FC2ブログ

思惑競馬 【改】 オフレコ馬券コンサルタント

走らせる側の思惑競馬を開設してから9年 走らせる側の思惑を知人の馬主さん現場の関係者から入手しています。 毎週、現場のオフレコで 金満になれるチャンスはあります。                           メルマガも丸創刊8年目!

重賞回顧

●きさらぎ賞

いやあ想像以上に強いという一言 ◎ルージュバック

直線で抜け出した脚……確かに際立っていたのですが、それよりも、出遅れることもなく3番手につけ、
流れが緩んだ道中も折り合う姿。ここは驚きというよりも感心させられました。
初戦、そして2戦目を見ても、勝負どころでズブいくらいのタイプですから折り合い面の心配はなかったのですが、
それでも初めての関西遠征で、牡馬に囲まれた道中で、前の馬との間隔を詰めようとするわけでもなく、
文字通りピタリと折り合う様には同行していたSオーナーも口あんぐりでした。

そしてSオーナーが再度パトロールを正面から見直したとこ。
ポルトドートウィユは並ばさせてもくれないし、京都外回りの直線を、驚くほど真っ直ぐに走る姿は
3歳春前のジェンテイルドンナを凌駕していると仰せでした
普通の馬であれば苦しくなれば外に膨らんだり内にささったりで、真っ直ぐ走る馬ということは当たり前のようで
簡単なことではありません。 ブエナビスタ以上かもしれませんね

桜花賞からダービーも現実味を帯びてくるそんな期待の膨らむレースでした。

新聞で人気に押されていたレガッタは7着と大敗
見解で述べたように、
ダービーを意識しているので、まだまだ仕上げには余裕を残していて、
今後はディープスカイのように使いながら育てていく思いもあるそうで、ココが勝負と言う雰囲気ではない様子。


マスコミに煽られたことで人気になりすぎでしたね

馬券的には3連単でフォーメション3-5,4,-5,4,6,2  6点で1270円ですのでまあ倍プラス
それ以上の醍醐味を味わえた競馬でした。

アッシュゴールドは阪神の方がいいでしょう  兄同様にトモがパンとしてくるのが遅いですし
アーリントンCなら勝ち負け出来そうです


●東京新聞杯

天気予報で小雨の予報で、予想完了の時もパラパラでしたが、配信を終えた後に
雨脚が強くなり、良馬場からやや重に変化 芝も飛んでいたように
良馬場希望の馬にはかなりの裏目となるものでした。

◎フルーキーも外目を避け内へ スローで流れ直線密集して前が壁
こりゃアカンと思いましたが、狭いところを抉じ開け進路を探しながらインにもぐりこみ
なんとか3着確保。 この進路取りのロスが響き、直線外回した△アルフレードに
及ばず。。。 それでも3着確保。 ▲ヴァンセンヌが勝利

3連複ではありますが、19820円の万馬券的中
○のエキストラエンドはスタートで後手気味、馬群に入れるものこちらも前が壁
馬場のいい内をついた昨年とはマ逆の形しか選択できず 6着

もう少し流れてくれれば、あそこまでの密集にはならないと思いますね

サトノギャラントは馬場ですね 10Rのジャングルクルーズ同様、重に近いやや重ではお手上げ
リルダヴァルが上位に来れる芝の状態が全てでしょう

◎とすれば輸送もこなし増減0 今後のこともあれば2着は欲しかったでしょう
アルフレードは時計が掛かるのもプラスになりました。
前回ドンつまりで田辺はクビ

外国人騎手通年で田辺もこの先、かなりしんどいだろうな


●番外

小倉ウインターPの小倉10Rで
勝負どころで、よしよし貰えたぞと思い突如前を行く小田切さんの馬が
コーナーリングで外に膨らみ、直後にいた◎シラユキを弾き飛ばすアクシデント
相当のロスながら立て直して追い込むもの4着

松若騎手騎乗停止 調教の再審査となる馬 
いやあこりゃ騎手のせいじゃなくとも、腹たつわ

松若、小崎共に騎乗停止 

少し天狗になりつつあるし、4角で外に逃避しているのに鞭入れたことで余計もたれた
こういうの馬の制御できていないし、失格でいいとおもうんだよね
高野師もポルト以上にこれは勝ち負けという思惑でしたから
オーナーも怒りだろうね ○○席もこれはお手上げ
丸田君は1勝損しただろう
昭和の時代を知る私から見ると今の若い騎手は、野次られないし、先輩騎手のレースでの
恫喝もないから、巧いと自己で満足してしまうのか 成長がとまるよね

減量取れると格段に成績悪くなるものね 。。。。


京都記念


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
昨年23週連続の重賞的中達成

創刊から丸7年目のメルマガです。
http://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=666

300円から
是非、本質をまずは、見極めて下さい。
【走らせる側の思惑競馬厳選 現場の本音から1鞍を提供】

http://regimag.jp/bo/book/sell/?book=3379