FC2ブログ

思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから9年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。                           メルマガも丸創刊8年目!

フェブラリーS週は別次元の勝負週

今週は本年度一発目となるGI・フェブラリーSが行なわれます。

例年このフェブラリーS週は、ダイヤモンドSと小倉大賞典を合わせて重賞は3鞍でしたが、
今年は京都牝馬Sも加わり重賞は全部で4鞍に。

しかも、競馬界の年度末にあたる開催ということも拍車を掛けており…
例年とは比較にならないほど、超大物馬主が競馬場入りするという情報が届いています!!
こういう状況で集中するのは皆様もご存じのように、


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
───────────
 先週も大反響を呼んだ
ワケありの【馬主情報】
───────────

京都10RのすばるSでは、今開催で定年となる橋口師が管理するグレイスフルリープから本線
◎〇馬連【1380円】の完全的中をお届けしています

───────────
2京都6[10R] すばるS
1着ニシケンモノノフ
2着グレイスフルリープ
馬 連:1380円的中
───────────

橋口師はこの日の京都記念に、ダービー制覇を叶えてくれたワンアンドオンリーも出走させていましたが。
しかも、このワンアンドオンリーとグレイスフルリープのオーナーは2頭とも【ノースヒルズ】で、
【馬主情報】に精通する諸氏が推奨したのは、キッチリ馬券になっているグレイスフルリープの方。

また京都記念では松田師のレーヴミストラルに人気が集中しましたが
見解でも述べたように松田師の本音は
"自分の最後より、引き継ぐ厩舎にイイ形で渡したいと自身の引き際へのこだわりを
している調教師。
その意味で、ココは無様な競馬をさせたくないという思いが強い。
馬場は良馬場希望。アルゼンチン共和国杯の内容から、渋ると明らかに鈍ると、
乗り役に近い筋は話しているのだ。”というもので割引を示唆

レースでは後方のままという無理をさせない形でしたね

この結果から、上辺だけの引退話に左右されない大きな力が、
馬柱には掲載されていない大きな力が働いているとは思いますよね


それこそ、

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

\\\\\∨/////

 競馬界の最高権力者
  【 馬 主 】

/////∧\\\\\

ではないでしょうか?
馬券になるのには明確な理由がありますし、
競馬界の最高権力者【馬主】の情報であれば、
ガッツリ馬券で大きな利益が得られることもお分かり頂けると思います。


馬主絡みの大ヤリ馬券が多数揃っているフェブラリーS週では
的中を前提に勝負する馬主関係者の買い目に便乗する大チャンス!


───────────
  フェブラリーSは
関西馬の為のG1競走!?
─────▼─────

本年一発目のG1競走【フェブラリーS】が行われますが、実はこのレース、
過去10年の勝ち馬は全て『関西馬』。
しかもその内の8年が『関西馬のワンツースリー決着』という結果になっています。
故に、フェブラリーSは関西馬の為のG1競走と言っても過言ではありませんが、


果たして今年の大ヤリ関西馬は…!?

レースに大きな影響を与えると言える鞍上問題。怪我や騎乗停止も手伝い
現段階で多く発生しているのがフェブラリーSです
前走の根岸Sにおいてモーニンを勝利に導いた戸崎騎手はベストウォーリアに。
M.デムーロ騎手はモーニンに騎乗が決定。
2頭とも同じ石坂厩舎であり、オーナーも同じ馬場オーナー。

前走の鮮やかな快勝劇から一旦白紙となっていた両馬の鞍上選びがこういった結果に
落ち着いた裏側では、騎手関係者から悩むも何も、最初から選択権はないといった
声も聞こえていたとN氏

あの生産Gが米国競りで〇〇していれば、当然のところ

前走も不運な乗り替わりに見舞われたロワジャルダンは
東海Sでも不完全燃焼で3着。本来であればレース後に放牧の予定でいた戸田師
にもかかわらずこの発表を、生産サイド、倶楽部サイドが白紙に。レース出走に至るもの
さらに浜中騎手が負傷してしまった事により、鞍上も白紙になってしまった、
何とも不運な出来事の多い陣営

そんな中でも昨年の夏にコンビを組み、勝利を挙げた横山典弘騎手に
騎乗依頼を出せた事は、不幸中の幸いともいえるでしょうけど。
ローマンレジェンドと長きに渡ってコンビを組んでいた岩田騎手から
内田騎手への乗り替わりも驚いた方が多いのではないでしょうか。

実はこの乗り替わりもう一枚奥がありました。
元々、フェブラリーSにはベリー騎手へ騎乗依頼をかけていた藤原陣営。
しかしベリー騎手は騎乗停止処分により共同通信杯のハートレーや
フェブラリーのローマンレジェンドへの騎乗が不可能となりました。

これで岩田騎手の元に戻るのかと考えていた関係者も少なくは無いのですが。
結局内田博幸騎手へと依頼。

内田とはまた一発有りそうな騎手を乗せてきたとN氏
評価が難しい1頭になったというのが現場の本音

もうひとつフェブラリーSを考える上で押さえねばならないのが、
東京ダート1600mという特殊なコース
スタート地点が芝であり、直線が長く緩やかな下り坂な為スピードに乗りやすく
前傾ラップになる事が非常に多い点や、軽い砂質、ダートとは思えないほど速い上がりを要する為、
東京ダート1600mは向き不向きが非常に色濃く現れます。

ほぼ真逆の条件なのがチャンピオンズCが行なわれている中京
チャンピオンズCの際にお伝えさせていただいていた
中京ダートは重たく、力が要る馬場であり、こういった馬場での好走実績があるサンビスタ
には打って付けの舞台とお伝えさせていただいていたのを覚えていらっしゃる方も
多いかと思います

では何故、中京ダートの重たい馬場である東海Sから、
過去3年でフェブラリーSにおいて2頭もの勝ち馬が輩出されているのか?

実は東海S→フェブラリーS、この『臨戦過程』で活躍できるかどうかは
東京ダート1600mの条件で実績を残せているかどうかが重要になっているとN氏

2013年:グレープブランデー(ユニコーンS2着)→1着
2014年:ニホンピロアワーズ(東京ダート1600m未経験)→8着
2015年:コパノリッキー(フェブラリーS1着)→1着
2016年:アスカノロマン(東京ダート1600m未経験)→???

さて、こういった事実からもアスカノロマンは馬券圏外と、
考えている一般競馬ファンは非常に多そうですが、
同馬がフェブラリーSで好走する可能性は十分にある事が、
とあるレースの結果から考えられます。

まずフェブラリーSにおいて好走する為に必要な要素のひとつとして
前傾ラップと、時に36秒を切るような上がりに対応できるかどうか、この点が重要に。

アスカノロマンであれば、デビュー戦の小倉芝1200mにおいて
上がり最速の34.7をマークして4着に入線している事からも、
今回のフェブラリーSへ出走するにあたって芝条件において早い上がりを使えるだけの力を
持ち合わせている、芝スタートに対して不安が少ないといった事実にもつながります。

東海S勝利組で唯一馬券圏外だったニホンピロアワーズは、
芝スタートで行き脚がつかずにそのまま中団で動けなかった事が大きな敗因の一つ
だった事からも、現段階で少なくともアスカノロマンは馬券圏外と断言するのは危険とN氏

説明させていただいたようなコース形態だからこそ、
今年のフェブラリーSにおいては、ペースの見極めが重要となってきます。

コパノリッキーをはじめ、コーリンベリー、モンドクラッセ、スーサンジョイといった
ハナを切って持ち味を活かすタイプの馬たちはもちろんの事。
モーニン、タガノトネール、グレープブランデー、アスカノロマンといった
『番手・先行勢』など、基本的に前目に付ける馬が多く、
現段階ではハイペース必至と関係者内でも話されております。

今回は有力馬の一角であるノンコノユメが差し脚質であることを考えても、
尚の事各陣営ペース配分や位置付けによる騎手のかけ引きが重要になりますが、
かけ引きが配分が出来る馬と配分が出来ない馬が居るのもまた事実であり、
思いがけない穴馬を探すには出来る馬を見つける事がポイント

最後にこのフェブラリーSも関西馬が非常に強いレースで
グルメフロンティア以来の関東馬の優勝が、ノンコノユメが期待されるところではあります。
【馬券妙味】としても非常に楽しみなメンバーが揃った
今年のフェブラリーS、今から楽しみでなりません。


情報があれば勝てる!
そして、その情報を我々は持っている!
また、ダート路線は、秋からJBC、チャンピオンズC、東京大賞典、川崎記念と、
中央、地方のGIが続けて行われることで、正確な情報がなければ
各馬どのレースが本当の勝負だったのかは、
一般ファンには分かりにくくなっています。

しかし、元JRA調教師のN氏を筆頭に、元騎手、オーナー、元助手といった内部関係者と
今も太いパイプを持っている関係者や、現役のエージェントとからの本音の
実績馬の危険情報や、近走不振馬の激走スクープ情報を入手することが可能。
それにより、昨年の秋も激走スクープ情報を元にGIでの的中を重ねてきました

今回は危険馬としてあの〇〇〇

川崎記念からのホッコータルマエは前回は勝ちましたが
これまで2連敗中のサウンドTに僅差勝利
2014年チャンピオンCの勝利の時の様なしぶとい競馬が出来ていない


勿論、ホッコータルマエ以外にもピークが終わった馬は存在し、
既に有力馬の不安話を入手しています。休養期間中の調整内容、土壇場での乗り替わり、
出走レース変更の経緯も勿論、把握しています。

コパノリッキーが3連覇に挑みますが、残念ながらその夢は叶いそうに無いというのが本音。
致命的な理由があるからだと馬主席には報告されています。
そして逆に、昨年のコパノリッキーと同じ様な雰囲気のアノ馬にやれらるという、
トレセン関係者の間で囁かれている馬が今年も存在するというもの。
しかも、昨年のコパノリッキーは1番人気だったが、今年のアノ馬は、
そこまでの評価はまだされていない。これはまさに絶好の狙い処になる。


そしていくら能力の序列が分かっていても、調子、状態面の見極めができなければ
馬券を仕留める事は不可能。
東京コースへの適性も含め、今年も波乱の目は大いにアリと見ているフェブラリーSは、
人気に左右されることのない確信の本命馬、そして、高配当を演出する激走穴馬との組み合わせで
大きく儲けて下さい!

■■■■■■■■■■■
さらにG1週の闇
オーナー
連中がこぞって嵌める
東京◎食う一撃馬券
■■■■■■■■■■■
昨年フェブラリーG1当日の大やりでは
東京9レースで◎爆▲でズバリ一撃的中を残せました。
おめでとうございました、
盲点の大久保師の爆弾イーデンホールが2着
美味しい馬連的中に成りました。

◎爆1370円 ◎爆▲2610 9670円的中

一昨年万馬券一撃的中の関門橋S
◎カチューシャ
〇サンビスタ
△マヤノクレド10人気
馬連1070円
3連復18190円
3連単62810円

一昨年G1フェブラリー当日の●●ヤリ
東京12R◎ヴォーグトルネード
◎△810円  ◎△☆3300円一撃的中

さて、今週末は東京京都最終週であり地元オーナー席のための馬券大勝負鞍が起立
さらにG1当日の東京開催はラストの開催での予告していた大ヤリ

G1当日の最終開催週だからこその儲け処
この絶好の儲け処を、馬主関係者の勝ち組が見逃す筈はありません。

こちらは久しぶりのG氏が監修

元●●師でいらしたG氏

この氏、実は●●と意見の相違があり、勇退した御仁
元々、インテリで某大出でY厩舎で助手として頭角を現して
トレーナーになり、独自の調整法で●●の馬も数々預託し、重賞
も数々制覇 G1レース1勝を含む重賞10勝
ところが近年では当たり前の●●に傾いた某生産界と
調整法で衝突 管理人にはなりたくないと、プライドのため勇退を選んだもの
大物Kオーナー 重鎮Tオーナーとも●●であり、
●●幹部ともズブズブ ベテランY,E、S騎手とはズブズブ
更なる密なオフレコも入手出来る算段となります。

 \ \ \ / / /

これが馬主情報の最高峰
 【東京ラスト大ヤリ】
 地元馬主投資レース
  いよいよ公開!

 / / / \ \ \
舞台は大ヤリを仕掛け放題のGIフェブラリーS当日
今年最初のG1となるフェブラリーS当日[2/21(日)]に、誰もがその名を知る超大物馬主が、
とんでもない大ヤリを画策していることが発覚!!!!

先週の分も巻き返し必定のメイチ

\\\\\∨/////

  出現=●●獲得
    が同然

フェブラリーS当日の

  超大物馬主一撃

/////∧\\\\\

★東京G1当日の大ヤリ 〇〇席豪語の強力仕込み

提供枠 3 残2 


21日午後 東京

提供価格  4500円 先週ご参加の方は4000円

omowaku.keiba@gmail.com


紐次第では配当金はガーンと跳ね上がる馬喰う注目のG1開催での一撃鞍
極上の●金獲得週
決して表に出ることのない「関係者の欲望」や、
高配当券が狙い撃てる「高配当のカラクリ」を知ることが出来れば、
手に出来ます。
今回は地元●会の重鎮のあの●●氏の●●番が根回ししての大ヤリが
闇に降臨 ここでの不発は厩舎営業に支障を来たすため 陣営総出で緘口令
ただ勝つだけでは駄目 新興オーナー連中に懐暑く儲けてもらい
外国馬の導入をお願いの算段の経緯での擁立


昨年の秋の東京、京都開催最終週の大やりも

京都7 必然の大ヤリ
◎ショコラブラン
〇エイシンバッケン
▲ブルミラコロ
〇▲680円 2340円  ◎〇▲2850円的中

東京魔法の玉手箱 5年連続の的中

東京10
◎マテンロウボス
〇ネオリアリズム
☆イサベル
1500円的中

京都11
◎スーサンジョイ
▲サクラエール
△ワンダーコロアール
460円  2380円 6680円的中

京阪杯
〇Bアーサー
△サトノルパン
爆アースソニック
3710円 的中

◎超大物馬主が大金を投入するヤリ話 京都裏引退券

東京でフェブラリーS、そして小倉では小倉大賞典。
関東、ローカルでそれぞれ注目度の高いレースが行われる今週日曜日。
京都開催が完全に盲点となることは火を見るより明らかだと言っていいだろう。

しかし、そんな状況でもレースは行われ、そこに陣営の思惑が乱れ飛ぶことは当たり前のこと。
そして、その思惑の中にある買わなくてはいけない話が闇に埋もれる度合いも、
これまでの比ではない!まさに、裏の中の裏。裏極みと言っても過言ではない
絶好の馬券機が訪れる。

「まず勝ち負け」の一報は先週末小倉会合にて先週のオウノミチと同時入手。

前々から諸氏が狙っていた馬ではあるが、今回はここ数戦の中でもピカイチのデキ、
さらに、この馬の担当〇〇が引退という。
調教師ではない引退話
コレは勝ってくださいのレース。落とすわけにはいかないと、
厩舎サイドも狙い済ました一戦に相当自信があるようだ。

1月末で腕利きの引退に便乗した
引退身内の訳ありの 京都7R
では、◎ソルヴェイグがなんとか3着死守fで餞別資金確保
◎▲△12920円の万馬券 一撃便乗

2月1週には京都最終◎ラインシュナイダーが
オーナー恩情に応え2着確保
◎△2180円的中、
◎△△5470円的中
 
案の定、世間の注目度の低いレースとあって、先週段階で
ほとんど取材されていないとのこと。
最終追い切りは目立って動かさないつもりだし、コメントも引っ張っておくと、
最終調整は味付け程度で問題なし、それくらい態勢は整っているということであり、
前々からの過程を捉えていない一般マスコミにとっては、引っ張られた
公式コメントと合わせてまさに盲点の存在になること必至!
その相手関係もほぼ網羅済み、注目度はいらない。
裏開催と化した京都に眠る馬券話に震撼


◎超大物馬主が大金を投入するヤリ話 京都裏引退券+小倉大賞典

提供枠  2  残1

提供日時 21日  午後京都、小倉11R

提供価格  5500円

omowaku.keiba@gmail.com

小倉大賞典には引退間際の松田師アルバートD
10場重賞制覇リーチの蛯名騎手マイネルFが人気だが

マスコミ的には格好の話題となるぶん、
『馬主席側』の馬券話はより盲点となる事は間違いない。

あの策士が用意した玉が先週も勝利しており、同じ狢の玉が金脈
過去10年で9年連続関西馬のワンツースリー決着となっているように、
『関西馬の大ヤリ』を知っているだけで高配当も狙い撃てる
一戦。

諸氏が入手している大ヤリ関西馬は、前走がワケあり敗戦で、
今回は同馬に携わる全ての関係者に負けられない理由が存在。


■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
■予告重賞目白押し■
■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
今週予告はSS級フェブラリーS

●フェブラリーステークス単体配信

提供枠  2      5500円

※フェブラリープラン参加の方はフェブラリーSは申し込み不要

大変お待たせいたしました。

omowaku.keiba@gmail.com

★G1マーチプラン2016 5週重賞P 先行割引★

春のG1高松宮までの割り徳P

2月28日中山記念

 6日弥生賞

 13日フィリーズレビュー

 20日スプリングS

27日 高松宮記念

17000→先行割引特価 12000

次週以降のお申し込みは割引率が変ります。

1Rあたり     2400円

※G1当日の大ヤリと併せてのご参加は合計16000円のところ 14000円

提供枠3   残2

いずれも締め切り
2月19日 15時

ハンド●ネーム 振●み名  参加コース明記の上

omowaku.keiba@gmail.com


まで確認の上送信をお願いします


今年最初のG1スペシャルチャンス 16年も一撃的中をさらにもっと

御自身の手で掴み取ってください。

オムモ太郎



http://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=666
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
昨年35週連続の高配当的中達成
創刊から丸7年目のメルマガです。 先週もメルマガ万馬券2本的中



是非、本質をまずは、見極めて下さい。
【走らせる側の思惑競馬厳選 現場の本音から1鞍を提供】
500円から
http://regimag.jp/bo/book/sell/?book=3379

思惑競馬 オムモ太郎