FC2ブログ

思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから9年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。                           メルマガも丸創刊8年目!

天皇賞を斬る2

展開的にキタサンは逃げたくないだろう 菊の時のような
競馬をしたいところ

恐らく除外対象で繰り上がりで出走のYボワラクテがハナ
となると持久力に長けているので
先行集団に居るゴールド キタサンは早々に動くのが早くなり
3-4コーナー下りで機動力に長けた長く脚の使えるタイプに利が生じるのでは?


個人的には
フェイムゲーム アルバートが臭いプンプンノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

世間の日経賞の凡走で見限ると思われるだろうが
当初有馬記念に堀師サイドは出ない予定でいたのが
オーナーの希望で出す運びとなり状態ベストではない中での
出走。 そこから当初の予定通り日経賞に出走も本番へ余力というよリ
ダメージを残さない形で超スローの上がりだけの競馬で温存 ある意味
やらずと見られる スタリオンから廃止したダンスインザダークの血
の後継 オーナーとして海外志向の強い御仁 ここでヤリの状況が揃い踏み


フェイムゲーム の前走は休み明けに加えて58.5キロ、
上がりで37.0秒もかかるドボドボの大雨な馬場で2着。
後方から脚を使い地力は示せたように思う。

香港のクイーンエリザベス二世Cを制し、
日本でも騎乗経験があるボウマン騎手が手綱を取るようだ
昨年2着で豪州遠征の疲れを取るため前回は余裕残しであり
上積みは見込める上、騎手の乗り替りは期待の表れであろう


人気がないところでサトノノブレスが面白そうか。

サトノノブレスは一時期、
不振を極めていたけど昨年秋からじわじわと本格化。

中日新聞杯では他馬を子供扱いしその6位のクルーガーが先週のマイラーズCで
優勝。日経新春杯では斤量4キロ差のシュヴァルグランとハナ差。
菊花賞で2着になった事もあり 当時ラストインパクトに先着
2000m前後が使われていることから盲点であり
期待されている3歳馬で毎年G1戴冠が叶わない里見オーナー、
持久力勝負に持ち込めたら。。。。

天皇賞春は個人オーナーが多く勝利それ故に金子氏不在のここで
要注意。生産牧場はメジロ牧場で社台傘下に入る前のメジロ牧場の最後の生産世代。


雨天で時計が掛かり、捲くりが嵌る流れであればトゥインクルの3着位は
期待出来るか?54キロと雨馬場が向いたこともあり陣営は慎重とN氏
ただ前回のようなスローで早々に捲くりスタミナ勝負になれば大穴になることも


いずれにしてもゴールドアクターにオーナーに社台Fサイドが
〇億で半持ちのオファーの話があるというが、ノーザンに負けたくない
節操のない心情が見えており 1人気になるのは必定
ノーザンサイドが強気に出ていることからどうでしょうか 敢えて逃げるであろう馬に
サンデーRの特命を帯びたあのマイナー騎手に変えたこと

脚質的に先行出来る強みが仇となることも。
菊3着とは言え3馬身付けられている点タガノグランパと僅差
から京都コースがベストとは言い切れない


さて最終結論は諸氏の決断にて
↓↓

★★★★★★★★★★★

 お待たせ致しました!

   『天皇賞・春』+当日京都馬主大やり

★★★★★★★★★★★


第153回天皇賞・春
大接戦にあって、
情報的にはこの馬が頭ひとつ抜けていると周辺関係者の間で言われているのが……
なんと、※※※※※※※


ディープインパクトが勝った2006年以来、1人気が9連敗中の天皇賞(春)。
その間、掲示板に載った1人気は、2008年のアサクサキングス1頭のみ3着。

とにかく人気がアテにならない同レースだが、情報収集を行う上で、
今年は的中に直結する衝撃的な情報を入手のN氏


大手生産サイドの事業所で、天皇賞春へ出走馬を送り出すオーナーと牧場側が、
今後のローテーションについて話し合う際に出たのが

まず、馬券圏内は外さない

という発言。つまり、今年の天皇賞ではこの馬から
購入しておけば高確率で的中を手にする事が出来、
人気がアテにならないレースだけに相手次第ではかなりの高配当が狙えるだろうという事。

発言したのは、
名前を聞けば関係者の間では知らない人間は1人もいない
という大手生産牧場サイドの超大物。その超大物の発言だけに信憑性はかなり高い


本命はゴールドアクターではない!

今年の有力どころと言えば、昨年の有馬記念の勝利を含む現在5連勝中のゴールドアクター、
サブちゃん効果と豊でキタサンブラック シュヴァルグランが上位人気となりそうだが、
前述の通り、天皇賞春は1人気が全くアテにならないレース。

ディープインパクト級の強さであれば、1人気でも勝てるかもしれないが、
ゴールドアクターがそうかと言えば、そこまでの能力がないのは言わずもがなだろう。

大手生産牧場の超大物が、今回はまず馬券を外さないと確信している1頭が、
今年の天皇賞(春)の◎本命馬。

当然、それは、

1人気が有力視されるゴールドアクターではない!

今回の天皇賞春の◎本命馬は、天皇賞後、直ぐに放牧に出されることが決まっている。

勿論、今回がメイチの仕上げである事から、
宝塚記念には出走しないのだが、先々の事を考え、
海外のGIに向けて動き出しているのだ。


当然、海外のGI制覇が成功すれば、種牡馬としての箔がつく。
その為には、メイチのここで好成績を上げ、海外側にもアピールしなければならない。
全ての詳細をここで触れる事は避けさせて頂く

中山の2500mや、重馬場のアルゼンチン共和国杯といった
パワーの要る馬場での先行でのレースが目立ち、
京都の高速馬場に対応できるかという点、
そして、渋滞に遭い易いゴールデンウィーク中の長距離輸送。
人気必至のゴールドアクターには、乗り越えなければならない壁がいくつもあるが、


淀の3200mで本当に怖いのは、★★★★
という諸氏

相手関係に関しても、天皇賞の◎本命馬を管理する陣営、
大手生産牧場の超大物が上げた1頭を対抗に取り上げることで、
想定で馬連は◎本命-○対抗で簡単に30倍以上が狙えるとの話!

また、今年のようにオッズが割れそうな年は、
3連単が非常にオイシイそれは、
3連単は無駄に1人気から売れるから
今年は、仮に、2→4→6人気というような上位で決まったとしても
期待値以上の配当になるだろうという。


今年の天皇賞春も、有力馬の不安話を牧場サイドから入手しています。
休養期間中の調整内容、土壇場での乗り替わり、出走レース変更の経緯も
勿論、把握しています。
情報の詳細をこの場でお話しすることは出来ませんが、
ここまでの状況が揃うことは滅多にないでしょう。


競馬界を牛耳る大手生産牧場サイドから

まず、馬券圏内は外さない!

という衝撃スクープ情報を入手した


今年の天皇賞(春)を絶対にお見逃しなく!ここで公開中

http://omowaku-keiba.jp/blog-entry-2581.html

○●○●○●○●○●
マイルCから安田記念までの
G1スペシャル5 先行割引特典
○●○●○●○●○●

★天皇賞単体配信

提供枠3   残り1

5000円

★マイルCから安田記念までの
東京G1スペシャル5 先行割引特典

マイルC~安田記念まで

目白押し その分●●席の大ヤリ、政治活動も頻発

割引特典を受付申し上げます。


●提供期間  5月8日から6月5日

マイルC,ヴィクトリアM、オークス、ダービー、安田記念

本気で狙う完全制覇の諸氏にお任せ!!

割引  20000→17000円→

先行割引 継続の方は14000円

次週以降の申し込みはこの価格にあらず


提供枠 2 残り1

締め切り4月28日 15時

ご参加希望の方は参加コース

ハンドル名 振込み名 明記の上 メールにて
お申し込みお願いします。

omowaku.keiba@gmail.com


昨年35週連続の高配当的中達成
創刊から丸7年目のメルマガです。継続特典がついて来る
http://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=666
携帯BOOK
【走らせる側の思惑競馬厳選 現場の本音から1鞍を提供】
http://regimag.jp/bo/book/sell/?book=3379
先週日曜日もダブル高配当的中
福島3◎ゴテツ3着 ◎▲☆780円的中
東京5◎オールドクラッシック2着 ◎▲☆6070円 10080円的中
トータル合計 2R46点 回収率368%


BlogPaint