思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから9年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。                           メルマガも丸創刊8年目!

スワンSのつぼ


安田記念上位の馬が不在であり

スプリンターズSからの転戦が上位に支持されそうである。

レッツゴードンキとすれば1200から1400がベストであり京都牝馬勝利から
同じ条件で今回54キロ 1600は気性的にな面から3歳春以降は良くない
マイルCSよりここ勝負であろうし オーナー地元の開催であり渋る馬場も歓迎であれば
注目したい1頭であろう

セイウンコウセイは時計勝負ではやや難があり前回G1戦は、仕方ない。
先週の降雨の影響が残れば台頭出来るレベルであるが、懸念は58キロ
レッツゴードンキと今回は4キロ差であり前に行ける馬も少なくないので
時計が掛かればという条件がつきそうだし この後の番組が香港しかなく勝負気配は
あるが。。。。

函館SS以来となるジューヌエコール
脚の不安からスプリンターズSを使えなく休養明けでこの後のことからメイチというより
阪神Cがあり52キロであるが、トーンは高くないのでは?

関東馬キャンベルジュニアは、馬場が悪い京王杯で大敗
現状で距離1400は些か短い印象 馬場の傷みがどうかという懸念もあり
賞金的にG1参戦はかなり厳しい数字であり賞金加算は必要であるが
スローの上がりの展開で先行してなだれ込めれば台頭の余地はありそうだが
富士Sより相手を選んでのここと見れるが。。。


個人的にまず注目はサングレーザー
3歳春は無理なローテで崩れ 立て直したことで路線変更 500万から3連勝でOPイリ
2歳から好勝負してきた相手がハイレベルであり 前回の競馬では負かした2着馬が
その後OP入りしており 昇級緒戦であるが54キロ タフな馬場は未知であるが
G1レーシングとすれば期待の3歳馬の1頭でありG1参戦に賞金加算が必要であり
十分この相手なら通用と考えたい

3歳牝馬のカラクレナイ ミスエルテは52キロであり1400の重賞勝利があるレベル
ただし、ミスエルテは休養明けで初の古馬相手がG2  パンパンの良馬場向きであり
人気になりそうで過信は禁物

カラクレナイは距離が微妙の前回は休養明けもあれば、仕方ない
ベストの1400で展開次第ではあるが時計がある程度掛かるほうがよいタイプであり
意外な盲点となりそうで警戒すべきでは?


オパールSの上位の馬は前34.3の流れを追走した有力馬が垂れて
好位の後の馬がなだれ込んだレース
ハンデ戦であり今回はヒルノが1キロ増え ラヴァーズが2キロ増
1200がベストであるラヴァーズは少々きびしいか
ヒルノは阪急杯で追い込んで2着 前ずぶの展開が嵌る形であり 騎手の位置取り
次第では凡走もありき 前付け出来るかが鍵


ティーハーフは久々に56キロ 京都1400で3着があり 前回は前有利の競馬であり
展開次第ではチャンスは有り得る

トーセンデュークも直線だけの競馬でここところ着順は悪いが内容は悪くなく
良馬場であれば時計勝負に強く トウショウピストが飛ばすようなら注意したい1頭

人気下落のフミノムーンであるが前回は上記で述べたように前優位の競馬
今回1400で3歳時のスワンS以来の参戦で瞬発力タイプであり平坦京都で脚が長く
使えるかが課題

ムーンクレストは展開利の競馬で逃げ切り 昨年このレースで5着であり
再度スローで自分のペースで行けた際には、上位に粘れてもいい
渋る馬場が残れば尚更優位




天皇賞裏で社台勝負馬の爆穴情報をスクープ!

ここで便乗可能

http://omowaku-keiba.jp/blog-entry-3939.html


image


無題 秋天17