Welcome to my blog

競馬

阪神JF 社台Gの運動会

0
生業としていることから社台Gとすれば牝馬のG1は
何が何でもほしいタイトルですが

特に今年の桜花賞で非社台系に取られたこと さらにエリ女王杯でも
非社台系の馬に優勝されたことから牧場サイドとしては落とせないところでしょう

また近年サンデーRとすればメジャーエンブレムが早期引退したことで
3歳G1での活躍が少ない点と同時に傍系であるキャロットの活躍に
比べて脇役になりつつある
観点からも期待が大きい1戦になりそうです。

登録馬23頭中アマルフィコーストは回避ですので
11頭が登録です。



ノーザンF
コーディエライト キャロット
#ソシアルクラブ  サンデーR
#ハイヒール          石川氏
ベルーガ     アンダーソン氏 
ラッキーライラック サンデーR
リリーノーブル     サンデーR  

社台F
#サウンドキアラ      増田氏
#トーセンブレス   島川氏


白老F
#ラテュロス    サンデーR
ロックディスタウン  サンデーR

オーナーズ系
モルトアレグロ      吉田千氏


現時点では#の一勝馬は抽選で8頭が可能


メジャーエンブレムから的中をお届けした一昨年は、1
0人気ウインファビラスが2着となり高配当的中!
さらに12年15人気クロフネサプライズ(2着)、10人気レッドセシリア(3着)が
馬券圏に入り3連複49万、3連単300万馬券と大波乱に。
このように、昨年のように堅い決着もありますが、
基本的には競馬ファンが作るオッズに反した結果になりやすく、
情報的には今年も下馬評通りの結果にはならないでしょう。

直近4年でも16年ソウルスターリング(藤沢和厩舎)、15年メジャーエンブレム(田村厩舎)、
14年ショウナンアデラ(二ノ宮厩舎)の関東馬が3連勝。
また、前走別の勝利数では500万条件組みが3勝
重賞組みは4勝、新馬、未勝利、オープンがそれぞれ1勝を挙げている。


人気の1頭は関東馬ロックディスタウン
札幌2歳を優勝しての参戦でオルフェーヴル産で白老Fの期待大であろう
デビューから1800を使われているように3歳クラシックを意識した使い出し
屋根ルメールであり昨年同様に勝利も十分であるが

ことサンデーRであれば目標はオークス そしてその先の大きなレースを期待されてる
目先の2歳G1でメイチで来るとは中々考えにくい
それだけの素質はある馬であれば尚更であろう
札幌2歳のレベル自体も高いとは言い切れない

2着馬はその後の500万で取りこぼしているし3着馬は当時道営馬で
サウジアラビアRで6着 その後中央に移籍している 4着馬はアルテミスSで
12着 京都2歳Sで5着と微妙であり

ここ3年の関東馬との異なる点が滞在競馬しか経験がない点は気になる
ソウルは東京への輸送経験していたし メジャーも同じ ショウナンは新潟東京と輸送の
経験有でこの辺りは、どうであろうか

ついで人気はラッキーライラック 
重賞アルテミスSでキャリア1戦で挑んで勝利 スローの上がりの競馬で好位から
34.7の脚で快勝 オルフェ産であり当然期待の大きい1頭であるが
デビューから騎乗の石橋騎手とすれば久々のG1戴冠のチャンス
1600で2勝 坂の東京で克服しており阪神コースの不安は少ないであろう

同じ位の人気になりそうなのがベルーガ
G1に連動しないファンタジーS優勝からの参戦であるが現時点での完成度は1番
特にコーディエライトの勝ちパターンの中 後方から強烈な末脚で捉えた内容は秀逸
外国人オーナーでありノーザンFとすればタイトルを取らせることで大きなPRとなるのが
明白 キンシャサ産であり早い内に稼げるタイプでありその辺りを見込んでオーナー
も購入しているに違いない クリスも桜花賞優勝の同じ舞台

今回この馬は川田が騎乗の予定でクリスはモルトアレグロに予定されていた
ところが1週前に急遽アマルフィーに騎乗の打診になるが回避
これによりクリスはベルーガに騎乗という経緯

ノーザンがどれだけ買われているかわかる騎乗背景である。

秋のG1で豊以外全て外国人騎手という流れに乗ればこの馬に大きな風であろう


その他の社台系では抽選対象であるがトーセンブレス ラテュロス辺りであるが
ラテュロスはインべたで好位追走からサヤカチャンをかわせなくまだまだの様子
トーセンブレスは1人気におされたが外枠から終始外を回るスローの中で展開不向き
展開に左右されるタイプであるので大きな期待はしにくい

ソシアルクラブはブエナビスタの仔であるが新馬での勝ちっぷりは非凡
出れたらぶっこ抜くだけのレベルであろう。

コーディエライトは新潟2歳2着で前回も2着 ベストは1400であろうし
上手く逃げても3着があればいい感じに映る
リリーノーブルは2勝馬であるが中1週のローテが不安


モルトアレグロ も1400で勝利しているが不良馬場で僅差の勝利
レースレベル的には疑問であり1600についても不安あり
ダートでデビューさせて函館2歳取り消し後 門別の重賞を目指していたくらいで
良馬場の時計勝負では分が悪い


そうなると非社台の中でのマリエラに注目である
手塚師が強気のトーンでいた前回◎で的中
出世レースである赤松賞で僅差の勝利であるが競馬の内容は評価大
特に2.3着馬がデビュー以来圏内を崩していないレベルであり非凡

馬群をつける点 アユサンの下であることから上位に食い込んでいいレベル

マドモアゼルはりんどう賞でサヤカチャンに勝利しており
負かしたスズカフェラリーがファンタジーSで4着ということからOPレベルでそこそこ
戦えるレベルであろう



最終決断から浮かびあがるのは〇頭

中で人気の〇〇〇は。。。。

有力馬の1頭である社台RHアマルフィーコートが回避したことで
大ヤリ関西馬に取れば〇〇が濃厚と言える状況とN氏

世界的戦略からあの馬に勝利してもらいたいのが生産サイドの本音であると諸氏

大物関係者が有り金勝負を宣言する程の情報馬であり、
今回はココを目標にメイチの仕上げ!


情報の性質としては、ジャパンCの◎シュヴァルグランと比較しても遜色ないレベル。

さらにアノ実績馬は過剰人気。実は公になっていない不安話がある

普段は滅多にお目にかかれないケタ違いの衝撃スクープ!
あの人気馬が〇〇〇というオフレコ

今回、極秘入手した『阪神JF』の超極秘ネタは例年を凌ぐ

 \\\\\/////

【【 衝撃度MAX 】】

 /////\\\\\

 これほどまでに

『馬券で勝負したい!!』

と思わせる強力G1情報はなかなか無い!!

ここでご参加可能

http://omowaku-keiba.jp/blog-entry-4040.html



JF17




無題


阪神競馬中山競馬中京競馬船橋競馬香港競馬