Welcome to my blog

競馬

【S重賞】最新情報が報告です。

0
今週末(2/17,18)の出走メンバー確定後も、
現地で情報収集を行っているN氏より、今週日曜(2/18)に【大勝負重賞】として公開される

≪フェブラリーS(G1)≫
≪小倉大賞典(G3)≫

に関する報告が届きましたので、

[最新情報]としてお知らせします!!

フェブラリーS(G1)について
競馬週刊誌を見ても印がバラバラのように、世間のイメージは“混戦”のフェブラリーSだが、
S級情報馬の存在を知っている諸氏いわく
『断然の1強』なのに人気割れはこれ以上なく有難い限り。

S級情報馬について、関係者に改めて話を聞いたが

十中八九、勝てる』そう断言できるだけの自信はあるし、
それだけの仕上げはしてきたつもり」


と強気な声が再度飛び出している。

ちなみに、レース全体について、言える範囲で言うならば、

『ゴールドドリームとテイエムジンソクの2頭では決まらないだろう』

ということ。平穏な決着にはならないだろう!


小倉大賞典(G3)について

マスコミの注目がフェブラリーSに集中している分、重賞であっても
小倉大賞典に対するマスコミの扱いは低いし、実際に大した取材もせずに印を打っているときく。 

情報馬について、関係者に改めて話を聞いたが

「このメンバーなら勝って当然。先々のG1へ向けて勝ち方だけが焦点だよ」

と負ける事など全く考えていないムード。

ちなみに、高配当の肝となる人気薄大ヤリ関西馬は、某競馬週刊誌で

『完全無印状態』 馬券に絡んだ瞬間、配当がド跳ねするだろう。

馬券に絡んだ瞬間、配当がド跳ねするだろう。

【大勝負重賞・2連発(フェブラリーS・小倉大賞典)】は、

事前情報も中間の裏づけも完璧。あとはレース当日を待つばかりの状態!!

この2鞍、見逃す理由ありますか?
いいえ、ないでしょう!!

フェブラリーSと小倉大賞典の2鞍で
大量払戻しを手にしたい方は、

受付終了となる前に、

できるだけ急いで
参加枠を
確保してください!!
http://omowaku-keiba.jp/blog-entry-4217.html

オムモ太郎

ふぇ18
東京競馬京都競馬小倉競馬