思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから9年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。                           メルマガも丸創刊8年目!

秋華賞を斬る

オークス馬がいない今年

昨年シンハライトがいない中で3人気ヴィプロスに◎で的中の秋華賞

今年もなにやら混戦であるが 実は。。。。


人気に押しだされるのがマイルC優勝 クイーンS優勝のアエロリットであるが
クイーンSからの秋華賞といえばアヴェンチュラが被るのですが
このクイーンSの勝利は正直過大評価は禁物
ヤマカツグレースやが控えて且つ行くであろうNフォーマルが出遅れて
マキシマムドパリが後手を踏んでヘグリ騎乗
クロスコミアが消極的な競馬が重なり 展開利があるレース

マイルC自体も先行有利の競馬で2着リエノテソーロが浦和でタコ負け
3着ボンセルヴィーソが古馬相手に歯が立たない2戦であり
展開に生じたと言えるレース

無論桜花賞5着があれば実力は十分であるが
2000に伸びる今回 同型カワキタエンカ サロニカの存在は厄介であり
特にサロニカは抽選対象ですが ラピッドランと同厩舎であり且つ同族
出てくると必要にからんでくる可能性は、考えられる

紫苑Sを勝利したディアドラは紫苑S後に、既にソウルが出ないことから
ノーザンの厳命でルメールとい経緯
タフな大外からの機動力勝負で勝利した内容は昨年のヴィプロス同様に
京都内2000では有望であろう

ノーザンとすればハービンジャーのG1制覇は願ってもないチャンスであり
機動力勝負になれば期待は大きい

リスグラシューはデビュー以来堅実で掲示板外が0
唯一馬券対象外が2400のオークスであり
春の実積馬で成績的には順調度から期待されるが 懸念は陣営が
前回当時仕上げすぎたという点 それゆえ好走してしまい本番での仕上げが
難しいと吐露してた点があるのは気になるところ

しがらきでガス抜きできればいいのだが。。。。

侮れないのがミリッサ 牝馬王道の石坂師であり
前回時インで折り合いながら直線壁で進を切り替える事象があり
かなりのロス それでいてリスグラシューと僅差

大外に進路を取れていれば少なくとも3着は十分であり
瞬発力タイプでシンハライトの下でありクラブ並びに生産サイドともに
春は無理させないで目標をここに定めて来た経緯からも
逆算してのローテであり 前回当時1500万なら出れるということから90%の仕上げで
あれば期待は大きい

佐々木氏からクビの福永騎手 秋の有望株はここしかないわけで
騎手とすればベテラン石坂師の援護で恩を変えしたいところ


同じようにオークス2着のモズカッチャン 前回は陣営の調整ミスであり
明らかに太い体 さらに内でドンつまりの競馬で殆ど競馬していない
二度目の騎乗のミルコ オーナーが希望した騎乗であり内コースに変ることもプラス
スタートで失敗がなければ巻き返しのチャンスはあるだろう


逆にローズSは馬場が渇き 展開もカワキタを追いかけた組が失速して
嵌る勝利のラピッドランはワンターンでの勝利であり内2000が不安であり
大外から追い込んでの競馬が大半で内枠に押し込まれると不安大
権利取りがメイチできたので上がり目はないだろし
前ずぶにならないと厳しいのでは


侮れないのが関東馬ポールヴァンドール
紫苑Sではインでスペースがなくなりかなり厳しい内容でありながら
機動力は備わり馬群を抉じ開けての3着は高評価すべき
先に抜け出したカリビアンゴールドとは僅差であり 相応の評価が妥当であろう


桜花賞馬レーヌミノルはワンターンの1800で有利に競馬が出来ると踏んでたが
騎手が控えさせたことで位置が悪くなり4角で先頭に並んだところで伸びきれない
競馬であり休養明けであり仕方ないところ 距離的に不安はあるが
内コースに変り昨年ジュエラーが本番で巻き返したように期待はある
好枠が引ければ番手で競馬をすることとスローペースになるようなら食い込んでいい


皐月賞にトライしたファンディ-ナであるが余裕残しが明らかであり
直線抜け出せるかと思われた前回、失速
精神的に揉まれる競馬が良くなく成長力にやや課題が多い
コーナー4つに変るのは好転するが頭数が多くスムーズな競馬が出来ないようだと
厳しいのでは?
フラワーC自体も2.3着馬がその後精彩を欠いており 正直どこまでか

最後に前回押さえは必要として12人気ながら5着メイショウオワラ
ジリジリ伸びてしぶとい脚が使えアブ二ールMに勝利しておりコーナー4つを克服出来れば
それなりの競馬になるであろうし忘れた頃のG1でのメイショウは注意したい



最終決断はここで公開です。


http://omowaku-keiba.jp/blog-entry-3905.html




image



無題bb


無題