FC2ブログ

思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから9年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。                           メルマガも丸創刊8年目!

だだだ ダービー各馬の前見解

アダムスB

若葉S3着。まだ子供っぽさが残る現状ではあるが、
素質は兄弟の中でも一番かもしれないと、この血統を知り尽くした石坂師が評価する逸材。
これ以上ないほど慎重に、大事に使われていることからも、その期待の大きさがよく分かる。
前走後は、あくまで最大目標はダービー。表向き何度も関東に遠征したくないという理由
もその実、生産サイドの働きかけがあれば、回避馬が出るだろうと踏んでいた模様

キタサンブラック
皐月賞3着。前走時に、元々腰やトモに緩さがあり、急がせない東京を選んで使って来た馬です。
それでもここに来てだいぶ調教で動く様になりました。
見た目以上に渋い馬なので、当然楽しみはありますと厩舎サイド。



グァンチャーレ
NHKマイルC12着。馬房内で外れた自分の蹄鉄を踏んでしまい、右前脚の挫石で皐月賞を回避。
驚異的なスピードで回復して、急ピッチに乗り込んでマイルCも12着
狂いが生じたローテもあり、低価格馬でオーナーにとれば初のダービー出走
メンバー的にかなりキツイ


サトノクラウン
皐月賞6着。以前は操縦性に課題があったけど、無理なく楽々と動けるようになっているとの事で、
追い切りに跨がったルメール騎手も上々の感触を掴んでいたそうだ。
また、鞍上絡みでは前走跨がっていた福永騎手も気持ちはサトノクラウンに
当時はあったという話
2戦目で外国人騎手が乗ったのを見て、こちらには思い入れがなくなってしまったらしく、
ずっと乗せてもらえるリアルスティールの方を選んだという事らしい。
コーナー4つの不安と不利がありの皐月賞
二戦目となる騎手も癖を実戦で掴んだことで巻き返しも十分

サトノラーゼン
京都新聞杯1着。使うとテンションが上がる個性であり、
平常心さえ保てれば好勝負必至の位置にいると考えていい。
勝ちにこだわる競馬をした勝負乗りの後だけに、騎手込みで評価されすぎると??


スピリッツミノル
京都新聞杯6着。既に賞金的にダービー出走が当時はギリギリでさらに
もう一度逃げる競馬を馬に覚えさせたいという厩舎の意向があったから。
内枠もあってハナに行けなかった皐月賞。それなりに回ってくることはできたが、
やはり追ってから味がないことを露呈してしまっただけに、
大本番では自分の形にこだわりたいということ、そのための布石
あくまでダービーを見据えての参戦だけに、着順は気にする必要もないが
皐月、京都新聞というローテから使い損という声も


タガノエスプレッソ
皐月賞13着。10番人気だった前走の弥生賞が3着。折り合いに苦労しないので距離延長は問題ない。
内目をつく算段も勝ち馬の斜行に弾かれて外へ飛ばされてジエンド
朝日杯でも3着馬とは僅かであれば内で立ち回れるようならノーチャンスではない


ダノンメジャー
NHKマイルC11着。早くからクラシック候補と期待された一頭だったが、
昨年末のホープフルSが1番人気で9着、一息入れて立て直した共同通信杯が12着と惨敗。
実はどちらもチグハグなレースで力を出し切れず、不完全燃焼の競馬。
スプリングSで前々の競馬をして5着、ようやく本来の力を出せたと関係者は見ていた。

マイルならもっといいレースができると判断して、皐月賞ではなくマイルCに挑戦
外枠となり、早々にスローを見込んで前目につけたことで脚を使わされたこともあり、
ドボン 定年前のラストダービーだが、少々家賃が高いとも


タンタアレグリア
青葉賞2着。早々と中京戦を目標にして勝利
一皮剥け青葉賞へ
当時中間軽く一頓挫あり、最終追い切りがコースから坂路に変更となった。
厩舎としてはそのアクシデントが少し気になるところとこぼしていた
そのダメージが残らなければ
朝日杯FS勝ちのダノンプラチナとも遜色ない期待を掛けられている馬。
能力で上位にも
G1レーシングとすれば今年が正念場 あわよくば上位に入れば大きな営業戦略になるのは
必定

ポルトドートウィユ
京都新聞杯2着。
勝って皐月賞という青写真を描いていた若葉S
牧場サイドの意向もあって早々に皐月賞を見送り、
京都新聞杯へ切り替えられた。ただ、いい状態で出た割りにはアルバートDに
ハナ差まで詰められた点は物足りない


ミュゼエイリアン
皐月賞7着。
皐月賞にまだまだ体質が弱くて良化途上。前走でもよくあのデキで勝ったと感心すると言われて
いた。苦戦は免れない様相でしたが…不利も受けず7着
相手なりに走れるタイプで二頭出しでも今回は。。。


ミュゼスルタン
NHKマイルC3着。
オーナーサイドの要望でマイルCではピエロになる大江原師
さすがに今回は豪語していないが、それでも悪くはいえないのも当然
底力だけで3着に来れた前回。馬群を縫う競馬が出来るので
コース取り次第では叩き三戦目 メイチであろう


リアルスティール
皐月賞2着。通信杯では
キャリアの浅さから来る不安は当然あったが、折り合いに苦労する2着のドゥラメンテとは
対象的にスムーズに流れに乗り、直線では並ばれても突き放す堂々としたレースぶりで勝利。
スプリングSでは、全くロスの無い競馬で完璧なレースで完勝されたキタサンをマークせず
ダノンマークが災いして取りこぼしたが内容は2歳G1馬に引導を渡す好内容
皐月賞も早々にマエを捕らえた形で、直線一気の勝ち馬の爆発力に負けたもの
悲観は陣営にはないようだ
輸送後のケアにも細心の注意を払って調整している陣営
デビュー当時から矢作師が大目標はあくまでもダービーと豪語していた
ココも当然狙っている。 騎手にしてもここは関西関係者が後援している今年は
最大級のチャンス

レーヴミストラル
青葉賞1着。
トモの具合が良くなり、結果的に前走の勝利に繋がったと思います。
それでも、まだまだトモに甘いところはありますが、
前回はダービーに出走させると厩舎、騎手が一丸のメイチ
テキもダービーは出れても掲示板までだろうと前回当時こぼしており
エンジンの掛かりが遅く、時計勝負であるとやや分が悪いのも確か




☆東京優駿(第82回 日本ダービー)☆

皐月賞を圧倒的な力で勝利したドゥラメンテ

      実は・・・

業界内では危険信号が点滅!?

 その確固たる衝撃的な理由を暴露
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ↓  ↓  ↓

※今すぐにご覧ください。※


日本ダービーの要となる貴重な情報の為、
 公開には期限が定められています。


  ≪なぜ?人気馬は飛ぶのか?≫

単勝2倍以下の圧倒的な人気馬でも
飛ぶ事は飛びます。

不意のアクシデントなどもありますが、
ほとんどの原因には理由があるのです。

“調教の軽さ”
“前走のパフォーマンス”
“レース展開の読みの甘さ”
“血統による適正の読み違い”

などなど、

どれも事前に情報を仕入れていれば、
人気馬が飛ぶ事は割と簡単に予想できるのです。

中には業界関係者でしか
しる事が出来ない情報もあります。
(ここではちょっと言えない内容ですが…)

つまり、
本当に正確な情報さえあれば、
低配当でも高配当でも的中は出来るのです。


     そして・・・

来たる5/31(日)日本ダービー


圧倒的に強いとされている、
ドゥラメンテに業界関係者しか知り得ない
悲報とも言える情報が!?


この情報が日本ダービーの明暗を分ける。

そう言ったとしても決して大げさではないでしょう。

こちらから http://omowaku-keiba.doorblog.jp/archives/1028510060.html


先週のオークスも

▽━━━━━━━━━▽
宣言通り、情報通り!

◎ミッキークイーンが
見事に優勝
◎▲△4140円 ◎△1160円的中
△━━━━━━━━━△
創刊から丸7年目のメルマガです。継続特典がついて来る
http://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=666

マーチS◎マイネルC6530円 7410円的中
阪神牝馬S◎ベルルミエール◎爆△ 5280円 9560円 的中
マイラーズC 〇爆△10350円的中
青葉賞◎レーヴミストラル△タンタアレグリア▲ヴェラヴァルスター
1190円的中2920円的中
日曜日もメルマガ万馬券
◎ネオウイズダム1着 ◎〇2430円 ◎〇☆6170円 24310円的中


携帯BOOK 300円より
【走らせる側の思惑競馬厳選 現場の本音から1鞍を提供】
http://regimag.jp/bo/book/sell/?book=3379

今週土曜日曜も的中

メルマ800