Welcome to my blog

競馬

フィリーズレヴューのつぼ

0
過去10年で社台系が強い牝馬レース

17年カラクレナイ  16年ソルヴェイグ アットザシーサイド2
15年クイーンズリング 12年アイムユアーズ
11年スピードリッパー2 10年ラナンキュラス2
9年ワンカラット アイアムカミノマゴ2


13年と14年は非社台が連対であるが
ベルカントは重賞勝利があり メイショウマンボとナンシーシャインは前走で500万勝利で
4番人気以内の支持があり 1勝馬の優勝は前OP戦からではないとない


今年も社台系がアマルフィコースト アリア アルモニカ 
アンヴァル アンコールプリュ キープシークレット
 コーディエライト デルニエオール
トロワゼトワル モルトアレグロ
ラテュロス リバティハイツ
レッドシャーロット レッドレグナント

 と14頭が登録 

1勝馬は12頭で4頭が抽選で出れるのでかなり狭い門である。

実積上位のモルトアレグロは紅梅Sで優勝しており
賞金的に桜花賞は問題なし ただしマイルCに行くようなら賞金はやや不足か
ベストの1400なので勝負気配は本番よりここという感じ
特に嫌う理由が少ない

アマルフィコーストは脚の不安が出て阪神JFを使えなく ようやく使えるという算段
中京2歳の賞金があるが1200万なので多少不安ありであるが
中京2歳Sのレベルが高くないので過大評価は、禁物では?



個人的にまずは、サンデーRデルニエオール シルクRアルモニカ
は注目したい

桜花賞にそれぞれクラブ馬として2頭は参戦の予定であるが
思惑的には、やはりこの二頭出したいところであろう
デルニエオール は、オルフェーヴルの妹で馬名の由来通り母の最期の仔

当然将来的に繁殖の期待が掛かる馬であり
前回の勝利で2勝目 前回の競馬も紅梅S3着馬に勝利しており力的に通用のレベル
厩舎的に人気になるだろうけど 末脚は非凡

アルモニカは東京1400で番手から抜け出し押し切り 
負かした馬がマウレアと好勝負のレベルの相手であり
16年のソルヴェイグに似たようなタイプであり要警戒

クラブサイドが期待していたサロニカが先般4着で本番の権利を逃しただけに
3頭使いを目論むクラブとすればここはメイチ


ブラックシェルの下となるアンコールプリュはノーザン&金子オーナー
前回のレースも負かしたオジョーノキセキがその後500万勝利でOPで2着
陣営サイドもG1に参戦させたい1頭であろう

東京HRの2頭ではレッドレグナント
サフラン賞ではアルモニカ同様にミュージーアムヒルに勝利
上がりの掛かる競馬がいい様子でクラブとしてもエルフィンS勝利のRサクヤに
続けて欲しい1頭であろう

後は例年 必ず出て来るキャロットFがいない

それゆえ1勝馬を含めて 5頭登録の社台RHはなんとかしたいところだろう

特に1勝のリバティハイツ トロワゼトワル ラテュロスは期待が大きい
中でトロワゼトワルはフェアリーSで出遅れてのヘグリがなければ上位の入線十分の
競馬をしていただけに抽選で通るようなら注意したい


金中



collabo_fillys

阪神競馬中山競馬中京競馬