競馬

重賞回顧

0
思惑99
【マイラーズC】ラップ 12.3-11.0-12.0-12.4-11.7-11.1-10.8-11.3=
1分32秒6 前半4F:47秒7-後半4F:44秒9


【フローラS】ラップタイム 13.1-12.0-12.2-12.5-12.8-12.6-12.2-11.5-11.2-11.7=2:01.8 前半1000m通過は62秒6。ラスト3F部分だけ11秒台連発です。


スロー!

●フローラS
上位人気の馬が好発から番手でがちんと構えてしまう
芝の丈が長く先行して上がり勝負されてしまうとと言う懸念が騎手に生じて
内目の馬がおのおの先行位置でためたことで、

外目の先行出来る馬が、終始外を回る形
★フロレットアレーや☆バンゴールは脚を内枠の馬以上に使う羽目に。
直線を向いても〇ディアマイダーリンは、持ったままで直後に控えている
◎マキシマムを牽制 そのせいか、寄られたことで◎は追い出しを少し控えるロス
交せると横山騎手はまえのシングウイズジョイに並ぶも脚色が変らず

差してこれたのが△エバーシャルマンのみでは、配当面で些か不満が残る的中

1000mが62.6とは。。。。土曜の4歳500万のタイムよりも1.0秒遅い時計
位置取りが物言うヨーイドンの400m走

正直この内容では、本番オークスも買える3頭ではない
相当厳しいと見れると諸氏

次週芝刈りを敢行するであろうから、一転高速化しそうである

◎指名もー18キロは想定外
デビューの時の馬体重は470kg。
出走するたびに減っていき、デビューの時から計算すると-38kgも減ってしまった。
そんな状態でこれまで戦ってきたとはいえ、
出走するたびに強敵がいながら複勝圏内から外れることなく自分の走りが出来ていて、
今回も上がりの3ハロンは1.2着馬よりも早い33.9秒と全体でも2位の時計で走っているわけだから
これに関しては騎乗していた名手自身が1番驚いていたとは思います
本番では体重をしっかり戻してきていただきたいですが、正直ギリギリの体でした

東京11R ◎マキシマムドパリ 3着 ◎〇△1970円 的中

個人的にMクイーンと桜花賞組の争いじゃないかと感じましたね今年のオークスは。



●マイラーズC

こちらも先行スロー症候群でスタートから、サンライズメジャー、シャイニープリンス
がハナへ、テイエムタイホーが番手に控えるという想定外

その直後に外枠から揉まれずに先行したRアリオン

◎フルーキー、〇フィエロは前を意識したポジション取り
1000m59秒4ですから後方にいた藤岡康太のディアデラマドレは上がり31.9を駆使
するもの届くはずがありません。

本質的に終いの切れる爆サンライズメジャーですから 逃げたもの
マイペースで脚を温存しているから止まりません。後半のLAPがそれ

金子オーナーの二頭は4角でスムーズさをやや欠いた部分があり、
テイエムが寄れたこともあり、軽くブレーキーを踏み
互いに切れが鈍りました。

ただこちらもグランデッツア回避の影響もあり、騎手の判断が左右したようです

幸いフォーメション3連復〇爆△ながら10350円的中

金子オーナーミスターSトモに、フルーキーの賞金加算が出来ないのは痛手
安田記念も混沌となりそうです。


まあ京都は天気が大崩しない限り次週の天皇賞も高速馬場でしょう

となるとゴールドS 果たしてファンの期待を裏切る京都で激走があるのでしょうか

まあ金子オーナーもまた2頭出し 

ディープインパクトが1人気で勝利したのが2006年

なにかそんな中牝馬が2頭予定しています。

面白そうですね。


●福島牝馬S

まあ対照的に残念な成果になったのがこのレース
1000m58秒2で流れたもの
逃げたぺシャフェリスが飛ばしたもの番手のリラヴァティ、マイネグレヴィル
は競らず、マイペース これで直線も脚が使えて雪崩れ込んだものでした。
差してきたのは、唯一スイートサルサだけという有様

完全に◎グレイスフラワー ☆パワースポットは殿追走
スイートサルサも3コーナーから巻くリ気味に動いたことが功を奏しました

態々福島にきたベテラン騎手3人のうち1人だけが動く判断の遅れ
また〇指名のフィロパトロールもあの流れなら内枠で好位置に付けれていれば
雪崩込めました。3コーナーではなんと前から8番9番手
4コーナーでは勝ち馬よりも位置が後

これじゃどうにもなりません。津村騎手のチョンボそのものです。
▲ブランネージュも陣営は前回と雲泥の差と強気でしたが
この馬も〇同様位置取りが後すぎ 状態がいいだけにこの康太騎手の罪は深いですね
兄ユースケさんがインフルエンザで弟に変り、親父さんもさぞがっかりでしょう

勝ち馬から◎まで僅か0.6ですから騎手の判断が命運を分けた不的中でした。
申し訳ありませんでした。


★番外

レース前から的中を確信していた関係者筋の
大量の買いが入ったこともあり、想定よりも配当が下がってしまいましたが、
的中をお届け致しました 土曜日曜の開幕週馬券

土曜参加の方はそれなりの高配当でした

日曜は配当面では些か、不満が残るもの何より的中を重ねたことは大きいです。
不的中であれば、1円も戻りませんし。

メルマガ対象の東京9Rでは、6人気アメリカンダイナーに◎
見事なワンターンでの逃げが決まり、3着
〇カナロア1着 ☆番手必須のシングンが2着
ある意味改心の一撃と個人的には思います。

育成牧場オーナーの吉澤氏の馬であれば、この時期のセール間際であれば
仕掛けて来ましたね

また東京12Rではマノワールと一騎打ちと目されていたアナーザーバージョンが
先行したもの折り合いがつかず暴走気味に早々に逃げた馬を抜いてしまう
騎手の大チョンボ
番手で折り合い万全の〇には勝てませんあれでは。

久保田師自ら、仕上げてきたもの田辺騎手もどうでもいい時にやるマイナー騎手体質は
相変らず。3コーナー前からハナじゃ。。。。

辛うじてフォーメションに救われました。

金レポでも取り上げていた金脈☆ラジオデイズは馬群がバラケたことが功を奏したものでした

東京12R ◎アナーザバージョン9着 〇マノワール1着 〇☆▲1420円 4230円的中

東京7R◎メガオパールカフェ1着 ◎〇430円 ◎〇▲2150円 5180円的中
京都12R◎ダノンムーン3着 ◎△☆1,490円的中


さて、次週からはついにGI怒涛の6連戦が待ち構えております!
その第一弾が天皇賞春
今年は、去年の雪辱を期すキズナや、前哨戦である阪神大賞典を3連覇したゴールドシップ、
天皇賞前人未到の同一GI3連覇を目指すフェノーメノなど近年有力馬が集まりにくくなっている
長距離戦に個性豊かな数々の出走メンバーが集結
そして、福島が閉幕し、新たに新潟開催が開幕することでローカル戦は更に加熱し、
競馬界全体ではセール関連の思惑が益々、濃くなりますので次週の競馬開催も
思惑競馬のオフレコをどうぞお楽しみに。



★【思惑競馬投資術 MB】
 約4年半、圧倒的情報量を提供し続ける競馬メルマガです。
▼「バックナンバー無料公開キャンペーン!!5商品のバックナンバーを無料公開!」▼
http://goo.gl/FouKaZ
*レジまぐ公式ブログの該当キャンペーン記事へのリンクです。


昨年23週連続の重賞的中達成
創刊から丸7年目のメルマガです。継続特典がついて来る
http://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=666
マーチS◎マイネルC6530円 7410円的中
阪神牝馬S◎ベルルミエール◎爆△ 5280円 9560円 的中
マイラーズC 〇爆△10350円的中
8週連続重賞的中

携帯BOOK
【走らせる側の思惑競馬厳選 現場の本音から1鞍を提供】
http://regimag.jp/bo/book/sell/?book=3379
今週土日も連続的中




pixta_9663133_S.jpg
東京競馬新潟競馬京都競馬