FC2ブログ

思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから9年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。                           メルマガも丸創刊8年目!

エリザベス女王杯の鍵

アドマイヤリード  N  ステイゴールド  近藤氏
ヴァフラーム         N   ハービンジャー 市川氏
  ノームコア    N     ハービンジャー 荻原氏
 
リスグラシュー       N  ハーツクライ   人参 
コルコバード    N    ステイゴールド  人参
 ワンブレスアウェイ 白 ステイゴールド  サンデー

ハッピーユニバンスN    ジャングルポケット 亀井氏
レッドジェノヴァ   社 シンボリクリスエス 東京HR
キンショーユキヒメ 社 メイショウサムソン  磯野氏

スマートレイアー     ディープインパクト   大川氏
 プリメラアスール     スペシャルウィーク  アスール
フロンテアクイーン    メイショウサムソン   三協
ミスパンテール      ダイワメジャー      寺田氏
 エテルナミノル      エンパイアメーカー   吉岡氏
 レイホーロマンス     ハービンジャー     永井氏

カンタービレ        ディープインパクト   石川氏
モズカッチャン        ハービンジャー    北側氏
 クロコスミア         ステイゴールド     大塚氏

過去10年・年齢別の成績
3歳馬【4.4.3.34】
4歳馬【4.3.6.45】
5歳馬【2.2.1.47】
6歳馬【0.1.0.11】
7歳馬【0.0.0.6】

過去10年・ステップレース別成績
秋華賞GⅠ    【3.3.3.25】
府中牝馬SGⅡ   【2.3.4.56】
オールカマーGⅡ 【2.1.0.3】
京都大賞典GⅡ  【1.2.0.11】
1000万下   【0.1.1.6】
ヴィクトリアMGⅠ【0.0.1.0】
宝塚記念GⅠ   【0.0.1.2】



順調さを欠く馬は割り引き

順調さを欠く馬は割り引き
 昨年は宝塚から直行したミッキークイーンがあと一歩及ばず3着。
2015年はオークス以来だったルージュバックが4着と、休み明けの人気馬は好走しながら
あと一歩足りない結果に終わっている。ちなみに、このレースが秋初戦だった馬の連対は、
過去10年で一度もない。

熱発で府中牝馬を使えずのモズカッチャンは微妙なローテ

非根幹距離でG1制覇のハービンジャー産ですが
同じ産駒ノームコア

前走紫苑Sでは1:58.0の好タイムで、上がりは最速の33.6で2着とは0.5差の勝利

ポテンシャルは証明済みですが、キャリア5戦で今回が初の関西遠征、
初の古馬との戦いと初物ずくし

また中山のような急坂があるコースの方が高いパフォーマンスを示しているので、
平坦でも適性がないわけではないですが、パフォーマンスは相対的に落ちるか。

体調面を考慮しての秋華賞回避 ルメール騎手だけにコースも熟知しており
不安点はあるもの無視出来ないでしょう


昨年2着クロコスミア ステイゴールド産ですし非根幹距離なら     

スローペースで道中を運び早めに抜け出して粘り込むのが好走パターン、
エリザベス女王杯はスロー展開に持ち込みやすいのでレース適性は高い。

今年なかなか結果を出せていませんが、大きくも負けていません。

4戦中3戦は牡馬混合の重賞ですし、前走では55kgの斤量ながら5着と
復調の兆しは見せていますのでリピーターとして期待はできます。

ハービンジャー産で注意したいのが
レイホーロマンス          

マーメイドと七夕は岩崎のへぐりが大きく 小倉記念はレコードの4着
僅差の3着馬はその後OP特別勝利 
今回は福永に乗り替りですので後から行くことは少ない印象

リスグラシュー     

勝ちパターンになっても勝ちきれないですが、実力は確か。

今回の舞台で言うとスパッと切れる瞬発力はありますが、
スタミナ面での不安はあります。

また位置取りが毎回後方からになるので、追込が届きづらい
エリザベス女王杯では脚質的にどうかですが。

能力的には最上位級ですが適性という点では少し劣ります

モレイラに変るので前受けすると考えられ ここ目標で前回は80の仕上げ

 ハーツクライ産で  母系にサドラーズウェルズが入っていますので、
血統的にレースとの相性が良いのでは


エテルナミノル


京都では3勝しているようにコースとの相性は良く、今年の愛知杯勝利、函館記念
3着があるように距離も問題ありません。

スタミナがあってパワー勝負の展開に強く、反面瞬発力勝負になると若干分が悪いタイプです。

ただ今の京都の馬場は時計がかかるのでその点ではこの馬向きの馬場だと言えますので、
レース適性はあると思います。スタート次第ですが先行位で競馬出来れば
怖い1頭でしょう 

カンタービレ 
ディープインパクト産はこのレースで強いのですがここ2年 3着までで
傾向が変りつつある印象 秋華賞からのローテはいいですが
乗り替りで先行するのか後から行くのかわかりません
押しだされた人気なのでどうか


ヴァフラーム      
ハービンジャー産であり1600万混合で勝利 52キロのハンデもありの
感は否めないです 屋根も若い川又騎手ですのでG1となるとどうか


コルコバード   
2000以上の混合戦で実積が集中 前回は負けたとは、言え
重賞2着のある馬と0.2。後方から捲くるタイプであり
ポイントは坂の下りでしょう 1000万当時京都2400で5着なので
どこで動くかが課題


レッドジェノヴァ 
京都大賞典はインで死んだふりで2着
ウインとスマートレイアーが掛かりペースが流れ前つぶれのケースであり
展開に恵まれた印象
夏から使われており再度の輸送がどうかであるが許容範囲


キンショーユキヒメ
混合重賞でソコソコ 牝馬重賞優勝がありマキシマムドパリなどと好勝負があり
2000がベストという印象 5歳牝馬で恐らくこれがラストG1でしょうから
忘れた頃の秋山騎手なので注意は必要かと


最終決断はここ

http://omowaku-keiba.jp/blog-entry-4842.html

FullSizeRender

三冠牝馬アーモンドアイ(JC出走予定)だけでなく、
クイーンSと府中牝馬Sを連勝したディアドラ(香港カップ出走予定)も不在。

さらに、もう1頭出走しておかしくない存在がいるのですが。。。


エリザベス女王杯 1着賞金[9300万円]
ジャパンカップ  1着賞金[3億円]
香港カップ    1着賞金[1596万香港ドル]
(※日本円で約2億2000万円)

同じG1のレースでもこれだけの賞金の違いを見れば、
エリザベス女王杯というレースの出走価値を見出すことができない
陣営も確かにいるかもしれませんが、

そもそも牝馬は、引退後に無事に牧場に帰し、繁殖という第二の人生が待っているわけで、
エリザベス女王杯というタイトルを獲得するだけでも大きな勲章。

しかしながら、ここを避けさせられるということは、繁殖という
目的以外の政治的な事情があるからこそ。

さすがに、会員の皆様であれば、よく使い分けという言葉を耳にすると思いますし、
各馬の出走経緯の裏側に、人間の思惑に振り回されるサラブレッドがいることは、
競馬の常識として受け入れていらっしゃることでしょう。

『使い分け』の裏側には、大人の事情が生まれています。
レイデオロのJC回避→有馬記念直行決定の動きの裏側もまた、
例に漏れず黙殺されることは間違いない事情があります

 今年のエリザベス女王杯は、「使い分け」以上の政治的な思惑が潜んでいることに
注目いただきたいのです。

ポイントはいくつかあるのですが、今年は三冠牝馬が誕生した年ということで、
まずは過去に桜花賞→オークス→秋華賞の三冠牝馬が誕生した年の
エリザベス女王杯に着目すると、

2003年スティルインラブ三冠達成。
2003年秋華賞2着馬アドマイヤグルーヴ 
→エリザベス女王杯出走(1着)。

2010年アパパネ三冠達成。
2010年秋華賞2着馬アニメイトバイオ
→エリザベス女王杯出走(15着)。

2012年ジェンティルドンナ三冠達成。
2012年秋華賞2着馬ヴィルシーナ
→エリザベス女王杯出走(2着)。

過去3度、三冠牝馬の影に隠れていた秋華賞2着馬がエリザベス女王杯で
どんな活躍をしたのかに注目いただきたいのではなく、
エリザベス女王杯への出走が許されていたという点がポイントです

アーモンドアイが三冠を達成した今年2018年のエリザベス女王杯。

秋華賞2着馬ミッキーチャームの名は、エリザベス女王杯の
登録馬の中にいない」ということが全てを物語っています。


 秋華賞2着馬ミッキーチャーム(馬主:野田みづきオーナー)
秋華賞3着馬カンタービレ(馬主:石川達絵オーナー)

この2頭の共通点は、いずれも浦河の三嶋牧場の生産馬であるということ。

カンタービレはエリザベス女王杯に出走、一方のミッキーチャームは出走できず。

10月14日(日)に行われた秋華賞が、
2着カンタービレ
3着ミッキーチャーム
という決着順であったとしたら、今年のエリザベス女王杯の出走メンバーは違った
メンバーになり、そしてカンタービレの鞍上も短期免許で
来日する社台グループ引き受けのC.デムーロ騎手ではなく、
別の騎手(秋華賞で騎乗した武豊騎手)だったと・・・


カンタービレが秋華賞で3着に敗れたことを理由にして、
武豊騎手がおろされたというような次元の話ではありません。

そもそも三嶋牧場とは、競馬界における重鎮の馬主様である
メイショウの松本好雄オーナーとの関係が深い牧場であり、
松本オーナーと武一家の歴史ある関係性からも、
そう簡単に武豊騎手を前にして不義理は起こりえないこと。

武豊騎手は、過去に何度も騎乗経験のあるスマートレイアーとの元鞘に
戻ることになったわけですが、府中牝馬Sを迎える際に、リスグラシューの
乗り替わり問題の渦中にもいたことは皆様も忘れてはいないと思います。

JRA移籍を目論んでいながらも、試験で不合格となったJ.モレイラ騎手が跨るリスグラシュー。
秋華賞3着からエリザベス女王杯に出走するカンタービレの鞍上は、C.デムーロ騎手。

このエリザベス女王杯を迎えるまでの間に、この秋競馬で起こった
数々の誤算によって「入れ替えられた出走メンバー」と「組み換えられたコンビ」。

その結果、出走する予定がなかった馬も、急遽エリザベス女王杯に出走しなければならなくなり、
運命を変えられた者もいます。。

過去三冠牝馬が生まれた年とは全く異なり、「秋華賞2着馬不在」の中で行われる
エリザベス女王杯。この裏側の動きが、レースの決着に与える影響は、
勿論少なくないでしょう。

出る予定のなかった色気なしの馬がそこそこの人気になり、
運命が変わったことで「漁夫の利」を得ることになる存在が、
想定段階ではあまり人気になっていないという乖離がすでに情報合戦の中で、
恩恵として発生もしています。

またもう1つ注目いただきたいポイントは、引退後に繁殖牝馬となり仔を産んだ際に、
[母父]として価値を見出されている血を持つ牝馬こそが、
今年2018年のエリザベス女王杯では【重宝】されているという裏事情も
知っておいて欲しいところ。

引退し、仔を産むのは数年後ということにはなりますが、エリザベス女王杯の賞金よりも、
生産したサラブレッドが取引される金額の可能性の方が価値が大きい一戦であることも、
いまの潮流が向かっている先から逆算することで、ハッキリと見えてくるはずです。

目先の利益よりも、レバレッジを効かせることのできる将来的価値。

繁殖入り後に【重宝】されることがわかり切っている存在こそ、目には見えないグリーンベルト、
露骨なまでのヴィクトリーロードが京都外回りの芝コースに敷かれることで、
「好走確率」が極めて高くなっているという特殊な一戦。

また、世間にはまだバレておらず盲点となっている存在が、
このヴィクトリーロードが敷かれる流れの中で犠牲となる馬がいることで、
漁夫の利を受ける可能性が高いこともお伝えしておきたいと思います。

エリザベス女王杯の発走まではあと4日となりますが、
日曜日の15時40分が訪れるまでの間、ワクワクしながら楽しみにお待ちください。

今回は以上となります。
N氏より

http://omowaku-keiba.jp/blog-entry-4842.html


 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
エリザベスからジャパンカップ

November G9
 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


11月10日~11月25日

提供枠  2

提供レース


 武蔵野S デイリー杯2歳 10日
エリザベス女王杯11月11日
福島記念11日

東京スポーツ杯17日
マイルCS18日
京都2歳S24日

ジャパンカップ25日
京阪杯25日


提供価格
22000円 


 提供枠2

締め切り 11月9日 15時

omowaku.keiba@gmail.com

17年ジャパンC◎シュヴァルグラン馬連で、正味4点勝負の提供で
◎▲1760円一撃的中
三連複三連単も、◎▲☆一撃的中

 2016年ジャパンカップ◎シュヴァルグランが3着
◎◯△8050円一撃的中

京阪杯
◎▲☆一撃万馬券的中


☆エリザベス女王杯 単体配信

単体配信   5500円


 締め切り 11月9日 15時


ハンド●ネーム 振●み名  参加コース明記の上
 送信をお願いし申し上げます。

omowaku.keiba@gmail.com

━━━━━━━━━━━
erijyo18

PR)エリザベス女王杯と相性バツグンの指数に注目!


JBCクラシックが終わり、いよいよエリザベス女王杯です。


*昨年の勝ち馬「モズカッチャン」が連覇に挑む・・・!*

過去の成績を見てみると、3着の次は1着というジンクスがあるんです。

前走の札幌記念が3着だったので注目POINTですよ。

さらに今回、騎乗する騎手もこのレースで連覇しているので期待できそうです。


エリザベス女王杯のステップレースを的中!★

「うまとみらいと」内のコンテンツ、指数サイト「うまコラボ」が

ステップレースの府中牝馬ステークスでバッチリ的中させてました!

3着のフロンテアクイーンはちょい人気薄でしたが推奨していました。

他のステップレースも的中させていて、京都大賞典は万馬券を獲得しています。


運気上昇中の「うまコラボ」

この流れに乗るなら今しかない!

⇒今すぐ指数を見に行く



昨年のエリザベス女王杯の指数と結果です。




1着:モズカッチャン/指数順位8位/コラボ指数29

2着:クロコスミア/指数順位7位/コラボ指数28

3着:ミッキークイーン/指数順位1位/コラボ指数12


指数値30以下の馬に注目していれば的中率&回収率が上がります。

この予想を参考にしていたら127,540円がお財布の中に入っていたかもしれないと思うと、

うまコラボ」を見ずにはいられませんよね!


今週末から毎週お世話になります(笑)


エリザベス女王杯の指数を見に行く!