FC2ブログ

思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから9年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。                           メルマガも丸創刊8年目!

ヴィクトリアMの鍵


3冠馬やG-1の7勝馬や牡馬相手のG1でも勝っている名牝が多い

人気別の成績では、1人気【3.3.0.4】、2人気【1.0.1.8】、3人気【0.1.2.7】と
1人気が6連対しているが、2.3人気馬はそれぞれ1連対のみとなっている。
1人気で優勝したのはウオッカ、ブエナビスタ、ヴィルシーナの3頭でありG1での勝利がない馬の
場合はヴィルシーナ以外連対がない。

過去10年、固く収まったのは11年の1着アパパネ(2人気)、2着ブエナビスタ(1人気)、
3着レディアルバローザ(3人気)の1度のみ。
平均配当では馬連で1万1470円、3連複31万4100円、3連単227万5160円と大波乱が多く、
15年には2070万5810円の特大馬券が出ている。
昨年はデンコウアンジュ(11人気・2着)、15年ケイアイエレガント(12人気・2着)、
ミナレット(18人気・3着)、14年ヴィルシーナ(11人気・1着)、13年ホエールキャプチャ(12人気・2着)、
10年ニシノブルームーン(11人気・3着)、09年ブラボーデイジー(11人気・2着)と
二桁人気の伏兵が馬券に絡んでいる


さて1人気がリスグラシューになりそうだがG1は未勝利 1600mでは複勝率100%
東京コースで重賞2勝 オークス5着ならばG1の勝利がないがヴィルシーナ同様に期待出来そうだが
不安点は武豊

昨年はJRAG1ではキタサンB以外では勝てていない
2016年のコパノR以降キタサン以外では勝てていないのである

芝のレースではキズナのダービー以降勝てていない
ただしキャロットは今年は不振 重賞勝利がリスグラシューだけと
6月の1歳馬募集に影響しそうであり勝負トーンであるのは間違いなのだが。。。


リピーターが多いレースである
ストレイトガールは14年が3着も15.16年を連覇、ヴィルシーナも13.14年を連覇、
ホエールキャプチャは12年優勝・13年2着、ブエナビスタは10年優勝・11年2着、
ウオッカは08年2着・09年優勝と5頭が2年連続で連対している。

この点から昨年のこのレースを勝てたAリード 2着デンコウアンジュ 3着ジュールボレール
2年連続参戦のLドンキなどは期待されそうだが

昨年はやや重馬場で時計が1.33.9 今年は良馬場でBコースとなることが濃厚であれば
先週のNHKが1.32.8 一昨年のVMが1.31.9であるので 32秒台となるとAリードには
やや不安はある。ただし叩きで使われた0.1で且つ先行有利な展開であれば
割引にはならない

4連勝のミスパンテール
非社台生産の寺田オーナー馬で昆先生=横山コンビ
デビューから競馬を教えてきたアエロリットに今回は騎乗しないのはほぼ前回より
決ったいた状況。 それゆえ敢えて本番Bコースの先行有利の競馬を試し
逃げ切り勝利の阪神牝馬

リスグラシューとは2勝2敗であるが課題は東京コース
オークスでは距離も向かないことで大敗している 左回りがそれ以外経験なく
高速時計への対応が1.33.5が最速であるのでやや不安


阪神JF オークスと牝馬G1で2勝のソウルスターリングであるが
休養明けとは言え前回 先行位から動き直線で失速
気性的な成長がやや欠けることで大敗
スピードはあるが昨年の毎日王冠で折り合いを欠いて以降
非常にルメール騎手が乗りこなせていない点から大きな変わり身はどうだろう

昨年同様のローテで挑んでくるレッツゴードンキ
高松宮の後 香港をスルーしてここ
ストレートガールと同じオーナーサイドの要望がありきの参戦であろう
一昨年、昨年と1.4差 0.9差でありスプリント色が強く
1.32秒台となると不安である。


戸崎に変るアエロリット
NHKのレポートなどでお伝えしたようにNHKを1.32秒台で走る優勝馬がその後
活躍が少なく 早期に引退やスランプになることがあかされており
この馬クイーンS優勝後に秋華賞で7着 休養を経て中山記念で2着
なのでこの馬だけはレアと言えるが
ヴィクトリアMを目標とするなら何故中山記念なのか
体の成長はあるが疲労が抜けるのに時間が掛かるという点
今回は主戦が騎乗するミスパンテールがどこからでも自在に動ける上
この馬の弱点を熟知していること この辺りは嫌な材料

菊沢師とすればG1での活躍 重賞は概ね義兄のこの横山騎手
サンデーR主導とは言えベストコンビではないのは確か


さて個人的にカワキタエンカは人気の盲点となるので注目
恐らくハナは取れるだろうし中山牝馬は53キロの恩恵があるにせよ
相手が揃う中での快勝 福島牝馬で激しい後半で盛り返して2着
今回戸崎、横山が番手であろうからスローに落さずに平均ペースで行ければ
しぶとい粘りが期待
ローズSでは1.45.7で2着 高速には対応可能

さらに穴となるのがG1桜花賞馬レーヌミノル
スプリント路線に転じたがワンパンチスピード力が欠ける印象
前半緩くなる1400-1600の方がいいタイプ
MCSではペルシアンナイトの4着でイスラに先着
阪神Cではレコードの0.6差 モズとは小差であれば牝馬同士なら先行策から
警戒すべきであろう


昨年2着デンコウアンジュ 3着ジュールボレール

デンコウはこの条件はベスト 前回で動けるようになり
ある程度時計が掛かれば上位に食い込んでいいタイプ

ジュールボレールは出れるとは考えていない中の参戦可能となり
陣営のトーンがどうなのかだが
こと1600に限れば掲示板外0 相手なりに走れるので人気はないだろうが
注意は必要だろう


第二の敬愛軍団
クイーンズミラーグロだが15年ケイアイエレガント同様に出遅れがなければ
オーナー先週G1制覇で不気味
ベストはコーナー4つの1800なんだろうがクイーンSではG2優勝のクロコスミアに
先着。前受けできればカワキタのペース如何では無視出来ない


後はクラレントの妹
レッドアヴァンセ

先週妹と弟が東京マイルで勝利と三着
このコースなら期待していい
東京マイルで中山牝馬二着フロンテアクイーン
に勝利しており勝てないまでも上位に入るレベルにあるとは考える
牡馬より活躍する馬が多い東京ホースレース
人気無い北村友一だけに不気味


最終決断はこちらにて
承ります。

umacollabo_new_banner_victoriamile