FC2ブログ

思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから10年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。 メルマガも丸創刊10年目!

重賞回顧 三戦3勝の先週

富士ステークス
まあ 雨が影響するんだろうと思われたが、
柔らかい馬場が微妙と言われていたノームコアとスミヨン騎乗の
▲レイエンダが外の馬場がいいのか、外から併せて差してきた。
○レッドは内目から抜け出したが、並ぶ間もなく交わされて3着

○▲△で的中出来たから良しやな

ある程度渇きがあるが○レッドは馬場の巧拙が出た印象

流石スミヨン ルメールでしょうか 馬場の読みがズバリでした
且つ馬場の排水がすごいね やや重で1.33.0だよ

▲クリノとすればこの時計で33.3の脚を使えているのは収穫
正直後方のポジションが中盤にいたらね 最初から大外に出したルメールと戸崎の判断力
の差ではないか クリノ自身力は付けており 今後も渋るなら注目です。
◎については正直 騎手のへぐりです。 先行して敗れるなら納得ですが10番手では
競馬にならんでしょ 番手を進んだキャンベルジュニアが6着なのだから
正直ミルコの重賞は割引が今後必要か


富士S◎アドマイヤマーズ9着 〇☆△7610円的中


菊花賞

1着▲ ワールドプレミア(3番人気)
2着 × サトノルークス(8番人気)
3着〇13 ヴェロックス(1番人気)

3070円的中

良馬場で行われた一戦も
ラスト3ハロン[12.0-11.8-12.4]、そして勝ちタイム[3分6秒0]という残された時計が示すように、
前日の降雨の影響を相当に残したという時計のかかる馬場で行われた

勝ったワールドプレミアムは名手武豊騎手の決め打ちにも近い好騎乗が光った一戦。
2番手追走のヴォンケドミンゴが大きく失速したことにより、内がポッカリ空いたという
ラッキーな部分もあったが、それを含めてワールドプレミアをゴールまでエスコート。

正攻法の競馬で3着を確保した〇ヴェロックスだが、折り合いを気にしすぎてか
終始窮屈な競馬を強いられたのがもったいない。
もう少しリラックスした走りができる位置取りでレースを進めることができていれば、
異なる結果も残されたのではないか。

この川田の慎重さにじれて田辺や酒井は先に動いたことで
本来の末をいかすことが空転
ヴェロックスをマークした福永も漁夫の利で末のある馬が軒並み直線で
鈍り それゆえ後方待機のディバインフォース 牝馬メロディーレーンが掲示板に。


出走メンバー18頭中、上がりタイム[35秒台]は勝ち馬ワールドプレミアと上記2頭とサトノ。
それぞれの人気は8・16・12と、少なくとも人気面でのプレッシャーは受けなかったという面々。
直線の攻防はまさにスタミナ戦の様相。自らはレースに参加せず、
最期に脱落馬を交わすことに徹するだけで入着を果たすことが叶ったというのが
本年度の「菊花賞」。


レースを作ったのは押し出されるようにハナに立ったカウディーリョとデムーロ。
戦前でもレースを作る存在と目され、実際のところある程度の役割が託されていた
シフルマンはスタートの出遅れがたたり、口を割りながら最後方付近を追走するという最悪の競馬。
この際シフルマン自身の着順などどうでもよく、
「令和最初の菊花賞」という舞台で与えられた役割を何一つ遂行することなく
レースを終えたという記録だけが残された一戦
岩田も先行位でいたが出し抜きせず なんだかという消極競馬

関係者にとってもフラストレーションの溜まる残るレースとなってしまった

辛うじて的中出来たのは良しだが社台Gできちんと逃げ馬を用意することが
今後必要不可欠な印象だ



コーフィルドC

〇ミラージュダンサー7人気からの〇▲☆で6960円的中

流石海外競馬通のオーナーM氏 高配当的中 

メールドGについては脱帽です
馬場もそれほど渋る馬場にならなく、大外からのスタートでしたが1コーナーで
大きく遅れることなく中盤後方にいたが内に入らなく自分のペースで上がり
徐々に進出
直線外に出せたことが大きいが強いね

この後メルボルンCだろうけど ハンデが加算されるがそれなりの期待は出来るのでは?


先週は3戦3勝の重賞

今週の天皇賞秋 スワンSとご期待下さい。


むろじゃ










菊花賞指数上位馬3連単的中!
サトノルークス8人気も指数6位推奨!
そして天皇賞・秋は指数見てください。
理由は簡単。検証したので以下見てみてください。

≪直近戦績好調≫
スプリンターズステークス   指数1→7→2位
サウジアラビアロイヤルカップ 指数1→1→3位
府中牝馬ステークス      指数2→4→3位
富士ステークス        指数1→5→4位
菊花賞            指数4→6→1位




府中牝馬フロンテアクイーン9人気(指数4位推奨)
菊花賞 サトノルークス8人気  (指数6位推奨)
ただ単に人気馬の格付けでなく指数5位6位にちゃんと好走穴馬を選んでくるんです。
≪ステップレース≫
19年毎日王冠   指数2→4→1位
19年オールカマー 指数5→2→7位
19年札幌記念   指数4→1→1位
≪去年の天皇賞・秋≫
18年天皇賞・秋 指数2→5→4位
天皇賞・秋に関係しそうなレースはこの指数読んでる感じですね。
これで絶対当たるかはさておき、 指数1位2位は堅そうな傾向、
8人気以下からの指数5位6位をうまく絡めると馬連、ワイドでもいい回収率になるんです。
今回はアーモンドアイ、サートゥルナーリアどちらが指数1位になるかも気になりますね。

(当日お昼無料配信)天皇賞・秋
指数上位馬を無料で見る←コチラから

無料メルマガエントリーしておくと週末36鞍+天皇賞秋が無料で確認できます。
当日お昼にサイト内北条のブログという場所をクリック、ここで最終見解含めてチェックです。