ ////
予告のGI勝負
2/17フェブラリーS
最終決断入手できるチャンス!
//// \\\\

フェブラリーSで高確率で勝つ為の方法もハッキリ分かります!


★この情報で大勝負!!

http://omowaku-keiba.jp/blog-entry-5067.html






PR)フェブラリーSは「コラボ指数」
ステップR的中&過去4年全的中!


今週はフェブラリーS(G1)です。
ステップレースの指数成績をご覧ください!
★フェブラリーSのステップレース★
[根岸ステークス]4位(15)⇒1位(10)⇒5位(24)¥18,930円
[東海ステークス]1位(08)⇒2位(12)⇒6位(26)¥1,610円
[チャンピオンズ]8位(29)⇒6位(28)⇒6位(28)¥27,310
ステップレースを指数はしっかりとモノにしています。これだけではありません!

過去4年フェブラリーS指数結果

過去4年指数30以下の好走期待馬12頭中12頭入線!!入線率驚異の100%!
要するに指数30以下の上位を買っておくだけで的中なんです。この指数予想が無料とは…恐れ入りますうまとみらいと様!!
前半1~6R+フェブラリーSが無料!登録はこちらから!
⇒フェブラリーSの指数を無料で見る!
メールアドレスを登録後、確認メールからログインして下さい。