思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから9年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。                           メルマガも丸創刊8年目!
-

中山金杯のつぼ


ハンデ上位が今年は57キロのマイネルミラノ1頭
明けて8歳となるので正直近走からの変り身は期待薄

ここは同じラフィアンのウインブライトの露払いの役割りになるのでは?

この馬が出ることでウインブライトは重賞2勝してながらハンデが56キロにとどまる
こと。さらにレースでこの馬が逃げてウインに有利なペースを作ることが
福島記念同様の仕組みであろう

そのウインブライトはコースはベストであろうしステイゴールド産とすれば
ベストのコース 東京などの上がりの勝負では厳しいのでここは勝負と考えられる


明け4歳でダイワキャグニーは重賞勝利がない中で56キロ
ウインブライトと比較してやや見込まれた印象であり 中山コースは苦手
オーナー地元となるが右回りでは凭れるところがありやや期待しにくい

同じ様に重賞勝利がないのに56キロがブラックバゴ
中山コースなどのコーナー4つの距離はベストであり今回シルクRが二頭出しとなる
近走は差しから捲くりの競馬であり 僚馬セダブリランデスが先行してくれることから
流れ次第では侮れない

弥生賞勝利のカデナ 明け4歳で56キロであるが 復帰後の競馬が9.16着
天皇賞は不良馬場であるが神戸新聞杯では休養明けであるが些か負けすぎ
成長力がややないように思えるし 本質ためる競馬の方がいいタイプに考えられるし
厳しい感じ


セダブリランデスは55キロ 古馬緒戦のG2で3着 勝利のスワーヴが有馬記念4着
しており能力的には通用のレベル
レース振りに器用さがあり 小回りの方がいいタイプでパワー勝負も不安なし
負かしたサトノクロニクルやウインガナドルが重賞勝利や重賞上位の競馬をしており
条件的に内枠を引ければ期待出来るレベル


54キロではトーセンマタコイヤが人気になりそうだ
中山2200で500万当時ゴールドアクターを破り、中日新聞杯を勝ったメートルダールとは
勝ったり負けたりを繰り返していることからも、能力自体はここでもやれるものがある。
使える脚が短いことから中山コースは好転  
ノーザンFとすればMクイーンの弟になるので重賞勝利が欲しいところであろう

ストレンジクォークも54キロ 得意ではない道悪の前走で素質馬を破り勝利
この馬も中山コース3勝 唯一の凡走がワンターンの1600でありコーナー4つの
中山競馬では崩れていない メイショウサムソン産であり上がりの掛かるほうが
いいタイプであり小島師が今年の2月で定年引退 厩舎とすれば重賞タイトルから
久しく離れており力が入るところであろう 要警戒である。

レアリスタは55キロでここまで過去右回りを3回使ってすべて2桁着順
本質的に東京コースのワンターンがベストで器用さがない
人気サイドになるので 過大評価されすぎなら押さえが妥当

前回で2着となった明け8歳牝馬のデニムアンドルビー
金子オーナーの全持ちのため繁殖に入れずでありそれなりにワンターンの直線が長い
コースならやれるだろうが 中山2000となるとこの馬にとればベストとは言えない
それなりに人気になるが押さえレベルであろう


後は54キロのアウトライアーズ
東京コースでは使える脚が持続せず ベストは中山のようなコースであろう
皐月賞以外は中山では崩れていなく ウインと斤量2キロ差なら上がりの掛かる
芝がいいヴィクトワールピサ産であり注意は必要と考えたい

最終決断のご参加はここ
http://omowaku-keiba.jp/blog-entry-4103.html


i-inu117

 うまコラボ_金杯

該当の記事は見つかりませんでした。

Trackbacks

trackbackURL:http://omowaku-keiba.jp/tb.php/4111-dfd0c7fa