FC2ブログ

思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから9年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。                           メルマガも丸創刊8年目!

重賞回顧 ダブル的中

●オークス

まあこれで大竹師の●●能力がないと烙印押されたと同じだなとT氏がこぼす

直線寄れて池添騎手の▲クルミナルが挟まれてしまうルージュの
限界。

理想的な先行位置で運べ、直線抜け出すが、後続を引き離せない
上がり34.0の最速でギアが入った◎Mクイーンにあらと思ううちに並ばれ
離された。 終始外を回るコースロスのクルミナルにあわやのところ

正直見解でも述べたように体は出来ているが、やはり2400m
最後にコース追いが殆ど出来ない外厩仕上げの差が出ましたね

1着馬を見事◎で的中 

◎△1160円 3030円
◎△▲4140円

なぜか桜花賞2着馬が6人気▲

一撃的中 予告通りの関西馬が勝利

またしても関東馬の1人気はマケ

これで今年のフェブラリーSから全てG1の勝ち馬は関西馬と外国馬

T氏に寄ればゲート入りに手古摺るクルミナルもあれがなければ差せただろうねと
仰せでした。
4着、5着も関西馬

2月生まれが今年も勝ちましたね

クイーンC的中当時、桜花賞当時も諸氏からの見解で度々出ていた
レベルの高いクイーンC 勝ち馬よりも2,3,4着馬は本物と言われていました。

見解で述べたように、馬自身が自分で体重を管理して要るようで
神かかり的な部分も持ち合わせている馬と陣営も評価
牡馬に比べて牝馬のG1はこれまで無しの池江師
その師もこれは半端無いと大事にローテを守り無駄撃ちをしない
面から見ても最高の上がりを駆使して優勝
クイーンCの当時であのどん尻強襲ですから諸氏も私も驚きました
明らかに先に抜け出した勝ち馬との差は出遅れたことの差でした

爆弾に落としたアンドリエッテは歯変わりとフケもあり、
◎に比べると万全ではない中で5着


1着のCコインはスタートで後手が全て

無印にしたのが4人気のココロノアイ
見解でも述べたが当の騎手が前回の手ごたえからDマイダーリンのほうが
乗たかったとこぼしていた上で、訳ありの事情もあり、無印
社台ファームのクイーンズ、コンテは△までというのも

ノーザンの本音があればこそ


まあ桜花賞も当初諸氏からは、◎の予定でいたのがMクイーン
抽選で通るだろうと考えていたのはロカ管理の鈴木師も同じ
OP特別で勝ちオークスへという考えが、鈴木師にとればまさかのMクイーン除外で
ガチンコで2着 この馬も勝巳氏名義ですし、運がないロカです

〇のレッツゴードンキは想定外の馬
が先行位置にきたため持続力の競馬にならず
後傾のレースでは厳しい流れでした 柴山騎手が思い切り出してきたことも
あり、誤算でしょう 見解で落とし穴があれば、オーナー陣営の意向で
オークスにきたこと。梅田師はオークスは長いと桜花賞当時言われていたのですが
オーナー意向と岩田騎手の距離は問題なしに押し切られた感じが如実に出てしまいました
少しの湿りもない天気予報の外れも影響した面もあるでしょうけど。。。



さて、特筆すべき配当には及びませんでしたが、
桜花賞とVMの貸しを参加頂いた皆様に果たせたことは嬉しく思いますし
皆様に心よりおめでとう御座いましたと申し上げます。

さらに諸氏の見解の◎に信じていただきありがとう御座います。

さて、いよいよ次週はダービー

オークス同様に希望的な観測のマスコミ、ファンが作る人気馬よりも
現場の本音が導く、波乱を演出する馬が食い込むのがダービーです。

一昨年の爆弾馬 8人気アポロS

2012年 7人気トーセンホマレボシ▲ 

昨年は16人気タガノグランパに△で惜しくも1,2,4着

偶然ではなく必然でもあるダービー

今年も波乱と諸氏から既に承っております

是非 明日以降のブログなどでの詳細記事をお見逃しなく


ーーーーーーーーーーーーーーーー
●平安S

特別配信扱いとなるこのレースでしたが、

マスコミが希望的観測の4歳馬の☆アジアエクスプレスが1人気も

◎インカンテーション 4人気
▲クリノスターオー  3人気
△ローマンレジェンド 5人気
1810円 5380円 (27260)円的中

見解でも述べたのですが、気温の高くなるこの季節は余り
この馬には良くないとオフレコ
故に、陣営とすれば名古屋、アンタレス、平安というローテは誤算
本来であれば敢えて名古屋で落としたことが、痛手

さらにレースを重ねる度に相手が強力になる次第
同オーナーのベストWが2000mが良くないために
帝王賞に向けて賞金確保が責務も
ローテ、相手、さらに諸氏からも並みの馬になりつつあるかもというオフレコ
メイショウコロンボに並んでから突き放せず、差し替えされたことが象徴的なことでしょう
休み明けでもあのレベルに負けたことを休み明けで片付けると良くないでしょう

割引して正解でしたね これでG1どころではなく来月にはアジアは賞金が半分になる
ことで、かなり苦労しそうです

フェブラリーSの2着馬が4人気とは
前回で内田騎手で先行できたことが糧となり、馬もスタートで後手を踏まず
馬の行く気に任せた形も功を奏しました、大井ではこのレベルの形が出来ないと
実質6頭立てですから 内田騎手ならではの考えもありの先行押し切りでしょう

2着のクリノも昨年以上に力をつけていますね
昨年よりも1秒以上早い時計で2着 ツツかれてもシブトイです。

3着ローマンは大井は出ても無理でしょうから地元でもあれば58でも△

4着★ナムラビクトリーは位置取りがやや後方で、前で横綱競馬されては
あれが限界。

敢えて、〇穴指名のマイネルCは上手く内に潜り込めたのですが
時計が早すぎ この面子ではまだまだでしょう

帝王賞も今年は蜜なメンバーになりそうで楽しみですね

今週末の重賞ダブル的中

いずれも◎が1着 嬉しい限りです。


●番外

藤原師の勝負馬を托された松田騎手
日曜日は散々でした。

メルマガ提供でのシーリーヴェルは消極的な騎乗で大事に乗りすぎた感じで
逃げた人気薄を最後まで捕らえる事が出来ず
森師のように連闘使いを余りしない陣営であればこそでしたが勝ちに拘れない騎乗と見られます。

また新潟最終ではその反省からか休み明けのサクセスグローリーで
テンからニシノと終始競り続け3コーナーで一杯中盤はペースが高低差が異質な形と
なり、◎はその影響から競馬にならず、人気上位の馬も
後方から競馬にならずある意味放棄で 時計も◎インストレーションが前回当地で2着よりも
早くなくほぼ同じも前半から位置取りも悪くなり大波乱を呼び込んでしまいました。
失礼しました。

前半が34.5では1200mレベルの激しい流れで前の二頭は大差負け
ある意味レースが壊れた感じです。
まあ正直 先の馬とこのサクセスG でそれなりの成果が求められた馬
勝負事ですから勝つ馬と負ける馬があるのですが、

9Rで勝ちに行く競馬が出来て勝てていれば、この12Rでも前半から雁行で飛ばすことは
なかったはずです。 もうベテランの域なのですし、ここという時にやれない騎手では
チャンスをいかせずでしょう。

まあそれとは別に個人的に新潟11RはアースSの複勝とワイドを的中
津村騎手は外埒のこびりついて進路を空けない騎手に業を煮やして
内に切り替え斜行という裁決 このときも外にいたのがマツダ騎手
エイシンが外に寄る形ですから致し方ないように思えますが
曖昧ですよね 裁決

オークスでもラスト直線 ルージュは苦しくなり外に寄れてクルミナルを挟む形になりました
制裁金3万
この2万円の差はなんでしょうね


いやあ然しリサ騎手 日曜も人気ない馬で3着2着2着
東京開催でダービー週二ノ宮師の馬でドドンとして欲しいと個人的に
考えています。ネタが入れば、是非。

ネタといえば、ダービーラストの松田博師 ダービー週に10頭近く使うようです。
レーヴミストラルを筆頭に。
こちらも楽しみです。

メルマ800

さあイザ、ダービー祭

一撃はまだまだ御座いますので、お楽しみに

創刊から丸7年目のメルマガです。継続特典がついて来る
http://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=666

マーチS◎マイネルC6530円 7410円的中
阪神牝馬S◎ベルルミエール◎爆△ 5280円 9560円 的中
マイラーズC 〇爆△10350円的中
青葉賞◎レーヴミストラル△タンタアレグリア▲ヴェラヴァルスター
1190円的中2920円的中
日曜日もメルマガ万馬券
◎ネオウイズダム1着 ◎〇2430円 ◎〇☆6170円 24310円的中

携帯BOOK 300円より
【走らせる側の思惑競馬厳選 現場の本音から1鞍を提供】
http://regimag.jp/bo/book/sell/?book=3379

今週土曜日曜も的中

オムモ太郎
臨時
☆東京優駿(第82回 日本ダービー)☆



皐月賞を圧倒的な力で勝利したドゥラメンテ



      実は・・・


業界内では危険信号が点滅!?



 その確固たる衝撃的な理由を暴露

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    ↓  ↓  ↓


※今すぐにご覧ください。※




日本ダービーの要となる貴重な情報の為、

 公開には期限が定められています。





  ≪なぜ?人気馬は飛ぶのか?≫



単勝2倍以下の圧倒的な人気馬でも

飛ぶ事は飛びます。



不意のアクシデントなどもありますが、

ほとんどの原因には理由があるのです。



“調教の軽さ”


“前走のパフォーマンス”


“レース展開の読みの甘さ”


“血統による適正の読み違い”




などなど、



どれも事前に情報を仕入れていれば、

人気馬が飛ぶ事は割と簡単に予想できるのです。



中には業界関係者でしか

しる事が出来ない情報もあります。

(ここではちょっと言えない内容ですが…)



つまり、

本当に正確な情報さえあれば、

低配当でも高配当でも的中は出来るのです。






     そして・・・


来たる5/31(日)日本ダービー




圧倒的に強いとされている、

ドゥラメンテに業界関係者しか知り得ない

悲報とも言える情報が!?





この情報が日本ダービーの明暗を分ける。



そう言ったとしても決して大げさではないでしょう。



情報はこちらから無料でご覧ください
※期間限定情報です※