FC2ブログ

思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから9年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。                           メルマガも丸創刊8年目!

メルボルンC

メルボルンC  G1
フレミントン7R 3歳上 ハンデ 芝3200


年を通じて競馬が開催されているオーストラリア。
その点は日本と同じだが大きく異なるのはシーズンが日本のように1月1日からスタートではなく、
8月1日からとなり、翌年の7月31日までとなる点である。

つまり、現在のオーストラリアは2018/2019年シーズンにおいて上半期となるが、
既にその目玉とも言える芝のレースにおいて世界最高賞金の「ジ・エベレスト」や、
中距離路線、最強馬決定戦の位置付けにある「コックスプレート」等は終了しており、
年内においてのBIGレースはメルボルンCを残すのみ。

そのメルボルンCだが、オーストラリアでは単に競馬のレースとしてだけではなく、
国をあげてのBIGイベントとして行われ、レース当日はメルボルンCデーとして
メルボルン近郊大都市圏は祝日となるそうだ。

そんなメルボルンCの施行条件は芝の3200m。
その距離からお分かりのとおり、ステイヤーによるG1戦であり、
日本で言えば天皇賞(春)がこれにあたるが、決定的な違いはメルボルンCがハンデ戦であること。
それで言えば、スプリント最強馬決定戦の「ジ・エベレスト」や中距離最強馬決定戦の
「コックスプレート」とは異なり、ステイヤー最強馬決定戦とまで言うのはどうか?と思うが、
160年近い歴史を持つ、このメルボルンCを勝つことがオーストラリアの
ホースマンにとっては最大の名誉とされている。

またこのメルボルンCは他国の馬の参戦もこれまで多く見られ、
2000年以降、アイルランド調教馬が3頭、フランス調教馬が2頭、ドイツ調教馬が1頭、
そして日本調教馬も、2006年に出走したデルタブルースが勝利しているは皆様もご存じのことだろう。

日本調教馬はそのデルタブルースの他にも、
アイポッパー、ポップロック、トウカイトリック、アドマイヤラクティ、フェイムゲーム、
ホッコーブレーヴ、カレンミロティックといった馬が挑戦しているが、
デルタブルースが勝ったその際、アイポッパーが2着となった以外はいずれも2桁着順に敗れている。

今年はメルボルンCの前哨戦に位置付けられるコーフィールドCにて
13着だったチェスナットコートが出走を予定しており、巻き返しを期待したいとろだが果たして?


監修は海外競馬通のMオーナー


メルボルンCここで公開http://regimag.jp/bo/book/sell/?book=4960




erijyo18