Welcome to my blog

競馬

シルクロードSのつぼ

0

2016年◎ダンスディレクター
◎◯馬連一撃本線2440円的中

2015年も◎アンバルブライベンのメイチ
賞金加算必須のサドンストーム☆
鈴木康師のラスト重賞になるかもしれないセイコーライコウも12人気△
 ◎☆△で三連単80310
三連複21400  馬連1620円  ズバリ一撃的中

兎に角荒れる傾向

過去10年 一人気で勝てたのはロードカナロア ジョーカプチーノだけ

逆に2桁人気が例年台頭している

16年ワキノブレイブ 11人気  55キロ
15年セイコウライコウ12人気  57キロ
14年リトルゲルダ   13人気 53キロ
13年メイショウデイム 11人気 53キロ
12年ケンブリッジジェル 16人気53キロ
11年アーバニティ    14人気57キロ

など波乱そのもので 差し追い込んで来る馬の2着3着が多い

さて今年 ハンデ上位は昨年このレース2着のセイウンコウセイが58キロ
高松宮を勝利した後は2着すらない低迷振り こと前回はベストのやや渋る馬場で7着
どうやらG1を勝てたのは馬場の影響もありきの勝利で定量戦56でこの低落から
巻き返しは厳しいのでは? ソコソコ毎回人気になるが正直微妙で不良馬場ならという印象

次いで57.5のニシケンモノノフ

前走のJBCスプリントで悲願のG1初制覇を挙げたが
いきなり芝の1200シルクロードS参戦が決定。
芝のレースは3歳2月のクロッカスS以来4年ぶりで、一見無謀とも思えるこのチャレンジですが、
陣営はかなり色気を持っている様子とN氏。
根岸Sにも登録があるのですが59キロという斤量がヘビーであり
騎手サイドの進言もありきの様子
 
深いダートを使ってきたことで筋肉量が増えてきたことで1400~1600mくらいでもやれていたが
完全に筋肉の付き方がスプリンター仕様と陣営。
ダートでも脚抜きの良い高速馬場が得意なので、スピード的には足りるんじゃないかとは
厩舎の話。 

今の京都芝は昨秋の不良馬場の影響でかなりボコボコしていて走りづらい状態。
馬場にマッチしてくれるんじゃないかと。
蹄を見た限りでは芝も普通にこなせると思いますし、ナメられているようならチャンスが回ってきますと
馬の適性を最優先した結果がこのシルクロードS参戦。
穴で警戒しておいて損はない存在だろうとN氏
セイコウライコウ同様に両刃使いであり十分臭いますね

ファインニードルが57キロ
G2勝利で出がらしでG1に参戦も12着 
休養明けであり今回は多少本番を見据えた競馬になりそうで坂のある阪神向き

ダイアナヘイローは牝馬ながら55キロ 実質57キロ
平坦巧者で輸送がよくないので京都コースは歓迎であり
福島師が引退間近であり 休養明けでも勝負トーンは高いので斤量だけか

Aミノルは56キロ スタートセンスは上位のレベル
前回勝負トーンで惜敗が痛恨 同系のNビーナスとの兼ね合い次第であるが
今回は豊ではないので人気も落ちるので内枠引ければ警戒

セカンドテーブルは56キロ
昨年このレースで3着 京都コースは得意の馬でオーナーご用達の騎手
人気になりにくいので今年も注目でしょう

忘れてならないのがナリタスターワン 55キロは恵まれた印象で
前回を叩いての変り身には警戒で2キロ減の今回前傾のレースになれば
北九州記念同様に強襲も期待したい

後はラインミーティア キングハート Mラブソング
特に関西馬の人気薄が多く台頭することからMラブソングには要警戒
昨年は殆ど死んでいたがようやく前回で勝利
元来16年は金杯3着や阪急杯4着と実力は上位のレベル
7歳になるが全弟が既にOPに昇級しておりここはヤリの生産サイドであろう


最終決断はここで参加可能
http://omowaku-keiba.jp/blog-entry-4158.html


BlogPaint



うまコラボ_シルクロードS

京都競馬東京競馬中京競馬