FC2ブログ

思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから9年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。                           メルマガも丸創刊8年目!

ファンタジーSのツボ

さてここ3年波乱サイド 昨年は1人気ミスエルテが勝利したが
逃げた14人気が2着。15年は1人気ブランボヌールが3着で5.6人気が1.2着

14年は14人気が勝利しており大波乱

この3年に共通しているのは逃げ先行粘りが大半であり
穴狙いに徹した方がいいのかも

人気上位が予想されるのがアマルフィーコート コーディエライト アーデルワイゼ
ペイシャルアス辺りであろうか

アマルフィーコート
社台RH馬で中京2歳Sを勝利 ただし7頭立てであり2着アドマイヤルンバは
その後3戦して勝利したという状況 3着馬ももみじSで3着であるが先週の500万戦では5着
というレベルで相手に恵まれたと言える
差しタイプなので取りこぼしもありえるレベルである

コーディエライト 
新潟2歳では的中に貢献した馬 先行逃げのタイプで距離短縮はプラスでしょう
3着テンクウがサウジアラビアRCで4着ですのでレベル的には、牝馬限定なら
期待はしていいのでは?G1レーシングのクラブ馬
阪神JFには賞金的に1000万でほぼ当確しており 夏以来の競馬で叩きとも
考えられるのでメイチではない感じ

アーデルワイゼ
シルクR馬で新馬勝利からの挑戦。 3馬身差で勝利しており番手から抜け出して
上がり34.5は優秀 ロードカナロア産であり新種牡馬であり期待は大きい
ただ将来性があるだろうし 社台系の生産馬で控えることもあるので
何が何でも前受けしてくるとは考えにくい


ペイシャルアス
本来であれば3勝馬。未勝利戦で2着に降着にあい、陣営のプランが崩れて
小倉2歳は連闘で6着 カンナSは体が増えて当日輸送も克服しての好位からの勝利
非社台生産馬の人気が比較的ないタイプが波乱を演出しており
ソコソコの人気なら期待は大きい

ボウルズ
社台F生産馬であり サウジアラビアRCで小牧騎手が斜行して騎乗停止になる
馬。まだ正直幼い面が多分にありきであるがレコード時計のタイムで4着テンクウとは
0.4差であり 時計が掛かるであろう今回の京都は先行出来れば注意は必要

モズスーパーフレア
小倉二歳では◎にしたが前半33.3の早い流れを二番手で深追いして
騎手のヘグリで直線で失速 同じ厩舎のアサクサゲンキが勝利するという皮肉でしたが
今回使い分けでアサクサは京王杯に参戦であり関西馬主の北側氏の馬であれば
厩舎とすれば成果が欲しいところで好位で折り合えればスピードは上位であり
押し切りは期待

スズカフェラリー
りんどう賞で3着 5着のサヤカチャンが先週のアルテミスSで2着したことで
人気になりそうだが アルテミスS自体の重馬場で行なわれて後方にいた馬が
脚を余すレアな競馬であり 過信は禁物と言える


レグルドール
九州産とは言えフェニックス賞では、2着でありそれなりのレベルにあり得る
ただし中央開催の1400となるとやや足りない部分がありそうで厳しいか


ニシノウララ
不気味なリーチザクラウンの仔 2歳から3歳初春に掛けて走る産駒
かなり濃い相手に4着なら及第点 輸送さえこなせれば前にいけるタイプで侮れないか


新馬勝利からの参戦が3頭
ダイシンステルラはコテコテの京都協会オーナー色の強い馬
オーナーは大八木氏 生産は八木氏経営のタガノファーム
しかも大八木氏に取れば思い出深いダイシンオレンジの仔
重馬場の新馬で13人気で勝利 今週の天気は大丈夫そうであるが
傷んだ芝であればこなせないとは、言えないでしょう

トンボイ
地元京都のオーナー馬であり阪神1200で逃げ切り勝利
距離延長は課題であり今回外コースとなるのでその辺りがどうか


ベルーガ
外国人馬主でノーザン生産馬 札幌の新馬で1人気でモレイラで4馬身差快勝
中盤で折り合い上がり35.4は最速であり中々 3着馬がすでに勝ち上がれており
レベルは低くない。この辺りは人気になりそうな材料でピンかパーを孕んでそう
素質は高いけどね

最後に
未勝利勝ちからの参戦 スノーガーデン
オーナーは地元京都所属の山上氏 騎手水口がこのオーナーの信任厚く
このオーナーの馬係りと言える存在
渋る馬場がむいたことで勝利したケースであるが先行馬が今回多いので
前ずぶになるようならやや重で上がり34.0の脚は、脅威
人気ないだろうし 現状の馬場の傷みから激走もあり得る


現状では個人的に注目は
ペイシャルアス ボウルズ モズスーパーフレア ベルーガ スノーガーデン
辺りかな


最終決断はここ
http://omowaku-keiba.jp/blog-entry-3955.html


AR


無題


https://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=3260 JBCここで公開