思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから9年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。                           メルマガも丸創刊8年目!

繁殖ビジネスのオークス

さてハイレベルと言われた今年の3歳牝馬
然しながら2400という距離適性があり
500万馬が抽選で1頭出れるという

オークス

桜花賞が伏兵レーヌミノルが馬場や展開利があり勝利してさながら
混沌としてきたオークス

さらにフローラS スイトピーSも伏兵が勝利や未勝利勝ち馬が勝つなどで
混沌に輪をかけている様子

ただし桜花賞5着馬がマイルC勝利 アネモネS4着馬がマイルC2着となれば
やはり桜花賞組のレベルは評価すべきであろう


レーヌミノル
桜花賞では☆の評価であり陣営いわくオークスは考えていなく
夏はスプリントを考えているので桜花賞は出れるので出すというオフレコ
屋根の強気な競馬と馬場状態が差し不利という状況もありきで
勝利してしまいましたというところ。オーナーとすれば初のG1タイトルであれば
オークスもということで一昨年のLドンキのようなケースで勝ち負けは厳しいのでは?

リスグラシュー
恐らく1人気に押し出せれそうだが 桜花賞では好枠を利して騎手の立ち回りの
巧さが出て2着。東京コースもアルテミスSで勝利しており
有望であろうが姉が1600ベストの血であり ハーツクライ産とは言え
キャロット馬であり2年連続の勝利をさせていいのか
大本営は否であろう  競馬が上手なので大きくこぼすことはないだろうが
個人的には相手候補の1角と考える

ソウルスターリング
社台Rhとすれば異例の高額牝馬。それだけにフランケル産として
繁殖への期待は高いのであろうが桜花賞当時陣営から
距離は2000までならとオフレコがあり東京1800で牡馬相手に勝利しており
2400もこなせるであろう。
ただし桜花賞前からルメールがオークスならアドマイヤミヤビに乗たいと
公言していた点は気になる


アドマイヤミヤビ
桜花賞では回顧でお伝えしたようにゲートで脱糞中にスタートをきられたという
アクシデントでスタートで置かれてやや重の馬場で終始外を回ることがあり
12着。外が伸びない馬場状態の中でありこれは見限るのは早計
デビュー当時から陣営がオークスが最大目標と公言しており
クイーンCの内容から良馬場であれば巻き返しは十分であろう
逆にトビが大きいので雨天はマイナス


ディアドラ
桜花賞では大外枠で最後方からの競馬でイン差しで6着
その後の矢車賞ではフラワーC、忘れな草上位のドロウアカード相手に快勝
レベル的にはフローラSより上位の評価が妥当であろう
中1週のローテが不安であるがそれさえ克服出来れば母系にスペシャルW
でありノーザン生産でありながら盲点となる1頭であろう

モズカッチャン
フローラSでは★に指定 イン差しで勝利 和田騎手がほれ込んでいる1頭として
お伝えしたように期待に応えた1頭。ただしスローの上がりの競馬で
外が伸びない開幕週の馬場ということ先行二頭が雪崩れ込んだ競馬で
嵌り勝ちは否めない。牡馬相手に好勝負があり侮れないところ
鮫島師二頭出しであり注意はしたい

ヤマカツグレース
先行有利の馬場で番手で競馬。上がりの競馬になり2着
兄のエース同様にこなせる距離であろう展開的に逃げ馬がいない今回
レーヌミノルとの兼ね合い次第ではあるが残り目はありえる


フローレスマジック
ラキシスやサトノアラジンの下で人気になりそうだが
陣営いわく前回も秋にならないと本格化はしないであろうと言われていた。
展開利でなんとか3着だが現状ではパンチ不足は否めない
ヤマカツを差せないあたりがまさにそれで人気上位になるのであれば過信は禁物


ブラックスピーチ
直線で刺さりながら差しきりは素質馬たる所以か。
ペースが早く展開利もありの先行壊滅競馬での勝利
オーナー的には地元であれば昨年のビッシュと被るが
スイトピーSから転戦が近年殆どこれていない点は気になる

カリビアンゴールド
展開利での2着であり先行壊滅競馬であればラスト200の脚は
光るが殆どが1勝馬同士でここへ入ると強調点がない


ハローユニコーン
黄梅賞では牡相手に勝利。忘れな草ではフラワー3着馬に快勝
時計が掛かる中での勝利で早い上がりの競馬になると些か不安
重賞で上位の競馬の牡馬と好勝負を何度としており
持久力勝負になれば侮れない1頭


ディーワパンサー
ここ二戦トライアルで凡戦。成長力にやや乏しい印象でどうだろう

ブラックオニキス
2歳重賞の貯金での出走 桜花賞には出なくよくわからない使い方
スイトピーSでも一息の競馬で現状では不良馬場にならないと出番ない

ホウオウパフューム
フローラSでは大外回す競馬で先行上がりの競馬で歯が立たん競馬
大味の競馬しか出来ないようであれではオークスではきつい
田辺から松岡に変るようで勝負度合いは高くない

マナローナ
デイジー賞で勝利 重馬場で好位から競馬であり早い上がりの競馬に不安
ゆきやなぎ賞では青葉賞で4着馬にタコ負け
雨天にならないときつい

ミスパンテール
桜花賞では渋馬場で大外回したことでラストはやらず
機動力勝負に対応できるタイプではない様子
馬群に入れない点からもどうであろう
オーナー的にもG1で好走がないついていない御仁
トライアルホース的な感じ

モーヴサファイア
あすなろ賞ではプリンシバルS3着ロードに勝利。
福寿草では京都新聞杯優勝馬相手に僅差
黄菊賞ではきさらぎ賞優勝馬に0.1の2着
レベル的には十分牝馬同士なら誇れるレベル
ブラックスピネルの下であり新潟2歳では1人気に押され
当時に比べてレースを覚えて折り合いもついており
上がりの早い競馬も前回上がり最速を駆使しており
高速馬場でなければ2400で化けるかも


1勝馬 アドマイヤローザ アルメリアブルーム
アンネリース ブルークランズ ムーンザムーン レッドコルディス

抽選で1頭が出走可能

個人的にはアドマイヤミヤビ リスグラシュー ディアドラ
ヤマカツグレース モーヴサファイアに注目ですかね


オークスの談合 最終決断はここで

http://omowaku-keiba.jp/blog-entry-3566.html



OL

無題ok