競馬

日経賞のツボ

0
キセキが参戦となるが非常に危うい感じ

不良の菊は優勝しているが 広いコース向きの末脚勝負のタイプ
機動力はあるがそこまでの早い流れになりそうにないのが中山2500

人気になるが内コースは3歳すみれS以来でその時には3着に敗れている
本質芝の状態を考えたら先週の阪神大賞典のほうがいい気はする
相手を見ての参戦であろうけど 磐石とはいいがたい1頭


逆に日経新春杯で◎のロードヴァンドール
当時騎手サイドがステイヤーだよとこぼしていたことからここは展開利も望めそうな
印象。56キロなら十分期待出来るのでは?

ノーブルやガンコが番手の競馬になりそうで競ることは横山J相手にしてこないだろうから
注目である。


ここへきて本格化してきた印象のガンコ
自己条件で快勝 負かした馬が先週に勝利しており番手でジリジリ伸びる馬で
荒れている中山の馬場も十分対応可能であろう
後は関東圏の輸送の競馬が初となる点であるが5歳ですし大きな心配はないように考えられる。


香港で3着のトーセンバジル
本質広いコースがベストであるが内コースの勝利もあり、絶好調の藤原厩舎だけに
侮れない。本質ベストは2400であろうし休養明けであるがここ勝負と考えられる
コース相性も悪くないので天気だけであろう


ソールインパクトは東京専用機で相手なりのタイプ
中山コースでは勝利はあるが 条件戦でも3着が多いこと
斤量増があり大きな期待はかけ難い


中山記念からの参戦のサクラアンプルール
ベストの1800で後一歩 有馬記念は直線不利を受けてインでどん詰まり
内枠でインべたでどこまでやれるかが鍵


最終決断はここで

http://omowaku-keiba.jp/blog-entry-4294.html


宮記念


umacollabo_takamatsunomiya


阪神競馬中山競馬中京競馬