Welcome to my blog

競馬

サウンドTが出ていたら

0

枠番を決定しているのは主催者であるJRAという事実は皆様ご存知のことと思いますが、
どういった抽選方法でこの枠番が決定されているかは公にされておりせん!

実際に某調教師の話などを引用させていただくと

『馬券売上を第一に、ある程度恣意的な操作が行なわれているんじゃないか?』
といった懐疑的な声をあげる方々も少なくありません。

主催者となるJRAも東京ダート1600m、また過去のフェブラリーSの傾向からどういった
枠番が有利なのかは当然把握しており、馬券購入者の方々の
予想プロセスをも汲み取ったうえで今回の枠番が決定されているとすれば、
ノンコノユメを4枠7番に収め、また、コパノリッキーを2枠3番に収めることで、
当日のオッズや馬券売上にいかなる影響をもたらすのか、これもまた想定しうる範疇となるのでしょう。

東京ダート1600mのスタート地点はご存知のとおり【芝スタート】です。
ダート馬のなかには、この芝スタートを得意とするタイプと苦手とするタイプがいるわけですが、
今回展開面の鍵を握るとされる1頭コーリンベリーなどはどちらかといえば芝スタートを苦手とするタイプ。

また、核心に近いところであげれば揉まれ弱いことで有名な
コパノリッキーが2枠3番に収まったことは決して見逃してはならない材料です。

コパノリッキー陣営に関しては、共同記者会見をキャンセルした一件をはじめ、
武豊騎手からの進言として報じられているメンコ着用の一件、
さらには手前替えの一件など、明らかに昨年とは違う臨戦態勢で臨むことが明らかな状況です。

そうした各陣営が今回のフェブラリーSに臨む上での臨戦態勢や関係者の動向
今回のフェブラリーSは昨年とは明らかに異なる決着シーンを迎えることが濃厚な一戦と我々はみています。

またここで、思い返していただきたいのが昨年12月に行なわれたチャンピオンズC

事前のマスコミでは、コパノリッキー、ホッコータルマエ、ノンコノユメの
3強対決という構図でレース本番を迎えながら、
優勝馬に輝いたのは12番人気の【サンビスタ】でした。

当然◎▲△で馬連、3連複万馬券的中でしたが

レース後コパノリッキーの主戦武豊騎手の口から発せられた
意味のわからない絡まれ方をした。
という敗戦コメントが大々的に報じられておりましたが、
裏を返せばこうしたレース本番で起こり得る伏線をうまく活かしたのが
デムーロ騎手でありサンビスタ陣営でした。

思惑競馬では当概週に掲載していたブログなどでも
このサンビスタの存在、門別でのパワーダート経験に着目していたわけですが、
今週末行なわれるフェブラリーSにおいても
サンビスタ同様に軽視禁物の1頭がエントリーしていることを
前もってお伝えしておきたいと思います!

それは現ダート路線のトップクラスに君臨
サウンドトゥルーをものさしにしていただければ一目瞭然!!

チャンピオンズCでは結果3着という入線順位でしたが、
終始インコースで立ち回ったノンコノユメに対して
サウンドトゥルーは4角で大外に進路を求めています。

そして、改めて両馬の上がり3ハロンタイムは見比べてみると

『ノンコノユメ』→【36.7】
『サウンドトゥルー』→【36.6】

この一戦を通じて、サウンドトゥルーよりノンコノユメの方が強いと捉えるのか、
着順は悪いがサウンドトゥルーの方がノンコノユメより強いとみるのか、
今回のフェブラリーSで『横の比較』を行なう上で前者よりのイメージを持たれている
読者様は、サンビスタと同様人気の盲点として出走を果たすことになる
【■■■■■■■】を見落とす可能性が高いといえます。

兵馬の存在をしっかりと捉え、レース当日を迎えることになります
第33回 フェブラリーS

明日18時までのリーピーター様のみの特例受付


\\\\\∨/////


 フェブラリーS(G1) 


  ≪過去10年≫  


  関西馬が全勝!!  


  勝率100%!!


/////∧\\\\\


という数字が『事実』として残っている以上、
どのような馬券を買えば"的中に繋がるか"はお分かりかと思いますが、
週初めに発売された競馬雑誌を見るとあの関東馬に印が集中しているようです…。
本年一発目のG1競走ですから好きな馬を買いたい
追いかけてる馬が出走するし、ココでも狙うなど的中度外視で馬券を楽しむという方は、
それでもいいでしょう。


しかし!


フェブラリーSを当てたい、最初のG1でシッカリ儲けたい!


と強く思っている読者様は、


現場の諸氏が入手している『大ヤリ関西馬オフレコ』を


『必ず』知った上で馬券を買って下さい!!


フェブラリーSの大ヤリ関西馬情報の入手方法はコチラ!!
   ↓↓↓↓↓   
http://omowaku-keiba.jp/blog-entry-2410.html


\\\\\∨/////
昨年は  ダートG1競走でも  


  圧倒的な実績!!  


/////∧\\\\\

覚えていらっしゃる方が殆どだと思いますが、


【カネになる大ヤリ関西馬】を入手する事ができる現場の本音では、


    昨年も    
    ↓↓↓    


\\\\\∨/////
2015年フェブラリーS     
 
     チャンピオンC
     的中
/////∧\\\\\


しかも、新聞を参考に馬券を買っている一般の競馬ファンでは到底仕留める事のできない
"この特大配当です
    ↓↓↓    

チャンピオンズC◎ノンコノユメ
◎▲△27320円 的中 ◎△11040円的中
10人気サンビスタも△指名
■■■■■■■■■■■
フェブラリーS
新聞によっては◎が1つもついていなかった
大勝負馬◎ベストウォーリアから3060円的中

【カネになる大ヤリ関西馬オフレコ】を確実に入手している事は、
疑いようのない事実として皆様にご理解頂けた事でしょう。


ちなみに、昨年のチャンピオンC、人気を集めたのはコパノR、Hタルマエでしたが、
結果は人気を大きく裏切る7着、5着。


勝ち負けどころか、馬券にすら絡めず、馬群に沈みました。

今週のフェブラリーSに目を向けてみましょう。


過去10年『関西馬・勝率100%』という結果が"事実"として残っています。


しかし、人気を集めるのは…恐らくあの関東馬ですが

現時点で言えるのはあの関東馬に◎の非ずという現場の諸氏



諸氏が入手している【フェブラリーSの大ヤリ】について紹介しています。
   ↓↓↓↓↓   
http://omowaku-keiba.jp/blog-entry-2410.html


◎超大物馬主が大金を投入するヤリ話 京都裏引退券


東京でフェブラリーS、そして小倉では小倉大賞典。
関東、ローカルでそれぞれ注目度の高いレースが行われる今週日曜日。
京都開催が完全に盲点となることは火を見るより明らかだと言っていいだろう。

しかし、そんな状況でもレースは行われ、そこに陣営の思惑が乱れ飛ぶことは当たり前のこと。
そして、その思惑の中にある買わなくてはいけない話が闇に埋もれる度合いも、
これまでの比ではない!まさに、裏の中の裏。裏極みと言っても過言ではない
絶好の馬券機が訪れる。


「まず勝ち負け」の一報は先週末小倉会合にて先週のオウノミチと同時入手。

前々から諸氏が狙っていた馬ではあるが、今回はここ数戦の中でもピカイチのデキ、
さらに、この馬の担当〇〇が引退という。
調教師ではない引退話
コレは勝ってくださいのレース。落とすわけにはいかないと、
厩舎サイドも狙い済ました一戦に相当自信があるようだ。


1月末で腕利きの引退に便乗した
引退身内の訳ありの 京都7R
では、◎ソルヴェイグがなんとか3着死守fで餞別資金確保
◎▲△12920円の万馬券 一撃便乗

2月1週には京都最終◎ラインシュナイダーが
オーナー恩情に応え2着確保
◎△2180円的中、
◎△△5470円的中
 
案の定、世間の注目度の低いレースとあって、先週段階で
ほとんど取材されていないとのこと。
最終追い切りは目立って動かさないつもりだし、コメントも引っ張っておくと、
最終調整は味付け程度で問題なし、それくらい態勢は整っているということであり、
前々からの過程を捉えていない一般マスコミにとっては、引っ張られた
公式コメントと合わせてまさに盲点の存在になること必至!
その相手関係もほぼ網羅済み、注目度はいらない。
裏開催と化した京都に眠る馬券話に震撼


◎超大物馬主が大金を投入するヤリ話 京都裏引退券+小倉大賞典


提供枠  2 残1

提供日時 21日  午後京都、小倉11R

提供価格  5500円

omowaku.keiba@gmail.com


小倉大賞典には引退間際の松田師アルバートD
10場重賞制覇リーチの蛯名騎手マイネルFが人気だが

マスコミ的には格好の話題となるぶん、
『馬主席側』の馬券話はより盲点となる事は間違いない。

あの策士が用意した玉が先週も勝利しており、同じ狢の玉が金脈
過去10年で9年連続関西馬のワンツースリー決着となっているように、
『関西馬の大ヤリ』を知っているだけで高配当も狙い撃てる一戦。

諸氏が入手している大ヤリ関西馬は、前走がワケあり敗戦で、
今回は同馬に携わる全ての関係者に負けられない理由が存在。


■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
■予告重賞目白押し■
■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
今週予告はSS級フェブラリーS


●フェブラリーステークス単体配信

提供枠  2      5500円


※フェブラリープラン参加の方はフェブラリーSは申し込み不要

大変お待たせいたしました。


omowaku.keiba@gmail.com


★G1マーチプラン2016 5週重賞P 先行割引★


春のG1高松宮までの割り徳P

2月28日中山記念

 6日弥生賞

 13日フィリーズレビュー

 20日スプリングS

27日 高松宮記念

17000→先行割引特価 12000

次週以降のお申し込みは割引率が変ります。

1Rあたり     2400円


※G1当日の大ヤリと併せてのご参加は合計16000円のところ 14000円


提供枠3   残1

いずれも締め切り
2月20日 15時

ハンド●ネーム 振●み名  参加コース明記の上

omowaku.keiba@gmail.com


まで確認の上送信をお願いします


今年最初のG1スペシャルチャンス 16年も一撃的中をさらにもっと

御自身の手で掴み取ってください。

オムモ太郎


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
昨年35週連続の高配当的中達成

創刊から丸7年目のメルマガです。 先週もメルマガ万馬券2本的中
http://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=666


500円から
是非、本質をまずは、見極めて下さい。
【走らせる側の思惑競馬厳選 現場の本音から1鞍を提供】

http://regimag.jp/bo/book/sell/?book=3379

思惑競馬 オムモ太郎

omowaku.keiba@gmail.com
BlogPaint

京都競馬東京競馬小倉競馬