思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから9年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。                           メルマガも丸創刊8年目!

セントウルSの鍵

開幕週となるので近年 先行逃げが有利である
昨年はBアーサーが1枠から逃げて押し切り
一昨年は、Aミノルが逃げて2着 2014年はハクサンムーンが逃げて2着



先行逃げ 内枠が鍵となりそうです。
人気になりそうなのがメラグラーナ フィードゥーシア ダンスディレクター辺りでしょうか
メラグラーナは高松宮記念は渋る馬場で仕方ないにせよ 休養明けとは言え
CBCでは10着 どうも関西圏への輸送が影響しているような感じで
前受けできなくてそのままというレースが続いているので信頼は置きにくい

フィードゥーシアは母ビリーブが制したここは期待されるが
前回アイビスSDで◎を指定した諸氏からは直1000がメイチでありそれだけに
上がり目という点は微妙
3歳以降は良積が平坦コースが殆どという点も坂のある阪神でどうだろうか

ダンスディレクターはシルクロード以来となる 高松宮記念を予定していたが
状態が悪くなり休養 陣営とすれば昨年も出れなく その後スプリンターズSに参戦
も大敗。昨年と同じローテでありここは叩きであろう


となると人気上位の馬に不安大であり

期待はそれ以外ということになりそうだ。


まずは北九州記念でインでごちゃついて殆どラスト100mしか競馬していない
ファインニードル 前回時にミルコが主戦馬サウンドオブアースを断り騎乗した経緯
を参加者さんにお伝えしたが、浜松S当時に騎手自身のヘグリで謝罪したことで
何とか乗り挽回したい経緯があり騎乗。 勝ちに行く競馬でインで壁となり
今回はなんとしてもの騎手サイド 殿下馬であり芝のG1を獲れるようなら
現状社台Gの1番手がルメールであり ミルコとすればダーレーと大きなパイプ形成
となるここは最大級のチャンス 現状でG1参戦はこの馬としては厳しい賞金額
メイチでくることは十分であろう


ついで北九州記念で逃げ先行ができなく凡走に終わる
ラヴァーズポイントは警戒すべき
昨年のこのレースで3着でありオーナー氏が地元阪神となる。
先行できない割りに前回も0.4差 逃げるタイプが少ない今回
内枠なら侮れない1頭


アルティマブラッドも同じようにファイン同様にインでごちゃついたケース
それでいて0.3。コース取りの差で同じ位置にいたナリタと明暗を分けた印象
阪神ではこれまで成果が出ていないが、坂のある中山で良積があり
社台RHの5歳牝馬であれば来年2月で繁殖引退であるので重賞タイトルは
欲しいところ。現状G1参戦は賞金的に厳しいのでここはなんとか賞金加算が
期待されるところ


アイビスSD優勝のラインミーティアについては前回がメイチ
昨年春から直1000に拘る使われ方であり 1200となると1000万以来
現状Sスプリントの首位がキーンランド勝利+函館SS3着のエポワス
G2なので3着付以内なら逆転は可能だが 如何せん1200でどうか

それならばヒルノデイバロー
二戦前先行させて2着となるが四位に変り前回は後方からのやる気なし
今回どういう戦法を取るかだが、古川ならある程度前受けイン差しを出来る騎手であり
枠順次第では注意したい



現場の諸氏の決断はここ

http://omowaku-keiba.jp/blog-entry-3815.html


秋競馬


無題nn