思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから9年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。                           メルマガも丸創刊8年目!

青葉賞の鍵

正直 皐月賞で社台Gとすればワンツースリーをなしえたこと
からも昨年こぼしたG1で成果を挙げたことは評価すべきであろうが

ことセレクトセールで高値がついたノーザンのスワーヴリチャードの
掲示板外は個人オーナーからすればクラブの方が走るとはどういうことや
という声が再燃する状況を産みかねない。

こと管理する庄野師とすればこれだけの大物を預かりながら春に
無冠で終わることはトレーナーとして三流と評価されて仕方ないところ

無論騎乗する騎手の判断の悪さはあるのだが。
そう言うわけでこの馬とすればダービーを視野にローテを組んできたことから
本番ダービーではメイチであろう


それ故社台系の生産馬の青葉賞の登録を見ると
なんとクラブ馬が1頭のみで傍系のシルクのみ
御三家 サンデー 社台 G1もいなく亜流のキャロットも不在

輸送の回数を考慮した関西陣営が京都新聞杯に回ることもあればであろう

ただし本音は恐らくあの馬の存在があるからであろう

アドミラブルである

先週あずさ賞で僅差で勝利したアドマイヤロブソンのルメール騎手が
アザレア賞でお手上げだよとこぼしたのがアドミラブルの強さ
3コーナー手前から機動力であがり直線だけで3馬身の快勝
であり ある意味重賞レベルでしょう

近藤オーナー夫人名義であり 音無師とすればダンビュライト以上に期待が
大きい馬のノーザン生産馬であり新馬でタコ負けするとは驚きのレベル
この馬に配慮してのクラブ系がいないというのもわかるところ

ご主人のアドマイヤロブソンがダービーは諦めた形で先週使われたのも
この馬がいればこそ。 アドマイヤウイナーはいるが
大寒桜賞で僅差のブラックジェイドがあずさ賞で3着に敗れたことから
あわよくば権利をという姿勢で太刀打ちは厳しいと言える。

このアドミラブルを脅かすことが出来る点では
弥生賞で4着のベストアプローチが上位に押されるであろうが
如何せん脚の使いどころが難しいタイプ
中山のようなコースでの瞬発力タイプであり東京の上がりの勝負では
ダイワギャクニーに押し切られておりどうであろう


逆に中山で取りこぼしたトリコロールブルーは
終い勝負のタイプ スプリングSでは後方から外外回り
脚を余しての5着。新馬、500万と左回りのコースで勝利しており
上がり最速、2位を駆使しており東京2400はベストであろう
クラブとすればキャラ的にラストインパクトとだぶるが。


侮れないのは先行出来てある程度上がりの競馬で台頭できそうな
ポポカテぺトル

今年は3歳で活躍している馬が少ない金子オーナー馬
昨年はダービー4頭出しでしたが。今年はこの馬に懸ける想いであろうか
負かしたエーティラッセンがアザレア賞では3着 アドマイヤロブソンとは1馬身強
の差であれば能力的には上位にはこれるレベルか


同じように先行タイプではイブキとマイネルスフェーンが能力的に上位であるが
イブキは水仙賞の内容から小回りタイプの方がいいタイプであろうか?
水仙賞のメンバーも3着馬がその後東京で6着でありやや相手が弱い

マイネルスフェーンは賞金的に1750万でありダービーには出れそうで
病み上がりの今回は叩きであろう

皐月賞を叩きのキングズラッシュであるが東スポ杯4着
オーナー地元の東京ということから変り身は注意であろう

すみれS2着のタガノアシュラは、気性的に難しいタイプで初の関東輸送が不安ですし
小回り向きであり些か厳しい感じ

関東馬ではサーレンブラントか
2400の未勝利を勝利している点は評価出来るが如何せん力量不足

それならばダノンキングダム
左コースで2勝しており好位から競馬が出来るのは利点である
ずぶいところがあり京都では後方で追い通しもあるので
乗り方次第であり ばてない強みをどういかせられるか



青葉賞の最終結論の参加はここで

http://omowaku-keiba.jp/blog-entry-3515.html



BlogPaint


無題ten


天皇2017