FC2ブログ

思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから9年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。                           メルマガも丸創刊8年目!

重賞回顧 G1 5連勝

≪チャンピオンズC・G1≫
1着:〇ルヴァンスレーヴ M.デムーロ
2着:★ウェスタールンド 藤岡祐
3着:▲サンライズソア モレイラ
〇▲★6090円的中

内枠で包まれる可能性があるというのは鞍上のMデムーロ騎手も当然考えていたのだろう
けど スタートから出していくとは。。 外からヒラボク インカンが行きかけたが競らなく
ほぼ1コーナーすぎてルヴァンスレーヴは番手 この時点で◎ケイティブレイブは中盤

恐らく福永の頭がパニパニ それでも3コーナーで動く選択をせず。
上がり2位の脚を番手で使われたら素人でも届くわけないと解かるが
他の馬が捲くりするだろうと考えたのか 4角でようやく動くが伸びるわけないわ
まして+10と杉山師の想定以上に体が増えていた
前回の競馬で過信した騎手 出して行く競馬が出来ていれば大敗はないだろうし
正直リスク覚悟で動くことが出来ない判断の無さは、呆れる


だが★ウェスタールンドがイン強襲 参加された方にはお伝えしたが当初はムーアを
予定していたが賞金除外の可能性とムーアが急遽米国遠征が入りキャンセル
それだけノーザンFサイドが色気ありの状況であり

想定以上の切れを披露 して高配当の的中に貢献
サンライズソアはモレイラ騎手が控える、という選択肢を選んだのは驚いたが、
それでも僅差の3着に持ってきたところはさすが、世界の名手と感じさせる手綱さばきだった。
最終日であるモレイラ騎手 流れに逆らわなく賞金GETを優先したんであろう

あの流れでは外回せばドボンなので
クリスチャンなんかは長く脚が使えるのだから
動くようなら見応えのある競馬になっていただろう。やはり和田騎手が負傷は痛いですね。

結果的に馬券的中になったので、不満は少ないが、日本人騎手は、
どうして型にハマる競馬に固執するんか?
後先考え無い騎乗をG1なんだからすべきだと思うけどね。


ステイヤーズステークス

予想作成中の朝 アルバート取り消しの報

◎が取り消しで一転繰り上がりで◎
コウキチョウサン

◯アドマイヤ ▲リッジマン

結果的に機動力勝負になり早めに動いた
◯▲がねじ伏せた印象
◎は北村がインでコースロス無い競馬に徹し
直線内から伸び掛けたが坂上で脚が上がり
失速 外外回るモンドインテロもスタミナがあってなんとか三着

◯▲△的中を成し得た。

メドウラークも動いたのだが、距離経験が無いぶん最後はぱったり

機動力と持久力が求められた競馬になった。


チャレンジカップ

使い分けで敢えてセントライト記念翌々日に
チャレンジカップ参戦を決めたレイエンダ

スタートから行き脚が付かなく
ライバル◯エアウインザーはスタートからミルコは出して位置を確保

マルターズが離し逃げで番手にサイモン
更に離れてマウント エアの隊列
この時点で、エアウインザー、マウントゴールドは脚が溜まりベストな態勢

ルメールは後手を踏んでから動き出しが札幌戦やセントライト記念で
見せた機動力を発揮出来ずに直線だけでは無理

また、▲ロードヴァンドールは
スタートからケツ
騎手独自のやらずにお手上げ

番手に行き 出し抜く抜け出しが出来る馬で
あの騎乗は非難される騎乗
馬の所為にする日本人騎手
困った。自分らの所業が外国人騎手乱発招いているんだけどね。

三着には△ステイフィーリッシュが僅差
先行出来ずにいたもの内を死守
有力馬が仕掛け遅れで外回したこともあり
の恩恵

◯△△入線で馬券は不的中
大雑把な競馬になるとはね。

これで通算重賞79勝

G1は18勝7敗

ホープフルステークスまで連勝を達成します
どうぞご期待下さい。


番外

武豊 よもやの大失態の阪神11R

ダントツ人気のクリノヤマトノオーであろうことか ケツからためて
ドボン 前の二頭が残り 後方にいたがインついた馬が2着

インにいたが4コーナーで大外へ エリモジパングを交わしただけの9着

新人騎手が騎乗してもここまで負けないわ

固定観念にかられて競馬するしスローになるの早々にわかるわけで

地元オーナーの御前で大失態は呆れるね

挙句 最終で勝つとか 自分の事だけ大事な老害騎手 (屮゚Д゚)屮 カモーンヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!

よくさあ 馬券外れたから馬のせい 騎手のせいにはするなよという輩いるけど

僅差で敗れたならいいよ 事前に慣れが見込める今回は馬のクセも分かってくれたはずなので、
前半から流れに乗る競馬をしてくれると思いますと
前走以上のパフォーマンスを期待していた陣営というオフレコ。

高橋厩舎とすれば流れに乗せようと努力すらしていないので非難されて当然でしょ


ある程度のポテンシャルある馬は前受けすべきで まして開幕週なんだしね

コレを自分が馬主ならどう思うか バカヤローと言いたくなるでしょwwww

もう眉毛同様に人気期待馬には乗らないようにして欲しい


BlogPaint


PR)カペラSと中日新聞杯は指数で狙える?!

今週は、阪神JF(G1)が行われますが、こちらのレースにも注目して頂きたい。
日曜日のカペラステークス!土曜日の中日新聞杯

まずは、コチラのレースを検証してからG1に挑みませんか?

週末の日課は指数サイトを見る事なんですが、
そのサイトのカペラステークス中日新聞杯の過去3年の指数成績を並べてみました!





まず注目してもらいたいポイントが、
その一、指数順位1位~6位!
その二、指数値30以下の赤文字!

数値が小さければ小さいほど「強い馬」です。
2015年の中日新聞杯の2着の馬の数値がずば抜けてましたね!
2017年のカペラステークスはお見事!指数順位6位までの馬で決着しています。

なんと!このレースの予想に乗っていたら的中しちゃったんですよね!
高配当を狙う為に敢えて指数順位1位の馬を外して、
指数順位2位~6位の馬の3連単5頭BOX60点、各1,000円ずつ購入。

60,000円購入して、1,056,100円の払い戻し金がきました!
念願の帯ですよ!ずっと憧れていた高額払い戻しの窓口に行けました(笑)
このレースだけで、996,100円もプラスになったので、
いつもやる最終レースをやらずに帰ったのを思い出しますね~。

指数をチェックしてるとこんなに良い日に巡り合う事もあるので、
毎週欠かさずに見ることをオススメします!


年末のレースに向けて軍資金稼ぎをしましょう!
⇒指数を検証してみる!

メールアドレスを登録後、返信メールのURLをクリックしログインして下さい。