競馬

天皇賞春の鍵

0
さて天皇賞春
キタサンが引退 サトノDやサトノクラウン スワーヴ アルアインと不在
レイデオロも不戦となる今年の天皇賞春

G1馬は昨年このレース2着のシュヴァルグラン1頭だけ
2005年スズカマンボ Bゴールドの22万的中当事に似ている
ハーツクライが敗れた年


シュヴァルグランが大阪杯で叩きであろうが13着とタコ負け
逃げたヤマカツライデンを交わすことさえできない低落振り

そもそもここ目標にするなら阪神大賞典を使うのが筋
同じノーザンの事情で使い分けてレインボーラインに重賞タイトルを取らせた形
であるが それにしても後方にいたヤマカツエースに並ぶことなく差し負けは頂けない

大阪杯当事の見解は

距離は若干忙しい2000m。決してベストとは言えない条件面も含めて、
あくまでココは本番にイイ形に向かうための一戦という位置付けに間違いはない。
しかし、関係者が訝しがるほど、この中間の攻め馬が実に意欲的。
2000mの流れを意識した稽古も行っており、少なくとも中間の気配だけならとても
叩き台とは思えない仕上げ方。

それ故の負け方がよくない

ハーツクライ後継としてG1タイトル ジャパンCを制覇しており
種牡馬として問題ない勲章を手にしており 前記した勝つことで種牡馬の価値を下げる
G1に敢えて出る意図はオーナーサイドの名誉 或いは胴元の参戦要請であろう

京都下り坂でのスピードに乗るということが不得意であるのは
昨年当事から陣営から言われていたこと
その昨年はレコードという流れでスピードに乗るということが容易になる流れであるが

キタサンBが主導する流れが今年はないわけで。
持久力勝負になる傾向になりそうでボウマン騎手とて目標とする馬がいなく
逆に目標にされる競馬 前受けするようなら格好なターゲットとなる
ことからJCのような競馬はするか 疑問


長く脚が使える点からレインボーライン サトノクロニクルが浮かぶが

レインボーラインは阪神大賞典がメイチ 高速時計の京都より
タフな阪神がいいタイプであり 正直時計勝負では分が悪い
菊2着はあるが サトノが早々に前を捉えたことで生じた展開であり
展開に左右されそうだ

逆にサトノクロニクル長く脚が使えることから池江師がステイヤータイプと
して菊へ参戦 不良馬場で殺がれたが 前回がしぶとい脚で持続力を
いかせて賞金加算で予定通りの参戦

オーナー的に春はサトノダイヤモンドが状態一息で早々に
天皇賞は眼中になく クラウンをドバイ遠征しているようにオーナー個人的に
ほしいタイトルとしてここは獲り 凱旋門も念頭にある様子
そのための有馬記念トライであり京都コースも不良の菊を除けば
2-2-0-0であり全て外コースであれば機動力に強い印象

外国人騎手ルメール、ミルコが今回は伏兵レベルに騎乗
2000年以降でこのレース優勝した外国人騎手はウイリアムズだけで
ルメール、ミルコは3200は勝てていない

アルバートは昨年川田騎乗で5着 一昨年はルメールで6着
G1では掲示板があればいいと陣営に言われているほどの馬で
今回掲示板があればベストというトーンであろう

ミルコが騎乗するのが日経賞5着トーセンバジル
香港以来の競馬で使われて仕上げて来る藤原厩舎
昨年はこのレースで8着も四位騎乗で後方からレースを進めてのものであり
度外視 京都大賞典では前受けして2着
ある程度の位置で運べていければ上位は考えられそう

オーナー的に天皇盾は秋に獲得しているが春秋優勝を欲しいところだ


個人的に穴となればカレンミロティック スマートレイヤーは今年の面子なら
圏内も十分だろう

10歳だから 牝馬だからという眼鏡を外せば
カレンミロティックは一昨年の2着であり 豪州遠征で崩れたがここへきて
5着と持ち直しており これがラストとの引退レースらしく仕上がりは抜かりないと
伝わるところ オーナー的にもカレンチャン以来久しくG1取れていない
せん馬であり前記した勝つことで種牡馬の価値を下げることもなく

来たるセレクトセールへの資金が増えるという算段

スマートレイヤーは牝馬で8歳であるがシュヴァルグランに勝利の京都大賞典
エリザベスでは6着も0.3 勝利のモズがドバイで6着サトノクラウンに先着
香港Cではネオやステファノスと小差 2着馬と差がない競馬から
能力的に長い距離であれば早い上がりを要求されないし
爆発力は秘めていると考える


穴人気になりそうなガンコ チェスナットコート
芝に転じて1000万勝利後ハンデ重賞で3着 1600万で勝利 G2まで勝利と
本格化 逃げないで先行位から競馬でスパートする競馬で前回勝利
いかにも天皇賞を意識した競馬
ただし例年に比べると粒が小さい日経賞レベルで上位人気なるレベルとは
どうか 

チェスナットコートは窪田オーナー二頭使い
前回、果敢にG2へ 天皇賞に出るのでメイチと陣営が述べており
上積みという点はどうだろう
但し、眉毛騎手は天皇賞春など長い距離で成績を挙げており
この馬自体が京都コースはいいタイプ
勝てないまでも今年のメンバーなら上位食い込んでいい



クリンチャー
海外志向の強いオーナー 既に凱旋門に登録している
無論豊込みでの参戦希望でありそれだけに騎乗停止は青天の霹靂

ただし持久力はあるが時計勝負にはやや分が悪い
乗り替りの三浦騎手だけに割引


ミッキーロケット
同じオーナーのミッキースワローを大阪杯に使い昨年と異なり
敢えて参戦。音無師が2000中心に使うと示唆した中京戦で2着
その後反故にして2400 2200を使われているが昨年より言われているように
右回りでは内にささるので消化不良のレースが多い
その辺りの悪癖が解消されてくれれば実力的に菊5着から今年の相手なら
食い込んでいいのだが。。。。スタートで五分に出れればと条件がつく


正直ここまでだろう

トウシンモンステラ ピンポン シホウ トミケンスラーヴァは10着まで入れればの
参戦。
ヤマカツライデンも昨年に続いての参戦であるが高速時計ではどうか
番手の馬が手ごわいので不良馬場で大逃げ出来ればだろうが考えにくいので
8着なら御の字


最終決断はここで参加可能
http://omowaku-keiba.jp/blog-entry-4383.html

春天18



天┃皇┃賞┃無┃料┃公┃開┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

PR━━━━━━┓≪うまコラボ≫
┃北条直人  ┃軸馬簡単確定
┗━━━━━━┛3連単が3回に1回
https://www.collabo-n.com/lp/cheer/?ad_id=3297
________________△


PR─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┓
│無│料│会│員│登│録│で│
┗─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┛
天皇賞プロ予想が見れる=↓↓↓
http://high-voltage.tokyo/?r=3297


umacollabo_new_banner_tennousyo

東京競馬京都競馬新潟競馬